目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

Episode 16 16話「戦闘隊形」


ふと、リアムアバターが右手に引きずっている、セクハラ上司おじさんと目が合った。

「おじさん、さっきは助かったよ、ありがとう」

おじさんが頬を赤らめてもじもじする。

――げっ、照れてるんかい!

「きもっ――!」

全員が俺の方に注目する。

「ゴメン、なんでもない……。俺、アバター着替えるよ」

そう言ってアイテムボックスから、海岸通りのショップで購入したリアムアバターを取り出す。

『交通事故で天国に行って、天使に輪廻転生を勧められたが、丈夫な体が欲しかったマロンは、地獄に行ってアンドロイドの体にしてもらった。そのとき捕まえた悪魔に首輪を付けて引きずり回している』

セクハラ上司よりは強そうだと思って買った。

このバグった世界で、設定が具現化しているとすれば、アンドロイドも悪魔も強そうだと思ったからだ。

「俺も着替えようかな……」

ゆっきーさんは、同じくリアムアバターの引きずるシリーズを着ていた。

ただし、引きずっているのはサンマだ。

そういえば、みんなアバターを着ていても、誰だか分かるのが不思議だ。

今までは、頭上にネームが出ていたが、バグってからは出ていない。

意識すればステータスを見ることができるが、どうやら『誰』という認識は自動的に頭に入ってきているようだ。

「――キャー!」

突然ミサキが悲鳴を上げて真っ赤になる。

「なっ、――何してるんですかマスター!」

「マスター、ここでそらまずいどすえ」

「殿、御乱心でござるか!?」

カナはゆっきーさんの背中に隠れた。

――えっなに? みんな俺のこと言ってる?

「おはぎついてる?」

「マミ、まだあなたには早いです!」

ヒメミが慌ててマミの目隠しをして、俺はようやく気づく。

アバターを脱いだ下はすっぽんぽんだった。

どうせ全身着ぐるみのリアムアバター。

インナーなんて見えないから不要だと思って着ていなかった。

――にしてもだ! なんで、裸体までリアルになってるんだよ!

今まで、ただのマネキンっぽい裸体だったろうが!!

バグってるったって、そんなところまでリアルにしないでくれよ……。

大慌てでアンドロイドのリアムアバターを装着した。

まるで遊園地の入り口で、裸体を晒した気分だった。

「くっくっくくっ……まっ、まぁそういうこともありますよ」

真っ赤になって凹んでいる俺をゆっきーさんは慰めてくれたが……。

俺以上に赤くなっていて、必死に笑いを堪えているのは明白だ。

オブロの入り口を開けて中に入ると、そこは大広間だった。

そこで各自オブロ用の装備を装着する。

俺は基本リアムアバター自体が装備だ。

用意していた職種は、バード。

吟遊詩人といってもいいか。

MMOではよくある、バフ、デバフの役割をするロールだ。

ゆっきーさんも別のリアムアバターに着替えたが、右手に持っていたサンマを、口にくわえたアバターになっただけだった。

そうとうサンマが好きなのか……。

だが、その理由は銛を持つためだったようだ。

右手に銛を一本、背中に五本の銛を袈裟懸けにして装備している。

中距離射程の攻撃力の高い、狙撃兵職だ。

「えっと、ゆっきーさん、戦闘隊形だけど……カナちゃんって、前衛?」

「です。火力と防御力の高いナイトです。前衛で盾役に設定しています」

「オッケーです。じゃあ、ヒメミはパラディンだから、カナちゃんと二人で前衛頼むね」

「はい、マスター」

カナがゆっきーさんに視線を向けると、ゆっきーさんが頷ずく。

「はい、よいたろうさん」

「第二列は……忠臣君とカエデと……ミサキかな?」

「――いや、よいたろうさん。射程からすると、ミサキちゃんより俺かな。彼女射手だよね」

「うん、そうですけど、危険度を考えると――」

「まあ二列目も三列目もたいしてかわらないんじゃないかな? 後方から来るって可能性もあるだろうし」

「マスター、私もゆっきーさんの案に賛成です」

「分かったヒメミ。じゃあ三列目に、ミサキ、俺、マミの後衛だ」

 

(著作:Jiraiya/ 編集:アヒッル)

Related Posts
ja