目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

Episode 8 8話「恐怖のペンペン来襲!」


マミがいつになく大声で叫んだ。

俺は足を路面につけて、ブレーキをかける。

急には止まれない。

「早く止まって――!」

「待て、慌てるな、今止まるから、どうしたんだ?」

「なにかが来る……」

マミが言い終わらないうちに、俺にもなにかが来るのが見えた。

なにか、集団が十一時の方向から大量にやって来る。

「何だあれ?」

「マスター、あれ危険! 怖い物来る」

「逃げた方がいいのか……」

「ダメ、もう間に合わない――!」

言い終わらないうちに、マミは俺の背中から飛び降り、俺の前方に出た。

「マミ?」

「マスター下がって、マミが守る」

「えっ……」

さっきまで、か弱そうだったマミなのに?

俺の三分の二もない体格で、俺の前で勇ましく構える。

ぺんぺんぺんぺんぺ――!

やってきたのは、ペンギンの集団だった。

路上いっぱいに広がり、整然と隊列を組んで行進してきた。

横に五列、縦は見えないが……少なくとも二十列はあるだろう。

「デュエル――!」

「えっ?!」

マミが突然デュエルの体制に入った。

その勇姿に見とれる。

ウルトラマンのデュエルカードが5枚、マミの前に飛び出してきた。

「マリガン――!」

マミはコストの高いカードを入れ替えた。

なんだ? こんな時にもデュエルルールが適用される?

てか、あのペンギンたちとデュエルするってこと?

ズボー、ズボー、ズボー、――!

「えっ、なに?」

迫ってきた一列目のペンギンたちが、ロケットのように足もとから煙を噴射し、数メートルほど浮き上がった。

「マスター、伏せて!」

「えっ、はっ、はい――!」

思わず声が裏返ってしまうが、マミに従い路面に伏せた。

「来い!」

マミは盾のように、三枚のカードを前面に並べた。

ひゅんひゅんひゅん――!

飛び上がったペンギンたちが、こちらに向かって九十度方向を変えた。

クチバシを矢のようにして、ミサイルのように飛んできた。

次々とカードにぶち当たってくる。

二枚のカードのヒットポイントがゼロになり粉砕された。

一列目のペンギンたちの攻撃が止んだ。

一枚のカードだけが前面に残るが、ヒットポイントが半分以下になっている。

「ドロー――!」

マミがコールすると、カードが一枚、マミのもとに出てきた。

マミは更にカードを追加して、前面に四枚並べた。

「スキル発動、アタックブースト!」

マミは攻撃力の数値が倍になったカードに手をかざす。

「アタック!」

マミが指示したカードが、ペンギンたちの第二列に飛んでいく。

四体のペンギンを粉砕するが、マミのカードも粉砕される。

「スキル発動、ヒットポイントブースト!」

新しく出したカードのうち、一枚のヒットポイントが倍になった。

「ターンエンド!」

 

しばらくの間、マミとペンギンたちの削り合いが繰り返された。

しかし、デュエルのデッキの枚数は最大四十枚。

マミはデュエルのルールに従がってしか戦えないようだ。

相手のペンギンたちは、列ごとに攻撃して、ターンエンドをするようだが……。

それが、デュエルのルールのせいなのかは不明だ。

また、それ以外は、デュエルルールに縛られている様子もない。

当然、百体以上はいると思われるペンギンたちに対して、マミのデッキ数では分が悪い。

デッキ枚数が、いよいよ残り五枚ほどになった。

ダメだ、まだペンギンたちは五列も残っている。

勝敗が決まるのは時間の問題だ。

だが、それは思ったより早く訪れてしまった。

デッキがなくなるより早く、戦場にでていたカードが、全て破壊されてしまった。

ペンギン側のターンエンド前に、最後の一体がマミ本人に突っ込んできた。

「マミ――!」

「キャー!」

マミの右足に、ペンギンがロケットのように直撃した。

マミの右足の膝下が粉砕された。

マミはバランスを崩して倒れ込む。

XANAメタバースの世界では、グロテスクな表現はない。

ただガラス細工のように粉々になり、宙に消えていくだけだ。

それでも我が子のような存在が傷つくのは心が痛む。

俺は慌ててマミに駆け寄り、抱き上げる。

「ドロー!」

それでも顔をしかめながら、俺の腕の中でカードを引いた。

マミにも一応感情として、ある程度の痛みがあるのだろう。

「マスター、三十秒稼ぐから、逃げて、マミもうダメみたい」

「何言ってるんだ、マミを置いて逃げられるわけないだろ!」

「だめ! マスターはここで消えたら、元の世界に帰れなくなっちゃう――」

「えっ、なんで、そんなこと、理解してるんだ……マミ、お前……」

もしかして第三世代AIは、人間とAIの違いを認識しているのか?

「マミは負けても消えたりしないから、だから逃げて……」

確かにデュエルでは、敗戦してもヒットポイントがゼロになるだけのこと。

AIそのものが破壊されるわけではない……。

「いや待て、お前たちの体がこんなふうに欠損したことなんてないだろう……これはただのデュエルじゃない! 消えてなくなる可能性があるじゃないか!」

「大丈夫、マミの身体デジタルだから……再生できる。でもマスターは、戻れなくなったら……体が……」

やはりマミは人間を理解しているようだ。

たしかにマミはただのデジタル、NFTにしかすぎない……。

「いや待て、NFTって唯一無二だから価値があるんだろ? 似たものは作れても、そのデジタル個体は1つしか存在しないばず……つまり、消えれば二度と同じマミではなくなるよな」

「……」

マミが言葉を返さなかったことで、理解した。

マミ自身、それを分かっていて言っていたんだ。

「スキル発動! スリープ! みんな眠むっちゃえー」

自ターンには三十秒の時間制限があり、自動的に相手ターンになる。

ターンエンドギリギリで、マミはスキルを発動して、ペンギンたちの次の列を眠らせた。

「いいから、マスターお願い、逃げて……」

たかがデジタルAI相手、自分の命の危険をかけて、マミを守ろうとするなんて馬鹿げている――。

そうだ、そんなことは分かっているけど、どうにも止められない。

もういい、やけくそだ――。

「あのロケット並のスピード、スケボーでも逃げられそうにないし。NFTデュエルゲームで人が死ぬなんて、ありえないからさ」

「違うよマスター――これはゲームなんかじゃないの……あいつら、バグハンターなんだよ……マスターをバグとみなして消しにきてるの……だから……」

なにを知ってるんだ、この子……。

この現状を実は知っているのか――?

ブー――。

ペンギンたちのターンが終わり、マミのターンが来てしまった。

「ドロー! どうしてわかんないの!」

マミは二枚のカードを盾にした。

「スキル発動! ヒットポイントブースト!」

一枚のヒットポイントが倍になった。

だが、次のターンを持ちこたえられそうにない。

ペンギンたちも後列に行くほど攻撃力が高くなっているようだ。

レベル七のカードでも、二体の攻撃を受ければ破壊されてしまう。

「マスターのおばか! しらないから――ターンエンド!」

「きっとなんとかなるよ」

もともと現実感が乏しい俺は、なんだかマミを守りたい、いや守れなくても置いていけない心境だったのだから仕方がない。

ペンギン隊の猛攻が始まる、四体目のペンギンが飛んできたところで、こちらのデュエルカードが全部破壊された。

五体目のペンギンが、突っ込んでくる。

膝を突き、左腕でマミを抱え、半身になり、飛んでくるペンギンを右手で払いのけようとした。

そんなことができるとも思っていないが、右腕一本の損害なら死にはしないさ――。

「ふぎゃー」

顔をそらして右手で払いのけたとき、それは起きた。

恐る恐る見ると、飛んできたペンギンは破壊されて塵になっていく。

――えっ? なにが起きた、今の変な声は……。

「痛いじゃんかよー、なにすんねん!」

(著作:Jiraiya/ 編集:アヒッル)

Related Posts
ja