Categorys: 目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

6 posts

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

Reborn As A XANA Master

第1章 6話「スケボーとパッション」 (JIRAIYA:著)
「えっと、それじゃこれからすることだが、まずは情報収集したいと思う」 「すみませんマスター、通信の異常については、ずっとマザーⅡ(第二世代AIマザー)に問い合わせているのですが、全く返事が来ません。繋がってはいるようなのですが……」 「ミサキもそうです、マスター」 「うちもそうどす」 「拙者もでござる」 「――マミ、あなたはどうなの?」 「えっ……」 マミはヒメミの声に、俺の右腕でぷるっと震えた。 「おっ、おんなじ……かな」 「なに? 聞こえへんで。あんたいつもマスターに甘えてばっかりで、全然役にたってへんで。最新の第三世代AIなんやろ、少しは……」 マミの瞳に涙が浮かんだように見えた、さすが第三世代AI……泣くこともできるのか……。 ​​ 「まっ、まあ、マミはまだ来て三ヶ月だし、設定も小学生みたいだから(――知らんけど)。許してやってくれ」 「なんかさ、マスターってマミには甘いですよね。さっきは、ミサキにかわ――」 「よしそれじゃー」 なんか更に揉めそうなので、俺はミサキの声を遮った。 「実は、先ほど確認したら、ギルドユニオンのメンバーが何人かインしているようなんだ。通信もマップ表示もでないから、直接行くしかないんだが、とりあえず、ザナリアン初期メンバーなら何か分かるかも知れない……」 「なるほど、そうですね。では、探しに行きましょうマスター」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

Reborn As A XANA Master

第1章 5話「肉体って不便じゃね?」 (JIRAIYA:著)
「マスター、何ニヤニヤされているんですか? 気持ち悪いです――」 ヒメミの冷たい視線を感じて、俺は物思いから覚めた。 「あっすまん、ちょっと妄想を……」 「で、殿、拙者たちは何をすればよいでござるか……命じていただければなんでも致しますぞ、どんな相手もこの剣で一刀両断に!」 「いや、その、知恵を貸してほしいのだ。俺は今、ちょっと理解しがたい状況に置かれていて、その原因というか……現況が分からないのだ」 俺は、どれだけAIたちが理解してくれるか分からなかったが、自身の置かれている状況を必死になって説明した。 皆黙って聞いてはいるが、メタバースしか知らないAIたちに、ここが仮想空間世界であり、現実世界が別にあって、肉体というものや生物というものがある事を理解させるのは無理ではないかと思えた……。 だいたい、AIに自己というものが存在するのか? AIは自分で考える、思考できる物と言っても所詮は人間が与えた知識や教養を上回るほど、まだ進化してはいないだろうし、この俺の下手な説明を彼女たちがどこまで理解できるか極めて怪しい。 「ようするに、私たちがいる世界と、マスターのいる世界をマスターは自由に行き来出来ていたのに、それが出来なくなったという事ですよね」 やはり最初に理解を示したのはヒメミだ。 「マスターは元の世界に戻れなくなっている原因を知りたいという認識でよろしいでしょうか? また、マスターはこの世界は自分の脳内だけに存在し、現実世界ではないという疑問をお持ちの様ですが」 「――そのとおりだ! 凄いなヒメミ、俺の言いたいことの確信を捉えているぞ、さすが第一秘書だ」 「お褒めいただきましてありがとうございます。ただ私自身はココに存在していて、これが現実であるという認識以外はできません。なので、マスターがマスターの世界に自由に戻れない原因を探るというお手伝いしかできないと思います」 「わかった。たしかにそうだ、それでいい。一緒にその原因を探って欲しい。そうすれば、俺が今ここにこうしている原因が掴めると思う」 「かしこまりました。みなさん、いいですね。マスターのおっしゃったこと、分かりましたか?」 「はいっ、えっとー、質問です」 「なんですかミサキ」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

Reborn As A XANA Master

第1章 4話「カオス会議」 (JIRAIYA:著)
――コンコン。 再びドアをノックする音があった。 このデジタル空間メタバースで、ドアをノックすること自体、なんか違和感がある。 もっともここが、メタバースなのかも分からないが。 「マスター、カエデやで。なんか、通信できひんさかい、直接来たで。んと、マミっちと、忠臣くんもいんで――」 第三秘書のカエデの声だった。 京都弁の女の子に憧れていた俺。 ただ自分自身は京都弁をしゃべれないので、適当に覚えさせたからか、他の方言とかも混ざっている気もするが。まあ自分が楽しければそれでいいのだ。 そうか、今八時過ぎだ。 この時間に状況報告をするようにAI秘書達に命じてある。 通勤電車の中で、いつもスマホで報告を聞くようにしている。 AI秘書達は二十四時間稼働しているから、昨日の報告というより現時点での報告だ。 「いいぞ、入ってくれ」 ドアが開けられると、「あっ、みんなおったんやー。やっほー」ってカエデが元気よく飛び込んでくる。 「あなたたちも、通信できないのね」 ヒメミは、自分の場所を空けて、三人を向かい入れた。 「いらっしゃいカエデ、元気してた?」 と言って、ミサキはベッドに座っている俺の左横にくっついて座った。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

Reborn As A XANA Master

第1章 3話 「フレンド通信」 (JIRAIYA:著)
「あのマスター、違うといえば、確かにそうなのです。十時間ほど前から、今までにないことが起きているのは確かです」 「――今までないこと、それはなんだ?」 「はい、マスターへの通信ができなくなっています」 そうか、それでヒメミはここまで歩いて報告に……。 コントロールパネル自体ないから、通信メニューを開きたくても出て……。 ――プン。 えっ、なんだ、いきなり通話メニューが右上の視界にポップアップしたぞ。 右手をそのメニューに伸ばし、AI秘書パネルを開こうとする…… ――プン。 まただ、パネルが開いた。 これもしかして、考えたことが…実行されてる? 一体どういうことだ……まさか俺の思考をよみとってるのか? いや、そもそも今俺VRゴーグルつけてないよな……いや、もしかして――! そこであることを思い出した。 そうだ、一週間ほど前の事だ。 XANAメタバースがスタートして一年後、秘書たちのAIマザーが第二世代と進化して、AI達が疑似感情を持つようになり、よりリアルな態度をとるようになった。 そして更に三年目が過ぎようとするころ、巨大なゲームファイ企業がXANAに参入することになった。 そして一週間ほど前、最新の専用AVゴーグルの試用版というものが送られてきた。…
en_US