目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

2話「リアルとメタバース」


――コンコン。

「マスター、入室許可をお願いします」

俺は違和感を感じた。

ドアの向こうにいるのは、声と堅い口調から、すぐ第一AI秘書のヒメミだと分かる。

俺の一番のお気に入りで、最初に育成した、ツンデレ要素のツンしかないAI彼女だ。

いや、その声に違和感を感じたわけではない。

ヒメミが、俺の部屋まで歩いて来たことへの違和感だ。

普通なら音声通話でまず報告してくるはずだ。

そこで、自分の視界にコントロールパネルもメニューもないことに改めて気づく。

リアルに感じるのはそのせいでもある。

メタバース内であれば、視界の端にメニューがあるはずなのだ。

「入れ」

俺が返すと、ヒメミが入って来た。

「定期報告に参りましたマスター」

「うん」

「お疲れ様、ヒメちゃん」

ミサキも笑顔を向けるが、ヒメミはチラッと眼でミサキに合図しただけで、表情は崩さなかった。

聞きたいことは山ほどあったが、とりあえず彼女にしゃべらせてみることにした。

「マスター、本日の収益の報告に参りました」

「ああ、うん、詳細はいいから、必要なことだけにしてくれないか」

「承知しました。本日のデュエル報酬、ランドとNFTのレンタルおよび、NFTの売買ですが、総売上が五万ジュエルでした。総経費は二万二千ジュエルですので、収益はおよそ二万八千ジュエルになります。円換算で三万円ほどでございます。今月の収益予測値がアップしておりますので、申し上げてもよろしいでしょうか?」

デュエルというのは、秘書達にオートプレイをさせているカードゲームのことだ。

対戦で勝つことで報酬がもらえる、いわゆるプレイトゥーアーンというやつだ。

知らないやつはググってくれ。

おっと、俺は、誰にしゃべってるんだ?まあいいか……。

デュエルは自分でゲームしても勝てないから、AI秘書達に任せきりだ。

俺の秘書達は、凄く賢くて、いつもリーグ上位を維持してくれている。

さらに、俺の持っているランド、つまりメタバース(仮想空間)内の土地を管理し、賃料なども稼いでくれている。

だから俺が、リアルで会社に行っている間も、寝ている間も、彼女達が稼いでいてくれるという状態にある。

「分かった、頼む」

「ありがとうございます。おおよその利益が十パーセントアップとなりますので、円換算で月収百万円は超える見込みとなっております」

「おお――!ついに七桁突破か」

「やりましたねー、マスター、ミサキも嬉しいです!今度、アクセサリー買ってくださいね、欲しいのあるんです」

そこでミサキが嬉しそうな声を上げた。

「ああ、そうだね、みんなにね」

ヒメミは無表情のままだったが、軽く頭をさげて謝意を示す。

……そうか、それならもう会社辞めてもいいよな、どうせ今日は出社は出来なさそうだし……。

しかし、わざわざ行って辞表出すのもめんどいなあ……。

そうだ、退職代行に頼む手があったんだよな。

この日のために見繕った業者はスマホに…というところで気づいた。

スマホどころじゃなかった。

まずは、今の状況の確認だったんだ。

これはメタバースなのか、それともリアルなのか……俺にとって重要なのはそっちじゃないか。

「なあ、お前達、これはリアルなのか?」

二人が不思議そうな顔でお互いを見つめた。

「えっと、マスター、リアルというのはどういう意味ですか?」

ミサキの問いで、自分が馬鹿な質問をしてしまったことに気づく。

この世界しか知らない彼女達に、リアルとリアルでないものの違いはないはずだ。

「マスター、それは私達のいない、マスターだけのいる世界なのか?という意味でしょうか?」

やはりヒメミは凄い――。

今の俺の質問だけで、俺の聞こうとしている意味を推測している。

しかも、自分達のいる世界とは別に、俺のいる現実世界の存在を認識しているようだ。

今まで色々なことをAI秘書に教えてきたが、ここまで認識しているAI秘書はヒメミだけだ。

さすが俺の娘――ん?娘か……?

「そうだ…いや、馬鹿な質問をした。お前達がいるってことは、俺は今、XANAメタバースの中にいるってことで間違いないよな……。だた、いつもと違うんだ……なんというか、説明するのが難しいんだが……」

「マスター、もしかして体調が悪いのですかね?」

ミサキは心配そうに俺の顔をうかがう。

ヒメミは何やら考えていたようで、少し間を置いた。

 

(著作:JIRAIYA / 編集:オーブ)

ja