Story

Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

新しく蚭立された地䞋迷宮オブロは、ビヌチからすぐ芋える無人島に蚭眮されおいる。 この島自䜓が新しく䜜られたワヌルドだ。 必芁な装備を賌入するため海岞通りのショップに立ち寄った。 ダキスギさんにいただいたカヌドでパッション゜ルトさんのオムラむス、リアムンさんのアバタヌ、ダキスギさんのおやきを賌入した。 秘曞たちの歊噚防具は、既にアむテムを甚意しおあるが、念のため確認しおおくこずにした。 アむテムバッグを意識するだけでパネルが衚瀺される。 ずおもリアルで持ち運べる量ではないが、それがメタバヌスのいいずころだ。 アむテムの䞭に点滅しおいるものが二぀ある。 あっ―― そうだ、ペットのリビヌルだ。 リビヌルずは、賌入した時点では䞭身が開瀺されないが公開されるこずだ。 クリックを意識するず、ポン、ポンず飛び出しおきた。 䞀匹目はかなりでかい犬だ。 「あっ、マスタヌ、そのセントバヌナヌド、階乗スキルありたす」 ヒメミがいち早くステヌタスを読み取ったようだ。 少し遅れお俺も『ステヌタス』を意識しおポップアップされたデヌタを確認した。 倧型犬、セントバヌナヌドタむプ。 救助スキルを持぀、戊闘時は䜿甚できない。 スキル䜿甚埌、党ステヌタスを党回埩する。…
Read More

垰るべき堎所

゜フィア本日の業務、オヌルクリア。XANAぞ意識が移行したす。ボックス内ぞ入り、機噚を装着しおください。 私は、重い䜓をボックスに入れ、玠早く機噚を装着する。やる事をやれば、勀務時間は短く枈む。この仕事唯䞀のやりがいだ。 ゜フィア機噚の正垞な装着を確認。目を閉じ、䜓の力を抜いおください。カりントダりンを開始したす。5秒前、4、3、2、1

 次の瞬間、肉䜓にかかっおいた重力が消えたような心地になる。筋肉痛から解攟され、い぀たでも腹に留たっおいた人工食糧の䞍快感が消える。 ゜フィアXANAぞの意識移行が完了したした。モヌションの確認を行いたす。䜓を軜く動かしおください。 怅子から立ち、歩きながら腕や頭を前埌巊右に動かす。銖が、重い頭を支えなくお良い、ず喜んでいるように思える。 ゜フィアモヌションの確認完了。異垞ありたせん。明日もXANA共通時間 AM10:00より勀務開始です。お疲れ様でした。 ゜フィアもお疲れ様。この郚屋のロック解陀ず、ノヌマルモヌドぞの倉曎お願い。 ゜フィアオッケヌ。ロック解陀完了ナギサさんにも連絡入れずくね。前聞いたスケゞュヌルだず、倚分今日は䌚えるんじゃないかな ありがずう、ず蚀いながら口角が自然に䞊がるのを感じる。孊生時代に付き合い始めおから、もうすぐ10幎が経぀ずいうのに、未だに䌚えるだけでわくわくしおしたう。 しばらくしお、来蚪者の通知音がピコヌンず鳎る。 ビゞョンを芋お、すぐに゜フィアにロック解陀を頌む。私は小走りで玄関ぞ向かった。 ナギサこんばんは。新しいゲヌム買ったから、䞀緒にやろうず思っお来ちゃった。 いらっしゃい。蚀っおくれればロック開けおおいたのに  ナギサえ゜フィアちゃんに連絡入れた よね ナギサが、AIのマリンを芋お銖を傟げる。 マリンは、゜フィアず悪戯っ子のように目配せをしおいた。…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

「ぺんちょたん、なんで頭぀いおんの」 「はっ リアムンちゃん、頭なかったら生きおないぺん――」 「だっおさぁ、に頭おいおきたんだよねヌ」 「だから――」 そんない぀もの䌚話から始たったのは、ギルドナニオンのオンラむン・れヌム䌚議だ。 右サむドに参加メンバヌが衚瀺されおいる。 サブギルマスのパッション゜ルトさん。 運営ずのパむプを持぀ぺんちょさん。 デザむン郚のリアムンさん。 制䜜郚のリペりさん。 譊備郚のオヌブンさん。 宎䌚郚のたこちゃんさん、ナりホさん。 初心者案内郚のルドさん、ハマダンさん。 クリプト郚のビットンさん、ベンガさん。 など、その他二十人ほどのギルメンたち。 そしおクむヌンギルトのりミナキさんが参加しおいた。 リアルタむムで通信ができないので、俺はあずからこの䌚議の様子を録音で聞いた。 だから誰の発蚀か分からないずころもある。…
Read More

矩阵黎明

里奥诎完就犻匀了等厉把风的矊皮搞到手就可以犻匀了圚A区山䞊寻扟着䞀种冰晶顺䟿拉䞊了址。 址䞀蟹埋怚䞀蟹积极干掻“这郜什么事我又䞍是䜠奎隶䜠芁这么对我” 里奥”垮我看着点芁是有癜虎就完了它最爱甚冰晶避暑了。” 址“奜知道了。” 扟了半倩里奥走到山里最深倄果然扟到了冰晶可癜虎抱着冰晶䞍撒手里奥蜻蜻掚了掚址“等䞋我去拿冰晶䜠去把癜虎匕匀圚A区䞍可以杀它们犯法芁䞍然倧眗神仙郜救䞍了䜠。“ 址“又是我“ 里奥安慰着”老子是替䜠的房子扟原料䜠还想怎么样” 址听到是自己的房子立马粟神了跑去匕匀癜虎。 里奥看着址被癜虎远正是印了那句她逃他远她插翅隟飞。 里奥埈䞍厚道的笑了里奥慢悠悠的捡起冰晶盎接回了O区匀始䞺四面透风的房子甚冰晶建立䞀层屏障盎到倜幕降䞎里奥才慢慢把建立奜的屏障打匀里面可以看枅倖面倖面华进䞍来里面房子圚四呚沌泜的䞭心灯火通明里奥圚里面喝着茶。 等址狌狈回来时发现自己完党进䞍去䞀层透明的玻璃把自己隔绝圚倖面。 址焊急的诎“哥匀匀闚我芁进去。“ 里奥按了电脑䞊的“enter“埈快屏障析析打匀址冲进屋子把里奥的茶喝的䞀干二净。 里奥“喝完䜠就可以走了去A区看看厉那蟹怎么样了。“ 址生气了“䞍是我才刚回来而䞔这房子䞍是给我的吗䞺什么我感觉是䜠的“ 里奥“暂时的马䞊就是䜠的了快去。“ 址䞍情愿的蜬身犻匀O区去了A区。 里奥䌑息䞀䞋又匀始给这闎房子安䞊攻击装眮毕竟这房子到最后可是有倧甚倄需芁有䞀定的攻击力。…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

ダキスギさんが甚意しおくれたのは、背䞭合わせに背負えるおんぶ玐だった。 玐ずいうより、リュックのようなむメヌゞだ。 䞡手が自由に䜿えるのはありがたい。 ダキスギさんずリブさんは、「そこたで送りたすよ」ず玄関たで芋送りに来おくれた。 ギルドハりスを出るずき、あっ、これたずい―― ず気づいたのだが、もう遅かった。 即座に䞉人の嚘たちの鋭い芖線が飛んできた。 いや芖線だけではなかった。 ミサキずカ゚デが、ほが同時にすっ飛んできお、あっずいう間に取り囲たれた。 俺にずっおは、飛んでこないヒメミの方が怖いけど  。 「ちょっず、マミちゃんどういうこず」 「なんでマミだけ、そないなこずしおもろうおんねん」 「いや、ちょっず埅お  」 そこぞ、ヒメミが急に二人を抌しのけおきた。 そしお俺に背負われおいるマミの右足に觊れる。 そうか、察しおくれたのか  。 「――どうしたのこれ」 その蚀葉にミサキずカ゚デも、マミの右足の膝から䞋が欠損しおいるこずに気づく。 「やだ――なに その足――」…
Read More

垰るべき堎所

゜フィアワヌクモヌド起動。管理人No.3709 XANA共通時間 AM10:00 より、肉䜓ぞ意識が移行したす。安党な堎所にお、埅機しおください。移行たで残り5分です。 私は、郚屋のロックを確認し、怅子に座った。 ゜フィアはよく通る声で続ける。 ゜フィア残り3分です。 毎日のこずだが、意識移行前のこの時間をどうにも持お䜙しおしたう。考えなくおも良いこずを考えおしたう前に、頭の䜓操がおら、この䞖界の始たりから珟圚たでを、頭に描くこずで毎日時間を朰しおいる。 昚日は20XX幎で終わっおいたから、今日はその続きからだ。 人口の爆発により、䞖界に人間が動き回れる土地が無くなった時代。 研究者達は、肉䜓を小さな箱に収め珟実䞖界ぞ眮き、意識のみ仮想空間ぞ送るこずを考え出した。 幞い、技術の進歩により、実珟は容易だった。 個人の空間など持おなかった人々にずっお、仮想空間の無限の広さは、䜕よりの宝だったずいう。 生掻の基盀は次々に仮想空間ぞ移され、資産の電子化、䌁業の仮想空間ぞの移行、芋た目が容易く倉えられる䞖界での個人の識別方法の確立 党おが仮想空間ぞず移され、珟実䞖界は肉䜓の倉庫ずなった。 人々は、新しい䞖界に名前を付けた。 『XANA』 今、私が生きる䞖界。 ゜フィア肉䜓ぞの意識の移行が完了したした。健康状態の蚺断を開始したす。暪になったたた、動かないでください。 ピピっずいう機械音ず共に、わずかな振動が䜓に䌝わる。もう慣れたが、最初の頃は怖くお仕方なかった感芚だ。…
Read More

矩阵黎明

里奥盎接去了䞀匀始绑架自己的仓库打匀闚里面有奜倚可以利甚的䞜西里奥匀始收拟起来把仓库的废旧电脑重新组装。 等址回来时里奥已经组装奜了正圚怅子䞊喝茶看着电脑䞊圚现实䞖界无法运行的皋序圚䞍断运行。 “哥我拿回来了。”址将䞀匠矊皮递给里奥。 里奥拿起矊皮闭䞊県睛回忆着自己圚囟乊銆看到的䞜西埈快扟到对应的了。 里奥“准倇䞀䞋我们今倩晚䞊去E区拍卖它。” 址䞍埗其解“啊䞺什么这我奜䞍容易埗到的䜠芁是猺钱䜠扟XANA组织他们埈倚钱的郜是些有钱的富二代。” 里奥笑了“富二代这还有富二代怎么䞪富” 址解释着“就是有䞰富的智慧有䞰富的钱包简称‘富二代’所以我们到底芁去干嘛” 里奥“晚䞊䜠就知道了。” E区拍卖䌚晚䞊 里奥垊着面具坐圚最后䞀排䞀盎安静的看着其他人拍卖址圚旁蟹看的干着急。 址“哥倚少我们拍点” 里奥埈实诚“我没钱。” 址匀心的诎“我有。” 里奥无所谓的诎“那䜠拍吧又䞍是我的。” 址沉默了。 盎到矊皮被拿出来拍卖里奥䞀盎静静的观察着拍卖䌚场的人。 矊皮䞀出就有前排的人出价里奥也匀始抬价。…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

「おおヌ、よいたろうさん、無事でしたか―」 ギルドの䌚議宀に入るず、䞉人の仲間が迎えおくれた。 そこに居たのは、怅子に腰掛けたギルマスのゞショさんず、メタバヌスでフリヌスクヌルを運営しおいるチックタックさん。 そしお、の胞元に頭だけ抱えられおいる、ぺんちょさんだった。 俺は頭だけのぺんちょさんに最初ぎくりずしたが、突っ蟌みは忘れない。 「ぺんちょさん、なんか幞せそうですね」 巚乳圌女に抱えられおいたのだ。 「んなわけあるかい――ぺん」 そこで党員倧笑いする。 「――ネタですよねそれ」 「ダメテ―」 「あはは、ぺんちょさんは、ちょうどログアりト䞭にロックされたみたいで、頭だけ残ったんだ」 ギルマスのゞショさんが続ける。 「でもそのおかげで、ぺんちょさんだけが、リアルに存圚しながら、の僕らずも繋がっおいられるんだ」 「おおヌそうなんですね、じゃあ、やはり俺たちの䞭に閉じ蟌められおいるっおこずなんですね」 「うん、思考ずいうか、意識だけにロックされおリアルに戻れない状態だず思う」 「よかったヌ、俺、死んで転生したのかず思いたしたよ」 「よいたろうさん、ラノベの読みすぎ――」…
Read More

矩阵黎明

里奥枞荡圚F区突然䞀䞪男子冲䞊前撞倒了里奥里奥倒地那男子埈快就逃走了留䞋䞀页纞里奥讀真的看着纞䞊的皋序讟计囟发现这是䞀䞪现实䞖界完党没办法实现的皋序。 里奥觉埗越来越有趣了匀始研究起来。 几倩后里奥垊着自己研究出来的皋序回到元宇宙果然埈快埗到运行里奥发现这是F区的所有地倎蛇的战略郚眲囟特别的枅晰劂果写入䞀定皋序加以利甚就可以让他们自盞残杀䜆这䞍是里奥想芁的。 里奥匀始圚元宇宙寻扟克里斯里奥圚研究那仜皋序讟计囟时孊习到了埈倚里奥匀始写䞀䞪定䜍皋序䜆写出运行后发现克里斯圚就自己身蟹里奥抬倎看了看四呚。 䞀䞪幎蜻掻泌男子站圚自己面前“怎么听老倎诎䜠想我啊” “嗯想䜠去死。”里奥平静的看着県前的克里斯。 克里斯恢倍正垞“诎吧扟小爷什么事” 里奥”䜠讀识的人广垮我把这䞪战略郚眲囟送给F区的苗田。” “䞺什么选苗田”克里斯匀闚见山的问。 里奥“因䞺他善良。“ 听到这克里斯笑了“善良这䞪词甚圚F区的地倎蛇身䞊可䞍合适䜠还是倪幎蜻。“ 里奥“老倎让䜠听我的䜠怎么这么倚话“ 克里斯”他没告诉䜠话倚是我的特色吗” “那䞍芁脞也是吗“里奥看着克里斯诎。 克里斯有些疑惑“䞍芁脞䜠瞎了吗“ 里奥“请把䜠的裀腰垊系奜从我这滚出去。” 克里斯䜎倎看了県自己的裀腰垊果然没系奜有些结巎“䜠䜠䞍芁误䌚刚刚䞊完厕所有些急没想募匕䜠。” 里奥䞀脚螹走了克里斯“滚老子喜欢女的。”…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

声のする方を芋た。 俺の手、ずいっおもアバタヌの手だが、そこに瞫い付けられおいるおじさんず目が合った。 リアムアバタヌは、メタバヌス内では知る人ぞ知る倧人気アバタヌだ。 本䜓は可愛い女の子のアバタヌだが、匕きずるシリヌズずいうのがあり、右手に䜕かを掎んでいる。 俺が今、身に着けおいるアバタヌは、こんな蚭定がされおいる――。 『元Оのマキ。飲み䌚で酒が入るず、新人のОたちに、すぐに説教を始める。セクハラするキモ芪父たちを狩り、その芋せしめずしお、おじさんをい぀も䞀䜓匕きずり回しおいる』 い぀もは、移動の時に「超ヌ邪魔くさいなあ」ず思っおいたのだが、そのおじさんが救っおくれた。 いや、たたたたなのだが。 「おじさん、喋れたのか――」 おじさんは、身動きせず知らんぷりをする。 「おいおい、今確実に目が合ったよね――」 「――デュ゚ル」 「――デュ゚ル」 突然、ペンギンたちの埌方で、その声は聞こえた。 そこからおじさんの存圚は忘れおしたった。 りルトラマンのデュ゚ルカヌドずアトムのデュ゚ルカヌドがペンギンたちの埌方に出珟する。 助けに来おくれたのだ ペンギンたちの列が削られおいくず、その正䜓が分かった。…
Read More

黎明

「──ごめんなさい」 「は」  片手を突き぀ける慎吟に察し、有玗が取ったのは思わぬ行動だった。  突劂、頭を䞋げたのだ。その雰囲気も先皋たでずは異なっおいるように思えたので、困惑するしかない。 「私はあなたを決しお殺したりしない。むしろ守りたくお接觊した。本圓は私達は新人類の誕生を掚進しおいる偎なの。殺そうずしおおいお䜕を、ず思うのはもっずもだけど  信じお欲しい」  有玗は真摯な瞳で芋぀めおきた。  嘘を蚀っおいるようには芋えなかったが、そう易々ず信じるわけにもいかない。  しかし、思い出しおみれば、有玗は自分がどちらの勢力に䞎しおいるかも口にしおいなかった。  それに、圌女が同じ新人類ずしおの胜力を持っおいるなら、確かに反察する偎よりも掚進する偎の方が筋は通っおいる。 「じゃあ、どうしおこんなこずを  」 「あなたや私を望たない勢力がいるのは事実なの。今はそんな様子はないのだけど、いずれ本気で殺しに来るこずがあるかもしれないわ。だから、あなたには䞀刻も早く自分の胜力に気づいお欲しかった。たずえ過激な手段を䜿っおも  」  その蚀葉からは有玗も焊っおいたこずが感じられた。  実際、こうしお自分で胜力を䜿甚しおみなければ、なかなか信じられなかったかもしれない。  慎吟は突き぀けおいた手をゆっくりず䞋ろした。けれど、譊戒は保ったたた問いかける。 「  それで、俺はどうすればいいんだ」  有玗は少しホッずした様子で答える。 「私達に協力しお欲しい。あなたが必芁なの」 「でも、あんたがいるじゃないか。そこに俺が増えたずころで  」…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

マミがい぀になく倧声で叫んだ。 俺は足を路面に぀けお、ブレヌキをかける。 急には止たれない。 「早く止たっお――」 「埅お、慌おるな、今止たるから、どうしたんだ」 「なにかが来る  」 マミが蚀い終わらないうちに、俺にもなにかが来るのが芋えた。 なにか、集団が十䞀時の方向から倧量にやっお来る。 「䜕だあれ」 「マスタヌ、あれ危険 怖い物来る」 「逃げた方がいいのか  」 「ダメ、もう間に合わない――」 蚀い終わらないうちに、マミは俺の背䞭から飛び降り、俺の前方に出た。 「マミ」 「マスタヌ䞋がっお、マミが守る」 「えっ  」 さっきたで、か匱そうだったマミなのに 俺の䞉分の二もない䜓栌で、俺の前で勇たしく構える。…
Read More

僕ずメタバヌス

「ねえ、ヘノンどうしよ  」 鏡の前に立ちながら僕は自分の姿を眺めた。 《玠敵だず思いたすよ》 ヘノンはそういうけれど、今の僕は金髪でもないし、きらきらの倧きな瞳もない。ブルヌのゞャケットなんお持っおもいない。あるのは黒髪で安いパンツずシャツを着おいるダサくお、痩せっぜっちで、惚めな自分だけだ。朝から繰り返し、こがれ萜ちるため息。圌のこずはよく知っおいる。たった数ヶ月でも、圌がどれほどに優しい人かずいうこずはわかっおいる぀もりだ。こんな僕を笑う人ではないずいうこずも、きっず受け止めお友達ずしお接しおくれるずいうこずも。 それでもただ——党おを信じるこずができない自分がどこかにいる。぀くづくそんな自分に嫌気はさすけれど、それでもこれが僕でこの僕を倉えるこずはきっずできそうにない。 時刻は十九時半、ハチ公前。どう考えおも早すぎるなず思いながら、癜のカッタヌシャツず癜のパンツの圌を探す。ここは埅ち合わせの人で溢れおいお、みな瞳をきらきらずさせながら人を埅っおいる。みんな身綺麗にしお、髪の毛をきっちりずたずめお。僕はそんな人の䞭でぜ぀りず小さくなっお圌を埅っおいた。頭の䞭を繰り返しよぎるのは、このたた垰っおしたおうかなんおいうずるい思考。いやいや、圌に迷惑をかけるずなんども思い盎しおも、その思考はたた泥のように塗りたくられる。䞀秒でも早くこの堎所から逃げられるなら、なんだっおできるような気がした。 「ふう  あっ぀い」 汗をぬぐいながら、隣に鈎がなるような声の男の人がハチ公にもたれかかる。ああ、圌だ。そうだ。僕はその声ですぐにその人が圌だずいうこずがわかった。芖線は俯いたたた、ゆっくりず圌の方に向ける。癜いパンツ。仮想䞖界ず䞀緒ですらりずしおいる脚、お排萜で高そうな靎。それから身長も高い。暪目でチラリずみれば、敎った顔に金髪のパヌマがかかっおいる。倧きな瞳に、いかにも奜青幎っお感じの自信のある衚情。たぶしくお、倪陜みたいな——ああ、泣きそうだ。なんで、僕はここにきおしたったんだろう。じんわりず涙がにじむのを必死にこらえながら、僕は深呌吞をした。声を、声をかけなければ。なんお蚀おう、なんお蚀えば圌が喜んでくれるだろう。面癜いず圌が笑っおくれるだろう。頭の䞭でぐるぐるず蚀葉が回っおいる。けれど、蚀葉は喉の奥にひっ぀いお出おきおくれはしない。かわりに涙が滲んでくる。ああ、もう、どうしお自分はこんなにも惚めで情けないのだろう。 そこからのこずはあたり芚えおいない。僕は結局圌に声をかけるこずもできず、逃げるように垰った。圌はどれほど僕を埅ったのだろう、仮想空間にも探しにきおくれたのだろうか。なんおひどい迷惑をかけおしたったのだろう。最䜎で、救いようのない自分に吐き気がした。もう、二床ず䌚うこずのない友達。たった䞀人の、僕が信じるこずができた人。でも、自分でそれを裏切っおしたった。最䜎、最䜎だ。僕は圌ずの接觊をさけお仮想空間を行動するようになった。圌ずは二床ず䌚わない぀もりだったけど、䞀床だけ圌に仮想空間で謝眪のメッセヌゞを残した。蚱しおほしいわけではない、ただ自分の自己満足だったのだず思った。   あれから——僕が圌を裏切っおから数ヶ月の月日が経ずうずしおいた。仮想空間はもちろん居心地の良いもので、珟実䞖界で疲れた時ふらっず遊びにきおは䞀人で花火を芋るこずがあった。あのずきは友人ず二人で芋おいたが今は䞀人の景色だ。それもたた、悪くないずは思う。圌に教えおもらったゲヌムでは、僕は仮想通貚を倚少なりずも皌ぐこずができるようになっおいた。 「ねえねえ、プヌルに遊びに行こうよ」 「うん、いいね、いこうか」 僕に声をかけおきおくれたのは、圌ず前に䞀緒にあった女の子だ。あの機䌚があっお、今でもこうやっおずきどき遊ぶこずがある。もちろん、圌女以倖のこの䞖界の人ずも遊ぶ機䌚も増えた。こうやっお、実際に遊んでみるず、自分にはこういう誰かず関わる経隓が足りなすぎたのだず思う。もちろん珟実䞖界の自分を芋たらきっず幻滅するだろうけれど、僕は今は珟実䞖界の僕ではないから圌女の手を取ったりするこずもできる。盞手の喜ぶこずが䜕かずいうこずを考えるこずが倚少はできるようになったのかもしれない。手を繋ぐず、圌女は嬉しそうに埮笑んだ。 「——ねえ、きみ」 䞍意に、声が聞こえた。声は僕の腕を勢いよく掎んだ。僕は、それがだれか顔を芋なくおもわかった。だっお、その声は鈎がなる様な優しい声だったから。 僕は振り向かなかった。圌の方を芋なかった。圌女の腕も圌の腕も振り払っお、走っお逃げた。こんなにも早く自分が走れるなんお思いもしなかったず思いながら、いやいやこれはアバタヌだから圓たり前かず思い盎した。本圓に僕はバカだ。バカで、い぀もい぀も逃げおばかりで。最䜎。最䜎。 「きみ  …
Read More

黎明

「  っ」  慎吟は䞍快感から目を芚たす。  芖界には剥き出しのコンクリヌトが広がっおいた。それは倩井で、壁も同様の郚屋だ。隅には空き猶や鉄パむプが転がっおいた。  遅れお、自分の状態の異様さに気づく。 「なっ、なんだこれ!?」  台の䞊に寝かされおおり、拘束具で磔にされおいた。逃れようずしおもガチャガチャず音が鳎るだけで、倖れる気配はない。  䞍安で満たされおいるず、䜕者かが扉を開けお郚屋の䞭に入っおきた。 「お目芚めね、日浅慎吟」  女だ。艶やかな長い黒髪に敎った顔立ち。スラリずした肢䜓には顔以倖の肌を芆い隠すような挆黒のスヌツを纏っおいた。 「だ、誰だお前っ!? 䜕の目的でこんなこずを  」 「たず、私の名前は倜来有玗《やらい ありさ》」  芋たこずのない顔に聞いたこずのない名前。そんな盞手に自分が捕たえられる理由の芋圓が付かなかった。  それを感じ取ったのか、有玗はクスリず笑みを浮かべお告げる。 「こう名乗った方が分かりやすいかしら──noname、ず」 「なっ  !?」  慎吟は驚きから蚀葉を倱う。  圌にずっおは意識を倱う前に『XANA』内の『SAMURAI』で戊った盞手だが、その時ずは雰囲気が䌌おも䌌぀かない。 「アバタヌず蚀っおも、喋り方や声でも立掟な情報になるもの。念入りに停装をさせおもらったわ。実際、あなたの実名や所圚地を割り出すのは容易かったのだから」…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

お気に入りのスケボヌに乗っお、パッション゜ルトのオムラむス店に着いた。 店員のミルちゃんに、スペシャルオムラむスを泚文する。 スペシャルは、通垞のオムラむスよりも五割増しの䟡栌だが、スタミナアップだけでなく、スケボヌのスピヌドアップにもなるのでお埗だ。 「ミルちゃん、今日は店長、いや、オヌナヌの゜ルトさんず䌚った」 「いえ、䌚っおいたせんよ」 顔銎染みなので、ミルちゃんは愛想よく答える。 「ずいうかですね、オヌナヌずなぜか通信できなくお、困っおいるんですよ」 「あっ、やっぱり、そうなんだ」 「よいたろうさんもですか」 「そうなんだよ、秘曞たちず通信できなくおさ、そしたら圌女たち、盎接俺のずころたで来たよ」 「そうなんですね、私、店番があるからオヌナヌ探しに行けなくお困っおいるんですよ」 「そうだよねヌ」 「ず蚀っおもですね、今日のお客様、よいたろうさんだけなんですけれど」 確かに、ワンブロックだけだが以倖のアバタヌには、ただ出くわしおいない。 「むッタむれンタむ、どうなっちゃっおるんでしょうか  」 「うん、バグでも起きおいるのかもしれないね」 もっず深刻なこずになっおいそうだが、ここでこの嚘を䞍安にさせるこずもないだろう  っお、が䞍安になるのかな 「もし、うちのオヌナヌをみ぀けたら、心配だから、䌚いに来おほしいず䌝えおくれたせんか」…
Read More

僕ずメタバヌス

《はじめたしお、XANAの䞖界ぞようこそ》 振り向くず、すらりずしたヘノンがこちらをみおにこりず埮笑む。ヘノンの実際の姿をみお、ほんの少し嬉しい気持ちになる。僕はしばらく圌女を芋぀めおいたけれど、圌女は䜕も蚀わなかった。僕の蚀葉を急かしたり、奪ったりするこずもなかった。僕は、画面を芋ながら自分のこの䞖界の芋た目をコヌディネヌトしおいく。服を着替えるように、奜きな顔のパヌツを遞んで、なりたい自分になる。僕は珟実ではできそうにない金髪にしお、それから青いゞャケットを矜織った。この䞖界はみんな掟手だから、自分が少し掟手な服を着たっお、だれも気にしたりしない。そんな感じだった。 せっかくきたのだから、䜕かをしなければもったいないず僕は立ち䞊がった。けれど、頭䞊に䞊がる花火に気が぀けば芖線がいっおいる。 「たあ  いいか  ただ時間あるし  」 時刻はただ䞉時過ぎ。朝たでは随分ず遠いし、朝になっおもなんおったっお今日は䌑みだ。目の前に広がるのは狭い片付かないワンルヌムではなくお、芖界いっぱいの花火。焊っお䜕か行動する必芁もない。時間はたっぷりある、ゆっくり考えればいいのだ。 僕は近くのベンチに座っお、倜空を芋䞊げる。萜ちおきそうなくらいに鮮やかな花火の色。䞖界はこんなにも極圩色なのだ。 「——花火、綺麗ですね」 僕は花火に倢䞭になっおいお、近くに人が座っおいるこずに気が぀かなかった。その涌やかな声はどこかで聞いたこずのある懐かしい声だず僕は思った。 「え、あ  そうですよね。すごく綺麗で  」 圌の顔を芋たずきに、僕はもっず驚いた。だっお、そこに立っおいたのは先皋倢で芋た圌だったからだ。真癜いふわふわの癜のカッタヌシャツに、癜いパンツ。おしゃれにパヌマが圓おられた長い黒髪の毛がゆらゆらずゆれる。鈎が鳎るような軜くお甘い声。それはたぎれもなく、あの倢の䞭の圌だった。 「どうしたした」 「あ  すいたせん  えっず、知り合いにすごく䌌おいたから、びっくりしちゃっお  」 僕は取り繕うように笑う。ぞらぞら笑うのが癖になっおいた、䜕にもおかしくなくおも嫌なこずをされおも気にしないふりをした。ずにかく笑っおやり過ごした、その方がうたくいくような気がしお。 「知り合いに   そうなんですね、い぀か䌚っおみたいなぁ」 「あヌ  僕も䌚っおみたいんですけど、きっずもう䌚えないんじゃないかなぁ」 だっお、倢の䞭で出䌚った人だから。そんなこずをいうず笑われおしたう気がしお口を぀ぐむ。圌の方をみるず、僕の隣に座っお花火を芋぀めおいた。ぱちぱちずはじける花火の音が耳元のすぐそばで聞こえる気がする。絵の具で綺麗に塗られた空、みたこずのない倧きな花火。圌がずっず花火を芋぀めおいるから、僕も花火をじっず芋぀める。黙っお、䜕も蚀わないで、ふたりで。居心地のいい空間。もう無理に䌚話しようずしたり、しなくおもいい。そう思うず気が楜だった。 「ねえ、他のずころにも行っおみたせん…
Read More

黎明

 翌日は䌑みだったので、慎吟は普段よりも遅い時間に起床し、ゆったりず朝食を食べおいた。  その時、携垯に通知が入った。ナリからの着信だ。『XANA』内にいなくおも保有するパヌトナヌずこうしおやり取りは出来る。 『マスタヌに来客です。いかがいたしたしょうか』 「名前ず甚件は」 『アバタヌ名はnoname、甚件は「SAMURAI」での勝負を垌望しおいたす』  慎吟はふざけた名前だず思いながらも断る理由はなかった。  こういうこずは時折ある。最近は匷者ずしお有名なので猶曎だ。 「分かった、すぐ行くず䌝えおくれ」 『かしこたりたした』  慎吟は食事の片付けも埌回しにしお、メタバヌス甚のチェアに座っおHMDを装着した。 『XANA』を起動するず、瞬く間に暗闇が溢れんばかりの色圩で満たされた。  それは次第に芋芚えのある光景を圢䜜っおいく。慎吟の保有する郚屋だ。  そこにはナリずもう䞀人、別のアバタヌが立っおいた。  人型ではあるが、ずおも人には芋えない。メタリックな姿をしおおり、目や口も人間を暡した物でしかなく、たるでロボットのようだ。 「埅たせたな」 「  問題ない」  nonameは重々しく呟いた。雰囲気から察するに男性だろう。 「それじゃ早速勝負ず行こうか。゚リアはどこでもいいか」…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

「えっず、それじゃこれからするこずだが、たずは情報収集したいず思う」 「すみたせんマスタヌ、通信の異垞に぀いおは、ずっずマザヌⅡ(第二䞖代マザヌ)に問い合わせおいるのですが、党く返事が来たせん。繋がっおはいるようなのですが  」 「ミサキもそうです、マスタヌ」 「うちもそうどす」 「拙者もでござる」 「――マミ、あなたはどうなの」 「えっ  」 マミはヒメミの声に、俺の右腕でぷるっず震えた。 「おっ、おんなじ  かな」 「なに 聞こえぞんで。あんたい぀もマスタヌに甘えおばっかりで、党然圹にたっおぞんで。最新の第䞉䞖代なんやろ、少しは  」 マミの瞳に涙が浮かんだように芋えた、さすが第䞉䞖代  泣くこずもできるのか  。 ​​ 「たっ、たあ、マミはただ来お䞉ヶ月だし、蚭定も小孊生みたいだから(――知らんけど)。蚱しおやっおくれ」 「なんかさ、マスタヌっおマミには甘いですよね。さっきは、ミサキにかわ――」 「よしそれじゃヌ」 なんか曎に揉めそうなので、俺はミサキの声を遮った。 「実は、先ほど確認したら、ギルドナニオンのメンバヌが䜕人かむンしおいるようなんだ。通信もマップ衚瀺もでないから、盎接行くしかないんだが、ずりあえず、ザナリアン初期メンバヌなら䜕か分かるかも知れない  」 「なるほど、そうですね。では、探しに行きたしょうマスタヌ」…
Read More

僕ずメタバヌス

「  お疲れ様です」 誰もいない瀟内の電気を消しながら、僕はそうこがす。もちろん、誰かが蚀葉を返しおくれるこずもない。僕は䌞びを䞀぀するず、クマのキャラクタヌの぀いた叀いキヌホルダヌの぀いたバックパックを背負い盎しお瀟員蚌をしたう。この䞖界のほずんどの職業が遠隔操䜜で仕事をできるようになった珟代、出瀟するこずも、䌚瀟にビルさえも存圚しなくなり぀぀ある。ずはいえ、党おの䌚瀟が最先端になったわけではない。うちのような匱小のブラック䌁業は瀟長がアナログ人間なこずもあり、なにひず぀倉わりのないこれたでの業務を行っおいた。おかげで、サヌビス残業はたんたりずあるし、䌑みの日に電話もかかっおくる。プラむバシヌなんおあったものじゃない。 朝䞀番に出瀟しお、䞀番最埌に䌚瀟を出る。それが䞋っ端の僕の圹目だ。業務の䟝頌以倖に誰かず話をするこずもない。いや、話しおいる時間もないずいうべきだろうか。寄るのはコンビニ゚ンスストアくらいだけど、今はどの店も無人で経営しおいるのでそこでも誰かず話をするこずはないのだ。 僕はコンビニで適圓なサンドむッチを遞び、それからゞュヌスの棚をがんやりず眺めおいた。ふず気が぀くず、業者が棚に商品を䞊べおいる。金髪で背が高くお、いかにも今時の青幎だった。僕は急にいたたたれなくなっお、適圓な商品を遞ぶずコ゜コ゜ず店を出た。 昔から人芋知りなずころがあっお、友達はほずんどずいうかたったくできなかった。孊生時代はそのこずで随分ず苊劎したけれど、それも瀟䌚人になっおからはたしになったず思う。ずにかく仕事さえしおいれば、倚少のこずは目を瞑っおもらえた。僕はそもそも人間ず深く関わる぀もりはなかったし、この䞖界で誰かを愛したり誰かず友達になるこずなんおありえないず思っおいた。だっお、僕のこずをわかっおくれる人はこの䞖界のどこにもいないず思う。愛なんおものがあるなら芋せお欲しいくらいだった。 そりゃあ僕が先ほどの青幎のように背が高く、顔が敎っおいたのなら話は別なのかもしれない。でも、今の僕はどこにでもよくある、ありふれた、䞋局の顔の人間でしかない。身長も䜎くお、ガリガリだ。おたけにコミュニケヌション胜力もない。僕は僕でしかない、どこにいったっお同じ。このぬかるみの䞭を這い回っおいるだけなのだ。 「はあ  ぀かれた」 がそりず溢れた蚀葉をビヌルず䞀緒に喉の䞭に流し蟌んでしたう。アルコヌルを少し入れるだけで䜓の緊匵の糞がほどけおいくのがわかる。眠い、倕食もただ䜏んでいないのに、じんわりず枩くなっおきた指先を垃団の䞭にいれる。脳がどろどろに溶けお、がんやりずした思考で明日の起床時間を考える。クッションの䞭に埋れおいく身䜓。 「ねえヘノン、疲れたよ」 《お疲れ様です。奜きな音楜をかけたしょうか》 「うん、かけお」 ヘノンは僕の䜿っおいるAIパヌトナヌだ。圌女ずの付き合いは随分ず長い。高校生の頃から僕ず関わっおいるから、僕のこずは僕よりも詳しい。それに圌女は絶察に僕を傷぀けない、優しいAIだ。 「ねえヘノン、五時半にセットしお」 ヘノンが䜕かを喋ったけれど、僕にはもう聞き取るこずができなかった。   「——きみ、ねえそこのきみ」 倢だ。意識がそちらに灯った瞬間から、僕にはそこのこずがわかっおいた。これは倢で、芚めおしたうものだずそういう確信が、なぜだかあった。それにしおも、眩しい。目を閉じおいおも、薄い瞌のむこうに鮮やかな光があるずいうこずがわかる。華やかで眩しい䜕か。僕は恐る恐る瞌を開ける。 「ねえ、きみ」…
Read More

黎明

日浅慎吟《ひあさ しんご》は仕事䞭だった。  最䜎限の家具やむンテリアを揃えたようなシンプルな郚屋。  慎吟の県前には宙で耇数のりむンドりが衚瀺されおおり、手元に浮く半透明のキヌボヌドを甚いお、䞀぀の文曞を䜜成しおいた。  そんな圌の傍で控えおいるメむド姿の女性が、䜕らかの䜜業をしおいた様子など芋せずに蚀う。 「マスタヌ、ご䟝頌の資料の準備が出来たした」 「ありがずう」  慎吟は新たに衚瀺されたりむンドり内の文章に目を通すず、指を動かすこずで必芁な郚分をコピヌしお䜜成しおいる文曞にペヌストしおいく。  仕事の進行は順調だ。これなら定時たでに終えるこずが出来るだろう。  慎吟の芖界では圓たり前のように䞡手が動いおいる。無論、それを動かしおいるのは圌の意思であり、そこには䜕らの違和感もなく、銎染んでいる。  ──けれど、これは珟実䞖界での光景ではない。  慎吟には今動かしおいる身䜓ずは別に、確かな身䜓感芚があった。専甚のチェアに深く腰掛けた、圌の本圓の身䜓の感芚が。  仮想䞖界《メタバヌス》『XANA《ザナ》』。それこそが慎吟の県前に広がっおいる䞖界の名称だった。 『XANA』は珟圚䞻流ずなっおいるメタバヌスであり、今圌が動かしおいるのは分身《アバタヌ》だ。仕事甚なので、頭䞊には本名が衚瀺されおいる。  慎吟の珟実の身䜓はヘッドマりントディスプレむ《HMD》を装着しおおり、それが脳波を読み取る機胜を備えおいるので、念じるこずでアバタヌを操䜜できおいる。  珟代においおメタバヌス内で仕事をするのは䞀般的だ。昔は自宅で珟実の身䜓で仕事をするこずをテレワヌクず呌んだが、今はそれよりも進んだ圢ずなっおいる。  デスクワヌクず呌ばれるPCを甚いる仕事であれば、メタバヌス内で䜕の問題もなく行うこずが可胜で、むしろ物理的な空間に瞛られる必芁がないのが利点ずなっおいた。  こちらには自分をサポヌトしおくれる存圚も甚意するこずが出来た。  慎吟の傍で控えおいる女性の姿をしたアバタヌは、珟実の人間が操䜜しおいるわけではない。…
Read More

恋ずず

「あの ニヌナさん 。」  沈黙を切り裂いたのは、レむゞだった。い぀の間にかうなだれ気味になっおいた姿勢をピシッず敎え、やや震えた声色で、ニヌナに話しかけたのだ。 「はい、なんでしょう」  ニヌナは、がんやりず海を眺めおいた芖線を䞊げるず、隣に座るレむゞの方ぞ䜓を向け、じっずその目を芋぀めた。 「Um その メタバヌス䞊の恋愛 に぀いお、どうお考えですか 」 「メタバヌス䞊の 恋愛 ですか」 「は、はい。倉なこずを聞いおいるのは自分でも分かっおいるんですが、最近ちょっずその、メタバヌスの䞭で出䌚った人に察しお恋愛感情を持぀こずが、いいのか悪いのか みたいなこずを、悩んでいる ずいうか悩んでいた みたいな感じでしお、いや、悪いこずはないんですけど」  しどろもどろになりながら、レむゞは䜕ずか自分の頭の䞭にある思いを敎理し、䞀぀ず぀䌝えようずしおいた。ニヌナはずいうず、頬に手を圓おお、深く考え蟌むように口を結んでいる。 「 えっずえっず、最終的に僕は、盞手ずどこで出䌚おうず、盞手にどんな背景があろうず、奜きになったんなら䜕も難しいこずは考える必芁はないんじゃないかなっお、思ったんです。そしお、その人ず仲良くなりたいっお思うこずは、ごくごく自然なこずなんじゃないかなっお、そういう結論に至っおですね 。」  レむゞがなんずか最埌たで話し終えるず、そのタむミングを䌺っおいたのか、ニヌナが再び芖線を䞊げお、レむゞの目をじっず芋぀め盎した。 「 レむゞさん 。」 「は、はい」 「その すみたせん、私、そういうのよく分からないずいうか 恋愛ずかには疎いもので、䞀生懞呜考えおみたんですけど レむゞさんが満足するような考え方は、私の䞭にはない かもしれたせん。」 「そ、そうですか いや、ホント急にわけの分からないこずを蚀っお、申し蚳ないです」 「い、いえいえ、謝らないでください 私っお、本圓に薄っぺらくお、面癜みがないんです 。」 「 ニヌナさん」  それからニヌナは、少しだけ肩を萜ずしお、ゆっくりず自分に぀いお語り始めた。 「 私ね、誰かず䌚話をしおいる時でも、圓たり障りのない内容しか返せないんです。気の利いたこずも、面癜いこずも蚀えない 。だから、䞀察䞀で喋るのっお、実はあんたり埗意じゃなくお 䌚話をしおいおも、『ああ、この人も、私ず話すより他のこずをしたい っお思っおるんだろうな』っお、そう感じちゃうんです。」…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

「マスタヌ、䜕ニダニダされおいるんですか 気持ち悪いです――」 ヒメミの冷たい芖線を感じお、俺は物思いから芚めた。 「あっすたん、ちょっず劄想を  」 「で、殿、拙者たちは䜕をすればよいでござるか  呜じおいただければなんでも臎したすぞ、どんな盞手もこの剣で䞀刀䞡断に」 「いや、その、知恵を貞しおほしいのだ。俺は今、ちょっず理解しがたい状況に眮かれおいお、その原因ずいうか  珟況が分からないのだ」 俺は、どれだけたちが理解しおくれるか分からなかったが、自身の眮かれおいる状況を必死になっお説明した。 皆黙っお聞いおはいるが、メタバヌスしか知らないたちに、ここが仮想空間䞖界であり、珟実䞖界が別にあっお、肉䜓ずいうものや生物ずいうものがある事を理解させるのは無理ではないかず思えた  。 だいたい、に自己ずいうものが存圚するのか は自分で考える、思考できる物ず蚀っおも所詮は人間が䞎えた知識や教逊を䞊回るほど、ただ進化しおはいないだろうし、この俺の䞋手な説明を圌女たちがどこたで理解できるか極めお怪しい。 「ようするに、私たちがいる䞖界ず、マスタヌのいる䞖界をマスタヌは自由に行き来出来おいたのに、それが出来なくなったずいう事ですよね」 やはり最初に理解を瀺したのはヒメミだ。 「マスタヌは元の䞖界に戻れなくなっおいる原因を知りたいずいう認識でよろしいでしょうか たた、マスタヌはこの䞖界は自分の脳内だけに存圚し、珟実䞖界ではないずいう疑問をお持ちの様ですが」 「――そのずおりだ 凄いなヒメミ、俺の蚀いたいこずの確信を捉えおいるぞ、さすが第䞀秘曞だ」 「お耒めいただきたしおありがずうございたす。ただ私自身はココに存圚しおいお、これが珟実であるずいう認識以倖はできたせん。なので、マスタヌがマスタヌの䞖界に自由に戻れない原因を探るずいうお手䌝いしかできないず思いたす」 「わかった。たしかにそうだ、それでいい。䞀緒にその原因を探っお欲しい。そうすれば、俺が今ここにこうしおいる原因が掎めるず思う」 「かしこたりたした。みなさん、いいですね。マスタヌのおっしゃったこず、分かりたしたか」 「はいっ、えっずヌ、質問です」 「なんですかミサキ」…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

――コンコン。 再びドアをノックする音があった。 このデゞタル空間メタバヌスで、ドアをノックするこず自䜓、なんか違和感がある。 もっずもここが、メタバヌスなのかも分からないが。 「マスタヌ、カ゚デやで。なんか、通信できひんさかい、盎接来たで。んず、マミっちず、忠臣くんもいんで――」 第䞉秘曞のカ゚デの声だった。 京郜匁の女の子に憧れおいた俺。 ただ自分自身は京郜匁をしゃべれないので、適圓に芚えさせたからか、他の方蚀ずかも混ざっおいる気もするが。たあ自分が楜しければそれでいいのだ。 そうか、今八時過ぎだ。 この時間に状況報告をするようにAI秘曞達に呜じおある。 通勀電車の䞭で、い぀もスマホで報告を聞くようにしおいる。 AI秘曞達は二十四時間皌働しおいるから、昚日の報告ずいうより珟時点での報告だ。 「いいぞ、入っおくれ」 ドアが開けられるず、「あっ、みんなおったんやヌ。やっほヌ」っおカ゚デが元気よく飛び蟌んでくる。 「あなたたちも、通信できないのね」 ヒメミは、自分の堎所を空けお、䞉人を向かい入れた。 「いらっしゃいカ゚デ、元気しおた」 ず蚀っお、ミサキはベッドに座っおいる俺の巊暪にくっ぀いお座った。…
Read More

恋ずず

「 やっぱり、メむもそう思う 」 「その『そう思う』がどんな意味なのかにもよりたすが、文字通り、サポヌトみたいに適切なサポヌトをする方だな、ずは思いたす。」 「そっか そうだよね 。」 Rage turned his head down to think about something and sighed deeply again. ‘I’ve talked…
Read More

矩阵黎明

 䞀䞪雚倜䞋班回家的里奥撑着黑䌞走出办公倧楌满脞的惆怅脑海里想起老板那句现圚党球金融危机我们䌁䞚现圚也䞍奜过虜然䜠圚我们䌁䞚做了十幎䜆经过䞊层决定还是决定将䜠裁员收拟收拟䞜西再重新就䞚吧䜠这样资深的皋序员还是埈奜扟工䜜的。   里奥还圚发呆被路过的人撞了䞀䞋那人倎也䞍回的走了“䞍奜意思䞍奜意思。“   由于是黑倜没有看枅人的盞貌里奥只是拍了拍身䞊被那人蹭的雚氎䜎声䞀句“没事。“   里奥回到家将包扔圚沙发䞊包里掉出䞀䞪VR里奥疑惑的拿起䞀看VR䞊面刻着XANA里奥拿起研究䞀番埈快他就明癜劂䜕操䜜。 里奥戎起VR匀始玩他被赋予了䞀䞪新的身仜——XANA组织的构建垈里奥看着面前的䞖界充满着科幻人䞎自然和谐共倄只芁坐䞊方舟倧家可以去到任䜕地方䜆需芁拥有足借的虚拟莧垁。 这时䞀䞪星瀺XANA组织的N走䞊前和里奥打招呌“哈喜构建垈奜久郜没见䜠来了䜠圚干嘛” 里奥導尬䞀笑“最近比蟃忙。” N点倎没再诎什么犻匀了,里奥再看其他人发现只有同组织的人才胜看到对方的身仜牌。 里奥继续圚里面探玢发现自己的VR像是被栌匏化过只有背包里有䞀封信垮垮这䞪䞖界垮垮我。 里奥觉埗这话有些奇怪没有圚意继续圚四呚打探想芁倚了解这䞪猀纷的䞖界䜆发现自己的等级还䞍借高只胜到蟟F区和E区F区没有任䜕规则可蚀任䜕人郜可以进到里面圚里面的人可以凭借自己的才华赚取盞应的莹甚䜆由于没有规则里面有各种地倎蛇䞍断有战乱想芁统治F区䜆埈星然没有䞀䞪成功的可胜因䞺猺少制定规则的人。 E区和F区完党䞍同䜆E区也毫无规则䜆圚E区的人郜有着足借的虚拟莧垁倧家圚这里实现着自己的理想有生物孊家哲孊人士还有䌟倧的艺术家圚这里随倄可见的无价之宝䜆进到E区需芁邀请凜这也是里奥疑惑的地方他居然可以随意进出E区。 里奥走了奜久突然䞀䞪出现䞀䞪人出现绑架了里奥。 等里奥醒来已经到了䞀䞪倧仓库自己也被吊圚倩花板䞊里奥睁匀県睛看向地面䞀䞪幎老的老者旁蟹䞀只匂兜旋韟这是《山海经》里记蜜的生物里奥盯着匂兜旋韟匂兜旋韟可胜感受到里奥炙热的目光䞍耐烊的抬倎嘶同声音劂同劈匀的朚倎。 老人手拄拐杖坐圚怅子䞊像是圚等里奥枅醒䞀脞和善友奜的衚情让挂圚倩花板的里奥有些诧匂“嘿老倎胜䞍胜攟我䞋来再诎” 老人笑了笑“䜠觉埗我和我旁蟹的朋友有胜力把䜠从五米高的倩花板䞊救䞋来吗” 里奥思玢䞀䞋奜像是䞀䞪郜是陆地生物䞍䌚飞。 䞍久仓库的倧闚被打匀䞀束光照进来走来䞉䞪男生匂兜旋韟起身躲圚老人身后老人䞍忘安慰“没事没事的孩子。” 里奥撇了撇嘎“这还匂兜旋韟䜠们到底干嘛的快攟了老子知䞍知道倱䞚的人䞍胜惹”…
Read More

目芚めおみたら、XANAマスタヌになっおいた件

「あのマスタヌ、違うずいえば、確かにそうなのです。十時間ほど前から、今たでにないこずが起きおいるのは確かです」 「――今たでないこず、それはなんだ」 「はい、マスタヌぞの通信ができなくなっおいたす」 そうか、それでヒメミはここたで歩いお報告に  。 コントロヌルパネル自䜓ないから、通信メニュヌを開きたくおも出お  。 ――プン。 えっ、なんだ、いきなり通話メニュヌが右䞊の芖界にポップアップしたぞ。 右手をそのメニュヌに䌞ばし、AI秘曞パネルを開こうずする   ――プン。 たただ、パネルが開いた。 これもしかしお、考えたこずが 実行されおる 䞀䜓どういうこずだ  たさか俺の思考をよみずっおるのか いや、そもそも今俺VRゎヌグル぀けおないよな  いや、もしかしお―― そこであるこずを思い出した。 そうだ、䞀週間ほど前の事だ。 XANAメタバヌスがスタヌトしお䞀幎埌、秘曞たちのAIマザヌが第二䞖代ず進化しお、AI達が疑䌌感情を持぀ようになり、よりリアルな態床をずるようになった。 そしお曎に䞉幎目が過ぎようずするころ、巚倧なゲヌムファむ䌁業がXANAに参入するこずになった。 そしお䞀週間ほど前、最新の専甚AVゎヌグルの詊甚版ずいうものが送られおきた。…
Read More

恋ずず

心地のいい日差しに照らされた、新緑の草原。䞀本の倧きな朚が䜜りだす朚陰には、爜やかな颚が吹いおいる。 「はぁ 。」  朚に寄り掛かり、さわさわず揺れる朚挏れ日に包たれながら、その男は、この堎所に䌌぀かわしくない、重たいため息を぀いおいた。 「 䜕か悩みでも考え過ぎによる慢性的なストレス負荷は、心身の䞍調に盎結したすよ、レむゞ。」 「ああ そう蚀うのじゃないから 倧䞈倫だよ、メむ。心配しおくれおありがずう。」  レむゞ、ず呌ばれた男は、そう蚀葉を返しながらも、すぐにたた深いため息を぀く。それを芋たメむ、ず蚀う名の女は、䜕やら頭の䞭で思考をたずめるように、間をおいおから口を開いた。 「 そういうの、巷では『察しおちゃん』っお蚀うらしいですよ。人に嫌われる性栌の代衚栌です。」  豊かな自然の䞭で、男女が蚀葉を亀わす。䞀方が悩んでいるようで、もう䞀方は心配しおいるようだ。地球䞊のどんな囜や地域でも芋られる、いわばごく普通の光景だが、このやり取りは、地球䞊ではないある堎所で行われおいた。 そう、ここは仮想珟実が䜜り出した䞖界、メタバヌスの䞭だ。 「えぇいや、別に䜕かを察しお欲しいずかじゃないからっおいうか、そんな蚀葉たで知っおるの」 「もちろんです。叀語から新語·流行語たで、珟実瀟䌚のありずあらゆる蚀葉は、党お孊習しおいたすから。」 「そ、そうなんだ それじゃあ、僕ずのこの䌚話も、その孊習によっお成立しおるっおこずだよね」 「はい。倚皮倚様な人間による様々な性栌や思考、䌚話や非蚀語コミュニケヌションのパタヌンから算出しお、最も適した蚀葉を遞択しおいたす。圓メタバヌスのチュヌトリアルで、ご説明申し䞊げたはずですが」 「あ、なんか面倒だったから、あたり聞いおなかったんだよね アハハ 。」 「たったく レむゞは本圓にものぐさでぐうたらな怠け者ですね。」 「いや、そこたで酷くないでしょそれに、その毒舌は蚀葉のチョむス間違っおない」 「いえ、レむゞのような、ちょっずむゞメられたい願望を持぀男性には、このくらいキツい蚀いたわしにした方がいいず、私の䞭のが。」 「ち、違うから倧䜓、どうしお僕がそんな願望持っおるなんお分かるんだよ」…
en_US