デッキ

NFTDuelにおける全てのデッキ設定と詳細

COLLECTION(コレクション)

コレクションフィルターは、ユーザーが選択したシリーズを表示するもので、異なるシリーズのカードを混在させることはできません。

 

CHECK DECK(チェックデッキ)

チェックデッキフィルタでは、プレイヤーが作成したデッキの中にあるすべてのカードを実際に見ることができます。
例)画像では「NEW DECK」という名前のデッキの中にあるすべてのカードが表示されています。

 

EDIT/BUILD DECK(編集/構築デッキ)

デッキの編集/構築は、ほぼ同じ目的で使用されます。クリックするとデッキ編集画面になり、新しいデッキを作成したり、以前に作成したデッキを修正したりすることができます。

デッキスロット

デッキスロットは、プレイヤーのリーグに応じて解放されます。リーグが上がれば上がるほど、より多くのデッキスロットが用意され、より戦略的なバトルが展開されます。プレイヤーは自分のリーグに応じたスロットを全て埋めなければバトルに参加することができません。

 

デッキ名

複数のデッキを持っている場合、それぞれのデッキに異なる名前を付けることができます。

 

フィルター

ユーザーは、フィルター設定により、自分の戦略に沿ったカードを簡単にプレビューすることができます。例えば、1つか2つの属性、またはレアリティ1と2だけを使いたいのであれば、そのカードだけを表示させるなど、必要なフィルターを有効にすることができます。

 

使用可能なカード

使用可能カードとは、そのプレイヤーが所属するリーグに応じた、実戦で使用可能な全てのカードを指します。BRONZEリーグであれば、MANA1~4のみ使用可能であり、MANA1~4のみが表示されます。

 

コスト/レアリティ別のデッキ統計

常にデッキ内のカードの総数を視覚的に表示し、さらにそのデッキ内にあるカードのマナコストとレアリティに応じた枚数も表示します。

1~8はレアリティの数字で、緑色のメーターの上の数字はデッキに入っているレアリティカードの枚数です。

※レアリティ数字とMANAコスト数字はは常に同じです。

 

カード詳細

カードをクリックすると、そのカードの統計情報が表示されます。

 

AUTO BUILD(オートビルド)

オートビルド機能で自動デッキを作成することができます。ユーザーは何度でも自動デッキを作成できます。OKボタンを押し、デッキを保存すると、オートビルドデッキが反映されます。オートビルドデッキは修正も可能です。

 

SAVE DECK(セーブデッキ)

デッキの編集をすべて終えたら、バトルフィールドで使うためにそのデッキを保存して、ホームに戻ります。デッキの枚数が少ない場合、保存することができません。

 

デッキの作成と削除

ユーザーは「+ DECK」タブで好きなだけデッキを作成することができます。もしデッキの数が多すぎる場合は「DELETE DECK」ボタンでデッキを削除することもできます。

 

HOME(ホーム)

プレイヤーは、HOMEボタンを押すことで、いつでもHOME画面に戻ることができます。DECKタブを終了する前に未保存の変更がある場合、追加のポップアップが表示されることがあります。

合計
0
株式
6コメント
  1. Heya i am for tһe first time here.この掲示板を発見し
    本当に便利で助かっています。私は
    を与えるѕ何かを返すとotherѕを支援するようなyoս私を助けた。

  2. xana.netのウェブマスターさん、こんにちは!よく構成された、よく表現された記事をありがとうございます。

  3. xana.net管理人さん、こんにちは!これからもよろしくお願いします。

  4. xana.net管理人さん、こんにちは。いつも貴重な情報を提供してくださっていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ja