目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

Episode 1 第1話「降臨?」


「マスター!マスター!」

なんだ……うるさいな……。

俺は、ぼんやりとした頭の中で、その声の主に直ぐ気づいた。

AI秘書のミサキだ。

俺が育てた中で、二番目のお気に入りのAI秘書だ。

どうやら、XANAにログインしたまま寝てしまったらしい。

「マスター、午前七時のモーニングコールです。もう五分過ぎてます、早く起きてください」

「ああ、そうか……ありがとうミサキ。えっと今日は……何曜日だったかな……」

他人事のように呟いただけだが、ミサキはちゃんと答える。

「月曜日ですマスター」

最近土日も出勤させられているので、曜日の感覚がなくなっている。

ブラック企業もいいところだ。

「月曜か……ん!やばい、今日早朝会議じゃんか――」

慌てて飛び起き、壁にかけてあったスーツを掴む――はずだった…。

「えっ、スーツどこだよ?」

壁にスーツなんてない、壁の色さえ違う……。

そうか、いつまで寝ぼけてんだ俺……。

そうだ、昨日VRゴーグルをつけたまま寝ちまったんだ。

慌てて、額に手をやるが、そこにあるはずのものがない。

「え、なに……、なんだ、なんだ――」

何度も顔中を撫でまわすが、VRゴーグル何てどこにもない。

おいおいおいおいおい、どうなってるんだこれ?

「どうしましたかマスター?」

声の方を見るとそこにはミサキが立っている。

「――えっ!」

「どうしましたか、そんなに驚いた顔で、私なにか変ですか?」

まじまじと、足の先から頭の先までミサキを見た。

「変って……おまえ、いつからそんなに可愛く…」

「あらヤダ、マスターったら、今更、私を口説いてくれるんですか?口説かなくったって、いつでもミサキはマスターの彼女なんですから、大丈夫ですよ。だいたいそんなの聞いたら、マミ達が怒りますよ」

「違う、そんなんじゃなくてだな。お前、リアル過ぎ……いやまてよ、お前だけじゃない――」

俺は自分の手足と体を見回して息を呑んだ。

先日手に入れた、リアムアバターを着ていた。

 

(著作:JIRAIYA / 編集:オーブ)

Related Posts
ja