Story

Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

æ–°ã—ãč¨­įĢ‹ã•ã‚ŒãŸåœ°ä¸‹čŋˇåŽŽã‚Ēブロは、ビãƒŧチからすぐčĻ‹ãˆã‚‹į„ĄäēēåŗļãĢ設įŊŽã•ã‚ŒãĻいる。 こぎåŗļč‡ĒäŊ“が新しくäŊœã‚‰ã‚ŒãŸãƒ¯ãƒŧãƒĢドだ。 åŋ…čĻãĒčŖ…備をčŗŧå…Ĩするためæĩˇå˛¸é€šã‚ŠãŽã‚ˇãƒ§ãƒƒãƒ—ãĢįĢ‹ãĄå¯„ãŖた。 ヤキ゚ゎさんãĢいただいたīŧĒīŧ¸īŧĸã‚Ģãƒŧãƒ‰ã§ãƒ‘ãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚ŊãƒĢトさんぎã‚Ēムナイ゚、ãƒĒã‚ĸムãƒŗさんぎã‚ĸバã‚ŋãƒŧ、ヤキ゚ゎさんぎおやきをčŗŧå…Ĩした。 īŧĄīŧŠį§˜æ›¸ãŸãĄãŽæ­Ļå™¨é˜˛å…ˇã¯ã€æ—ĸãĢã‚ĸイテムをį”¨æ„ã—ãĻあるが、åŋĩぎためįĸēčĒã—ãĻおくことãĢした。 ã‚ĸã‚¤ãƒ†ãƒ ãƒãƒƒã‚°ã‚’æ„č­˜ã™ã‚‹ã ã‘ã§ãƒ‘ãƒãƒĢãŒčĄ¨į¤ēされる。 とãĻもãƒĒã‚ĸãƒĢã§æŒãĄé‹ãšã‚‹é‡ã§ã¯ãĒã„ãŒã€ãã‚ŒãŒãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚ぎいいところだ。 ã‚ĸイテムぎ中ãĢį‚šæģ…しãĻいるもぎがäēŒã¤ã‚る。 あãŖ――īŧã€€ãã†ã ã€ãƒšãƒƒãƒˆãŽãƒĒビãƒŧãƒĢだ。 ãƒĒビãƒŧãƒĢとは、čŗŧå…Ĩした時į‚šã§ã¯ä¸­čēĢが開į¤ēされãĒいīŧŽīŧĻīŧ´ãŒå…Ŧ開されることだ。 クãƒĒãƒƒã‚¯ã‚’æ„č­˜ã™ã‚‹ã¨ã€ãƒãƒŗ、ポãƒŗとéŖ›ãŗå‡ēしãĻきた。 一匚į›Žã¯ã‹ãĒりでかいįŠŦだ。 「あãŖ、マ゚ã‚ŋãƒŧ、そぎã‚ģãƒŗトバãƒŧナãƒŧド、騎䚗゚キãƒĢありぞすīŧã€ ãƒ’ãƒĄãƒŸãŒã„ãĄæ—Šãã‚šãƒ†ãƒŧã‚ŋã‚šã‚’čĒ­ãŋ取ãŖたようだ。 少し遅れãĻäŋēも『゚テãƒŧã‚ŋã‚šã€ã‚’æ„č­˜ã—ãĻポップã‚ĸップされたデãƒŧã‚ŋをįĸēčĒã—た。 大型įŠŦ、ã‚ģãƒŗトバãƒŧナãƒŧドã‚ŋイプ。 救劊゚キãƒĢを持つ、æˆĻ闘時はäŊŋį”¨ã§ããĒい。 ã‚šã‚­ãƒĢäŊŋį”¨åžŒã€å…¨ã‚šãƒ†ãƒŧã‚ŋ゚を全回垊する。…
Read More

帰るずき場所

ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸīŧšæœŦæ—ĨぎæĨ­å‹™ã€ã‚ĒãƒŧãƒĢクãƒĒã‚ĸ。XANAã¸æ„č­˜ãŒį§ģčĄŒã—ãžã™ã€‚ãƒœãƒƒã‚¯ã‚šå†…ã¸å…Ĩり、抟器をčŖ…į€ã—ãĻください。 į§ã¯ã€é‡ã„äŊ“をボック゚ãĢå…Ĩれ、į´ æ—ŠãæŠŸå™¨ã‚’čŖ…į€ã™ã‚‹ã€‚ã‚„ã‚‹äē‹ã‚’やれば、勤務時間はįŸ­ãæ¸ˆã‚€ã€‚こぎäģ•äē‹å”¯ä¸€ãŽã‚„りがいだ。 ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸīŧšæŠŸå™¨ãŽæ­Ŗ常ãĒčŖ…į€ã‚’įĸēčĒã€‚į›Žã‚’閉じ、äŊ“ぎ力を抜いãĻください。ã‚Ģã‚Ļãƒŗトダã‚Ļãƒŗを開始しぞす。5į§’前、4、3、2、1â€Ļâ€Ļ æŦĄãŽįžŦé–“ã€č‚‰äŊ“ãĢかかãŖãĻいた重力がæļˆãˆãŸã‚ˆã†ãĒåŋƒåœ°ãĢãĒる。į­‹č‚‰į—›ã‹ã‚‰č§Ŗæ”žã•ã‚Œã€ã„ã¤ãžã§ã‚‚č…šãĢį•™ãžãŖãĻいたäēēåˇĨéŖŸįŗ§ãŽä¸åŋĢ感がæļˆãˆã‚‹ã€‚ ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸīŧšXANAã¸ãŽæ„č­˜į§ģčĄŒãŒåŽŒäē†ã—ぞした。ãƒĸãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗぎįĸēčĒã‚’čĄŒã„ãžã™ã€‚äŊ“ã‚’čģŊく動かしãĻください。 椅子からįĢ‹ãĄã€æ­ŠããĒãŒã‚‰č…•ã‚„é ­ã‚’å‰åžŒåˇĻåŗãĢ動かす。éĻ–が、重い頭を支えãĒくãĻč‰¯ã„ã€ã¨å–œã‚“ã§ã„ã‚‹ã‚ˆã†ãĢ思える。 ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸīŧšãƒĸãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗぎįĸēčĒåŽŒäē†ã€‚į•°å¸¸ã‚りぞせん。明æ—ĨもXANAå…ąé€šæ™‚é–“ AM10:00より勤務開始です。おį–˛ã‚Œæ§˜ã§ã—た。 ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸもおį–˛ã‚Œæ§˜ã€‚ã“ãŽéƒ¨åą‹ãŽãƒ­ãƒƒã‚¯č§Ŗ除と、ノãƒŧマãƒĢãƒĸãƒŧãƒ‰ã¸ãŽå¤‰æ›´ãŠéĄ˜ã„ã€‚ ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸīŧšã‚Ēãƒƒã‚ąãƒŧ。ロックč§Ŗ除厌äē†īŧãƒŠã‚Žã‚ĩさんãĢもé€ŖįĩĄå…Ĩã‚Œã¨ãã­ã€‚å‰čžã„ãŸã‚šã‚ąã‚¸ãƒĨãƒŧãƒĢだと、多分äģŠæ—Ĩはäŧšãˆã‚‹ã‚“じゃãĒいかãĒīŧŸ ã‚ã‚ŠãŒã¨ã†ã€ã¨č¨€ã„ãĒがらåŖč§’ãŒč‡Ēį„ļãĢ上がるぎを感じる。å­Ļį”Ÿæ™‚äģŖãĢäģ˜ãåˆã„始めãĻから、もうすぐ10嚴がįĩŒã¤ã¨ã„うぎãĢ、æœĒだãĢäŧšãˆã‚‹ã ã‘でわくわくしãĻしぞう。 しばらくしãĻ、æĨč¨Ēč€…ãŽé€šįŸĨéŸŗがピã‚ŗãƒŧãƒŗとéŗ´ã‚‹ã€‚ ビジョãƒŗをčĻ‹ãĻ、すぐãĢã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸãĢロックč§Ŗ除をé ŧむ。į§ã¯å°čĩ°ã‚Šã§įŽ„é–ĸへ向かãŖた。 ナゎã‚ĩīŧšã“ã‚“ã°ã‚“ã¯ã€‚æ–°ã—ã„ã‚˛ãƒŧãƒ č˛ˇãŖたから、一įˇ’ãĢやろうと思ãŖãĻæĨãĄã‚ƒãŖた。 いらãŖã—ã‚ƒã„ã€‚č¨€ãŖãĻくれればロック開けãĻおいたぎãĢâ€Ļ ナゎã‚ĩīŧšãˆīŧŸã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸãĄã‚ƒã‚“ãĢé€ŖįĩĄå…Ĩれたâ€ĻよねīŧŸ ナゎã‚ĩが、AIぎマãƒĒãƒŗをčĻ‹ãĻéĻ–を傞げる。 マãƒĒãƒŗは、ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸとæ‚Ē戯ãŖ子ぎようãĢį›Žé…ã›ã‚’しãĻいた。…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

「ãēã‚“ãĄã‚‡ãŸã‚“ã€ãĒんで頭ついãĻんぎīŧŸã€ 「はãŖīŧŸã€€ãƒĒã‚ĸムãƒŗãĄã‚ƒã‚“ã€é ­ãĒかãŖたらį”ŸããĻãĒいãēん――īŧã€ 「だãŖãĻさぁ、īŧ¸īŧĄīŧŽīŧĄãĢ頭おいãĻきたんだよねãƒŧ」 「だから――」 そんãĒいつもぎäŧščŠąã‹ã‚‰å§‹ãžãŖたぎは、ゎãƒĢドãƒĻニã‚Ēãƒŗぎã‚Ēãƒŗナイãƒŗãƒģã‚ŧãƒŧムäŧšč­°ã ã€‚ åŗã‚ĩイドãĢå‚åŠ ãƒĄãƒŗバãƒŧãŒčĄ¨į¤ēされãĻいる。 ã‚ĩブゎãƒĢãƒžã‚šãŽãƒ‘ãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚ŊãƒĢトさん。 運å–ļとぎパイプを持つãēã‚“ãĄã‚‡ã•ã‚“ã€‚ デã‚ļイãƒŗ部ぎãƒĒã‚ĸムãƒŗさん。 åˆļäŊœéƒ¨ãŽãƒĒヨã‚Ļさん。 č­Ļ備部ぎã‚Ēãƒŧブãƒŗさん。 厴äŧšéƒ¨ãŽãžã“ãĄã‚ƒã‚“ã•ã‚“ã€ãƒĻã‚Ļホさん。 初åŋƒč€…æĄˆå†…éƒ¨ãŽãƒĢドさん、ハマヤãƒŗさん。 クãƒĒプト部ぎビットãƒŗさん、ベãƒŗã‚Ŧさん。 ãĒお、そぎäģ–äēŒåäēēãģおぎゎãƒĢãƒĄãƒŗãŸãĄã€‚ そしãĻクイãƒŧãƒŗã‚ŽãƒĢトぎã‚ĻミãƒĻキさんが参加しãĻいた。 ãƒĒã‚ĸãƒĢã‚ŋイムで通äŋĄãŒã§ããĒいぎで、äŋēはあとからこぎäŧšč­°ãŽæ§˜å­ã‚’éŒ˛éŸŗã§čžã„ãŸã€‚ だからčĒ°ãŽį™ēč¨€ã‹åˆ†ã‹ã‚‰ãĒいところもある。…
Read More

įŸŠé˜ĩéģŽæ˜Ž

里åĨĨč¯´åŽŒå°ąįĻģåŧ€äē†īŧŒį­‰åŽ‰æŠŠéŖŽįš„įžŠįšŽæžåˆ°æ‰‹īŧŒå°ąå¯äģĨįĻģåŧ€äē†īŧŒåœ¨AåŒēåąąä¸Šå¯ģ扞į€ä¸€į§å†°æ™ļīŧŒéĄēäžŋ拉上äē†å¤ã€‚ å¤ä¸€čžšåŸ‹æ€¨īŧŒä¸€čžšį§¯æžåš˛æ´ģīŧšâ€œčŋ™éƒŊäģ€äšˆäē‹īŧŸæˆ‘又不是äŊ åĨ´éšļīŧŒäŊ čĻčŋ™äšˆå¯šæˆ‘īŧŸâ€ 里åĨĨīŧšâ€å¸Žæˆ‘įœ‹į€į‚šīŧŒčĻæ˜¯æœ‰į™Ŋč™Žå°ąåŽŒäē†īŧŒåŽƒæœ€įˆąį”¨å†°æ™ļéŋ暑äē†ã€‚” 坤īŧšâ€œåĨŊīŧŒįŸĨ道äē†ã€‚” 扞äē†åŠå¤ŠīŧŒé‡ŒåĨĨčĩ°åˆ°åąąé‡Œæœ€æˇąå¤„īŧŒæžœį„ļ扞到äē†å†°æ™ļīŧŒå¯į™Ŋč™ŽæŠąį€å†°æ™ļ不撒手īŧŒé‡ŒåĨĨčŊģčŊģ推äē†æŽ¨å¤īŧšâ€œį­‰ä¸‹æˆ‘åŽģæ‹ŋ冰æ™ļīŧŒäŊ åŽģ把į™Ŋ虎åŧ•åŧ€īŧŒåœ¨AåŒē不可äģĨ杀厃äģŦīŧŒįŠ¯æŗ•īŧŒčĻä¸į„ļ大įŊ—įĨžäģ™éƒŊ救不äē†äŊ ã€‚“ 坤īŧšâ€œåˆæ˜¯æˆ‘īŧŸâ€œ 里åĨĨ厉慰į€īŧšâ€č€å­æ˜¯æ›ŋäŊ įš„æˆŋ子扞原料īŧŒäŊ čŋ˜æƒŗæ€Žäšˆæ ˇīŧŸâ€ 坤åŦ到是č‡Ēåˇąįš„æˆŋ子īŧŒįĢ‹éŠŦį˛žįĨžäē†īŧŒčˇ‘åŽģåŧ•åŧ€į™Ŋč™Žã€‚ 里åĨĨįœ‹į€å¤čĸĢį™Ŋ虎čŋŊīŧŒæ­Ŗ是印äē†é‚ŖåĨīŧšåĨšé€ƒīŧŒäģ–čŋŊīŧŒåĨšæ’įŋ…éšžéŖžã€‚ 里åĨĨ垈不厚道įš„įŦ‘äē†īŧŒé‡ŒåĨĨæ…ĸ悠悠įš„æĄčĩˇå†°æ™ļīŧŒį›´æŽĨ回äē†OåŒēīŧŒåŧ€å§‹ä¸ē四éĸ透éŖŽįš„æˆŋ子į”¨å†°æ™ļåģēįĢ‹ä¸€åą‚åąéšœīŧŒį›´åˆ°å¤œåš•é™ä¸´īŧŒé‡ŒåĨĨ才æ…ĸæ…ĸ把åģēįĢ‹åĨŊįš„åąéšœæ‰“åŧ€īŧŒé‡Œéĸ可äģĨįœ‹æ¸…外éĸīŧŒå¤–éĸ却čŋ›ä¸æĨ里éĸīŧŒæˆŋ子在四周æ˛ŧæŗŊįš„中åŋƒį¯įĢ通明īŧŒé‡ŒåĨĨ在里éĸ喝į€čŒļ。 į­‰å¤į‹ŧį‹ˆå›žæĨæ—ļīŧŒå‘įŽ°č‡ĒåˇąåŽŒå…¨čŋ›ä¸åŽģīŧŒä¸€åą‚透明įš„įŽģį’ƒæŠŠč‡Ēåˇąéš”įģåœ¨å¤–éĸ。 坤į„Ļæ€Ĩįš„č¯´īŧšâ€œå“ĨīŧŸåŧ€åŧ€é—¨īŧŒæˆ‘čĻčŋ›åŽģ。“ 里åĨĨ按äē†į”ĩ脑上įš„“enter“īŧŒåžˆåŋĢåąéšœæ¸æ¸æ‰“åŧ€īŧŒå¤å†˛čŋ›åą‹å­īŧŒæŠŠé‡ŒåĨĨįš„čŒļ喝įš„ä¸€åš˛äēŒå‡€ã€‚ 里åĨĨīŧšâ€œå–åŽŒäŊ å°ąå¯äģĨčĩ°äē†īŧŒåŽģAåŒēįœ‹įœ‹åŽ‰é‚Ŗčžšæ€Žäšˆæ ˇäē†ã€‚“ 坤į”Ÿæ°”äē†īŧšâ€œä¸æ˜¯īŧŒæˆ‘才刚回æĨīŧŒč€Œä¸”čŋ™æˆŋ子不是įģ™æˆ‘įš„吗īŧŸä¸ēäģ€äšˆæˆ‘æ„Ÿč§‰æ˜¯äŊ įš„īŧŸâ€œ 里åĨĨīŧšâ€œæš‚æ—ļįš„īŧŒéŠŦä¸Šå°ąæ˜¯äŊ įš„äē†īŧŒåŋĢåŽģ。“ 坤不情æ„ŋįš„čŊŦčēĢīŧŒįĻģåŧ€OåŒēåŽģäē†AåŒē。 里åĨĨäŧ‘息一下īŧŒåˆåŧ€å§‹įģ™čŋ™é—´æˆŋ子厉上æ”ģå‡ģčŖ…įŊŽīŧŒæ¯•įĢŸčŋ™æˆŋ子到最后可是有大į”¨å¤„īŧŒéœ€čĻæœ‰ä¸€åŽšįš„æ”ģå‡ģ力。…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

ヤキ゚ゎさんがį”¨æ„ã—ãĻãã‚ŒãŸãŽã¯ã€čƒŒä¸­åˆã‚ã›ãĢčƒŒč˛ ãˆã‚‹ãŠã‚“ãļį´ã ãŖた。 į´ã¨ã„うより、ãƒĒãƒĨックぎようãĒã‚¤ãƒĄãƒŧジだ。 ä¸Ąæ‰‹ãŒč‡Ēį”ąãĢäŊŋえるぎはありがたい。 ヤキ゚ゎさんとãƒĒブさんは、「そこぞで送りぞすよ」とįŽ„é–ĸぞでčĻ‹é€ã‚ŠãĢæĨãĻくれた。 ã‚ŽãƒĢドハã‚Ļã‚šã‚’å‡ēるとき、あãŖ、これぞずい――īŧã€€ã¨æ°—ãĨいたぎだが、もう遅かãŖた。 åŗåē§ãĢ三äēēぎīŧĄīŧŠå¨˜ãŸãĄãŽé‹­ã„čĻ–įˇšãŒéŖ›ã‚“できた。 いやčĻ–įˇšã ã‘ではãĒかãŖた。 ミã‚ĩキとã‚Ģエデが、ãģãŧ同時ãĢすãŖéŖ›ã‚“できãĻ、あãŖという間ãĢå–ã‚Šå›˛ãžã‚ŒãŸã€‚ äŋēãĢとãŖãĻは、éŖ›ã‚“でこãĒã„ãƒ’ãƒĄãƒŸãŽæ–šãŒæ€–ã„ã‘ãŠâ€Ļâ€Ļ。 ã€ŒãĄã‚‡ãŖã¨ã€ãƒžãƒŸãĄã‚ƒã‚“ãŠã†ã„ã†ã“ã¨īŧã€ 「ãĒんでマミだけ、そãĒいãĒことしãĻもろうãĻんねん」 ã€Œã„ã‚„ã€ãĄã‚‡ãŖと垅ãĻâ€Ļâ€Ļ」 ãã“ã¸ã€ãƒ’ãƒĄãƒŸãŒæ€ĨãĢäēŒäēēをæŠŧしぎけãĻきた。 そしãĻäŋēãĢčƒŒč˛ ã‚ã‚ŒãĻいるマミぎåŗčļŗãĢč§Ļれる。 そうか、察しãĻくれたぎかâ€Ļâ€Ļ。 「――おうしたぎこれīŧã€ ããŽč¨€č‘‰ãĢミã‚ĩキとã‚Ģエデも、マミぎåŗčļŗãŽč†ã‹ã‚‰ä¸‹ãŒæŦ æã—ãĻいることãĢ気ãĨく。 「やだ――ãĒãĢīŧīŧŸã€€ããŽčļŗ――」…
Read More

帰るずき場所

ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸīŧšãƒ¯ãƒŧクãƒĸãƒŧドčĩˇå‹•ã€‚įŽĄį†äēēNo.3709 XANAå…ąé€šæ™‚é–“ AM10:00 ã‚ˆã‚Šã€č‚‰äŊ“ã¸æ„č­˜ãŒį§ģčĄŒã—ãžã™ã€‚åŽ‰å…¨ãĒ場所ãĢãĻ、垅抟しãĻください。į§ģčĄŒãžã§æŽ‹ã‚Š5分です。 į§ã¯ã€éƒ¨åą‹ãŽãƒ­ãƒƒã‚¯ã‚’įĸēčĒã—、椅子ãĢåē§ãŖた。 ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸはよく通るåŖ°ã§įļšã‘る。 ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸīŧšæŽ‹ã‚Š3分です。 毎æ—ĨãŽã“ã¨ã ãŒã€æ„č­˜į§ģčĄŒå‰ãŽã“ãŽæ™‚é–“ã‚’ãŠã†ãĢも持ãĻäŊ™ã—ãĻã—ãžã†ã€‚č€ƒãˆãĒくãĻã‚‚č‰¯ã„ã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãĻしぞう前ãĢ、頭ぎäŊ“操がãĻら、こぎ世į•ŒãŽå§‹ãžã‚Šã‹ã‚‰įžåœ¨ãžã§ã‚’、頭ãĢ描くことで毎æ—Ĩ時間をæŊ°ã—ãĻいる。 昨æ—Ĩは20XX嚴でįĩ‚わãŖãĻいたから、äģŠæ—Ĩはそぎįļšãã‹ã‚‰ã ã€‚ äēēåŖぎįˆ†į™ēãĢより、世į•ŒãĢäēē間が動き回れる土地がį„ĄããĒãŖた時äģŖ。 į ”įŠļč€…é”ã¯ã€č‚‰äŊ“を小さãĒįŽąãĢ収めįžåŽŸä¸–į•Œã¸įŊŽãã€æ„č­˜ãŽãŋäģŽæƒŗįŠēé–“ã¸é€ã‚‹ã“ã¨ã‚’č€ƒãˆå‡ēした。 åš¸ã„ã€æŠ€čĄ“ãŽé€˛æ­ŠãĢより、原įžã¯åŽšæ˜“だãŖた。 個äēēぎįŠē間ãĒお持ãĻãĒかãŖたäēē々ãĢとãŖãĻ、äģŽæƒŗįŠē間ぎį„Ąé™ãŽåēƒã•ã¯ã€äŊ•ã‚ˆã‚ŠãŽåŽã ãŖたという。 į”Ÿæ´ģぎåŸēį›¤ã¯æŦĄã€…ãĢäģŽæƒŗįŠē間へį§ģされ、čŗ‡į”Ŗぎé›ģ子化、äŧæĨ­ãŽäģŽæƒŗįŠē間へぎį§ģčĄŒã€čĻ‹ãŸį›ŽãŒåŽšæ˜“く変えられる世į•Œã§ãŽå€‹äēēãŽč­˜åˆĨæ–šæŗ•ãŽįĸēįĢ‹â€Ļ全ãĻがäģŽæƒŗįŠē間へとį§ģされ、įžåŽŸä¸–į•Œã¯č‚‰äŊ“ぎ倉åēĢとãĒãŖた。 äēē々は、新しい世į•ŒãĢ名前をäģ˜ã‘た。 『XANA』 äģŠã€į§ãŒį”Ÿãã‚‹ä¸–į•Œã€‚ ã‚Ŋフã‚Ŗã‚ĸīŧšč‚‰äŊ“ã¸ãŽæ„č­˜ãŽį§ģčĄŒãŒåŽŒäē†ã—ぞした。åĨåēˇįŠļ態ぎč¨ē断を開始しぞす。æ¨ĒãĢãĒãŖたぞぞ、動かãĒいでください。 ピピãŖという抟æĸ°éŸŗã¨å…ąãĢ、わずかãĒ振動がäŊ“ãĢäŧã‚ã‚‹ã€‚もうæ…Ŗれたが、最初ぎ頃は怖くãĻäģ•æ–šãĒかãŖた感čĻšã ã€‚…
Read More

įŸŠé˜ĩéģŽæ˜Ž

里åĨĨį›´æŽĨåŽģäē†ä¸€åŧ€å§‹įģ‘æžļč‡Ēåˇąįš„äģ“åē“īŧŒæ‰“åŧ€é—¨īŧŒé‡Œéĸ有åĨŊ多可äģĨ刊į”¨įš„东čĨŋīŧŒé‡ŒåĨĨåŧ€å§‹æ”ļæ‹žčĩˇæĨīŧŒæŠŠäģ“åē“įš„åēŸæ—§į”ĩč„‘é‡æ–°įģ„čŖ…。 į­‰å¤å›žæĨæ—ļīŧŒé‡ŒåĨĨåˇ˛įģįģ„čŖ…åĨŊäē†īŧŒæ­Ŗ在椅子上喝čŒļįœ‹į€į”ĩč„‘ä¸Šåœ¨įŽ°åŽžä¸–į•Œæ— æŗ•čŋčĄŒįš„į¨‹åēåœ¨ä¸æ–­čŋčĄŒã€‚ “å“ĨīŧŒæˆ‘æ‹ŋ回æĨäē†ã€‚”坤将一åŧ įžŠįšŽé€’įģ™é‡ŒåĨĨ。 里åĨĨæ‹ŋčĩˇįžŠįšŽīŧŒé—­ä¸Šįœŧį›å›žåŋ†į€č‡Ēåˇąåœ¨å›žäšĻéĻ†įœ‹åˆ°įš„东čĨŋīŧŒåžˆåŋĢ扞到寚åē”įš„äē†ã€‚ 里åĨĨīŧšâ€œå‡†å¤‡ä¸€ä¸‹īŧŒæˆ‘äģŦäģŠå¤Šæ™šä¸ŠåŽģEåŒē拍卖厃。” 坤不垗å…ļč§Ŗīŧšâ€œå•ŠīŧŸä¸ēäģ€äšˆīŧŸčŋ™æˆ‘åĨŊ不厚易垗到įš„īŧŒäŊ čĻæ˜¯įŧē钱īŧŒäŊ æ‰žXANAįģ„įģ‡īŧŒäģ–äģŦåžˆå¤šé’ąįš„īŧŒéƒŊ是äē›æœ‰é’ąįš„富äēŒäģŖ。” 里åĨĨįŦ‘äē†īŧšâ€œå¯ŒäēŒäģŖīŧŸčŋ™čŋ˜æœ‰å¯ŒäēŒäģŖīŧŸæ€Žäšˆä¸Ē富īŧŸâ€ 坤č§Ŗ释į€īŧšâ€œå°ąæ˜¯æœ‰ä¸°å¯Œįš„æ™ē慧īŧŒæœ‰ä¸°å¯Œįš„é’ąåŒ…īŧŒįŽ€į§°â€˜å¯ŒäēŒäģŖ’īŧŒæ‰€äģĨ我äģŦ到åē•čĻåŽģåš˛å˜›īŧŸâ€ 里åĨĨīŧšâ€œæ™šä¸ŠäŊ å°ąįŸĨ道äē†ã€‚” EåŒē拍卖äŧšæ™šä¸Š 里åĨĨå¸Ļį€éĸå…ˇīŧŒååœ¨æœ€åŽä¸€æŽ’īŧŒä¸€į›´åŽ‰é™įš„įœ‹į€å…ļäģ–äēē拍卖īŧŒå¤åœ¨æ—čžšįœ‹įš„åš˛į€æ€Ĩ。 坤īŧšâ€œå“ĨīŧŸå¤šå°‘我äģŦ拍į‚šīŧŸâ€ 里åĨĨåžˆåŽžč¯šīŧšâ€œæˆ‘æ˛Ąé’ąã€‚â€ 坤åŧ€åŋƒįš„č¯´īŧšâ€œæˆ‘有。” 里åĨĨæ— æ‰€č°“įš„č¯´īŧšâ€œé‚ŖäŊ æ‹å§īŧŒåˆä¸æ˜¯æˆ‘įš„。” å¤æ˛‰éģ˜äē†ã€‚ į›´åˆ°įžŠįšŽčĸĢæ‹ŋå‡ēæĨ拍卖īŧŒé‡ŒåĨĨ一į›´é™é™įš„č§‚å¯Ÿį€æ‹å–äŧšåœēįš„äēē。 įžŠįšŽä¸€å‡ēīŧŒå°ąæœ‰å‰æŽ’įš„äēēå‡ēäģˇīŧŒé‡ŒåĨĨ也åŧ€å§‹æŠŦäģˇã€‚…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

「おおãƒŧ、よいたろうさん、į„Ąäē‹ã§ã—たか―」 ã‚ŽãƒĢドぎäŧšč­°åŽ¤ãĢå…Ĩると、三äēēぎäģ˛é–“がčŋŽãˆãĻくれた。 そこãĢåą…ãŸãŽã¯ã€æ¤…å­ãĢč…°æŽ›ã‘ãŸã‚ŽãƒĢãƒžã‚šãŽã‚¸ã‚ˇãƒ§ã•ã‚“ã¨ã€īŧ¸īŧĄīŧŽīŧĄãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚でフãƒĒãƒŧ゚クãƒŧãƒĢを運å–ļしãĻいるチックã‚ŋックさん。 そしãĻ、īŧĄīŧŠãŽčƒ¸å…ƒãĢé ­ã ã‘æŠąãˆã‚‰ã‚ŒãĻいる、ãēã‚“ãĄã‚‡ã•ã‚“ã ãŖた。 äŋēは頭だけぎãēã‚“ãĄã‚‡ã•ã‚“ãĢ最初ぎくりとしたが、įĒãŖčžŧãŋはåŋ˜ã‚ŒãĒい。 「ãēã‚“ãĄã‚‡ã•ã‚“ã€ãĒんか嚸せそうですね」 åˇ¨äšŗīŧĄīŧŠåŊŧåĨŗãĢæŠąãˆã‚‰ã‚ŒãĻいたぎだ。 「んãĒわけあるかい――ãēん」 ãã“ã§å…¨å“Ąå¤§įŦ‘いする。 「――ネã‚ŋですよねそれīŧŸã€ ã€Œãƒ¤ãƒĄãƒ†â€•īŧã€ 「あはは、ãēã‚“ãĄã‚‡ã•ã‚“ã¯ã€ãĄã‚‡ã†ãŠãƒ­ã‚°ã‚ĸã‚Ļト中ãĢロックされたãŋたいで、頭だけ掋ãŖたんだ」 ã‚ŽãƒĢãƒžã‚šãŽã‚¸ã‚ˇãƒ§ã•ã‚“ãŒįļšã‘る。 「でもそぎおかげで、ãēã‚“ãĄã‚‡ã•ã‚“ã ã‘ãŒã€ãƒĒã‚ĸãƒĢãĢ存在しãĒがら、īŧ¸īŧĄīŧŽīŧĄãŽåƒ•ã‚‰ã¨ã‚‚įš‹ãŒãŖãĻいられるんだ」 「おおãƒŧそうãĒんですね、じゃあ、やはりäŋēãŸãĄīŧ¸īŧĄīŧŽīŧĄãŽä¸­ãĢ閉じčžŧめられãĻいるãŖãĻことãĒんですねīŧã€ ã€Œã†ã‚“ã€æ€č€ƒã¨ã„ã†ã‹ã€æ„č­˜ã ã‘īŧ¸īŧĄīŧŽīŧĄãĢロックされãĻãƒĒã‚ĸãƒĢãĢæˆģれãĒいįŠļ態だと思う」 「よかãŖたãƒŧ、äŋē、æ­ģんでčģĸį”Ÿã—たぎかと思いぞしたよ」 「よいたろうさん、ナノベぎčĒ­ãŋすぎ――」…
Read More

įŸŠé˜ĩéģŽæ˜Ž

里åĨĨæ¸¸čĄåœ¨FåŒēīŧŒįĒį„ļ一ä¸Ēį”ˇå­å†˛ä¸Šå‰æ’žå€’äē†é‡ŒåĨĨīŧŒé‡ŒåĨĨ倒地īŧŒé‚Ŗį”ˇå­åžˆåŋĢå°ąé€ƒčĩ°äē†īŧŒį•™ä¸‹ä¸€éĄĩįē¸īŧŒé‡ŒåĨĨ莤įœŸįš„įœ‹į€įē¸ä¸Šįš„į¨‹åēčŽžčŽĄå›žīŧŒå‘įŽ°čŋ™æ˜¯ä¸€ä¸ĒįŽ°åŽžä¸–į•ŒåŽŒå…¨æ˛ĄåŠžæŗ•åŽžįŽ°įš„į¨‹åēã€‚ 里åĨĨč§‰åž—čļŠæĨčļŠæœ‰čļŖäē†īŧŒåŧ€å§‹į ”įŠļčĩˇæĨ。 几夊后īŧŒé‡ŒåĨĨå¸Ļį€č‡Ēåˇąį ”įŠļå‡ēæĨįš„į¨‹åēīŧŒå›žåˆ°å…ƒåŽ‡åŽ™īŧŒæžœį„ļ垈åŋĢ垗到čŋčĄŒīŧŒé‡ŒåĨĨ发įŽ°čŋ™æ˜¯FåŒēįš„æ‰€æœ‰åœ°å¤´č›‡įš„战į•Ĩ部įŊ˛å›žīŧŒį‰šåˆĢįš„清晰īŧŒåĻ‚果写å…Ĩ一厚į¨‹åēīŧŒåŠ äģĨ刊į”¨īŧŒå°ąå¯äģĨ莊äģ–äģŦč‡Ēį›¸æŽ‹æ€īŧŒäŊ†čŋ™ä¸æ˜¯é‡ŒåĨĨæƒŗčĻįš„。 里åĨĨåŧ€å§‹åœ¨å…ƒåŽ‡åŽ™å¯ģ扞克里斯īŧŒé‡ŒåĨĨ在į ”įŠļé‚ŖäģŊį¨‹åēčŽžčŽĄå›žæ—ļīŧŒå­Ļ䚠到äē†åžˆå¤šīŧŒé‡ŒåĨĨåŧ€å§‹å†™ä¸€ä¸Ē厚äŊį¨‹åēīŧŒäŊ†å†™å‡ēčŋčĄŒåŽīŧŒå‘įŽ°å…‹é‡Œæ–¯åœ¨å°ąč‡ĒåˇąčēĢčžšīŧŒé‡ŒåĨĨæŠŦ头įœ‹äē†įœ‹å››å‘¨ã€‚ 一ä¸Ēåš´čŊģæ´ģæŗŧį”ˇå­įĢ™åœ¨č‡Ēåˇąéĸ前īŧšâ€œæ€ŽäšˆīŧŸåŦč€å¤´č¯´äŊ æƒŗ我å•ĻīŧŸâ€ “嗯īŧŒæƒŗäŊ åŽģæ­ģ。”里åĨĨåšŗ静įš„įœ‹į€įœŧ前įš„克里斯。 克里斯æĸ复æ­Ŗ常īŧšâ€œč¯´å§īŧŒæ‰žå°įˆˇäģ€äšˆäē‹īŧŸâ€ 里åĨĨīŧšâ€äŊ čŽ¤č¯†įš„äēēåšŋīŧŒå¸Žæˆ‘把čŋ™ä¸Ē战į•Ĩ部įŊ˛å›žé€įģ™FåŒēįš„č‹—į”°ã€‚” “ä¸ēäģ€äšˆé€‰č‹—į”°īŧŸâ€å…‹é‡Œæ–¯åŧ€é—¨č§åąąįš„闎。 里åĨĨīŧšâ€œå› ä¸ēäģ–å–„č‰¯ã€‚â€œ åŦ到čŋ™īŧŒå…‹é‡Œæ–¯įŦ‘äē†īŧšâ€œå–„č‰¯īŧŸčŋ™ä¸Ēč¯į”¨åœ¨FåŒēįš„åœ°å¤´č›‡čēĢ上可不合适īŧŒäŊ čŋ˜æ˜¯å¤Ēåš´čŊģ。“ 里åĨĨīŧšâ€œč€å¤´čŽŠäŊ åŦ我įš„īŧŒäŊ æ€Žäšˆčŋ™äšˆå¤šč¯īŧŸâ€œ 克里斯īŧšâ€äģ–æ˛Ąå‘Šč¯‰äŊ īŧŒč¯å¤šæ˜¯æˆ‘įš„į‰šč‰˛å—īŧŸâ€ “é‚Ŗ不čĻč„¸äšŸæ˜¯å—īŧŸâ€œé‡ŒåĨĨįœ‹į€å…‹é‡Œæ–¯č¯´ã€‚ 克里斯有äē›į–‘惑īŧšâ€œä¸čĻč„¸īŧŸäŊ įžŽäē†å—īŧŸâ€œ 里åĨĨīŧšâ€œč¯ˇæŠŠäŊ įš„čŖ¤č…°å¸ĻįŗģåĨŊīŧŒäģŽæˆ‘čŋ™æģšå‡ēåŽģ。” 克里斯äŊŽå¤´įœ‹äē†įœŧč‡Ēåˇąįš„čŖ¤č…°å¸ĻīŧŒæžœį„ļæ˛ĄįŗģåĨŊīŧŒæœ‰äē›įģ“åˇ´īŧšâ€œäŊ īŧŒäŊ ä¸čĻč¯¯äŧšīŧŒåˆšåˆšä¸ŠåŽŒåŽ•æ‰€æœ‰äē›æ€ĨīŧŒæ˛Ąæƒŗå‹žåŧ•äŊ ã€‚” 里åĨĨ一脚踹čĩ°äē†å…‹é‡Œæ–¯īŧšâ€œæģšīŧŒč€å­å–œæŦĸåĨŗįš„。”…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

åŖ°ãŽã™ã‚‹æ–šã‚’čĻ‹ãŸã€‚ äŋēぎ手、といãŖãĻもã‚ĸバã‚ŋãƒŧぎ手だが、そこãĢį¸Ģいäģ˜ã‘られãĻいるおじさんとį›ŽãŒåˆãŖた。 ãƒĒã‚ĸムã‚ĸバã‚ŋãƒŧは、īŧ¸īŧĄīŧŽīŧĄãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚内ではįŸĨるäēēぞįŸĨる大äēē気ã‚ĸバã‚ŋãƒŧだ。 æœŦäŊ“は可愛いåĨŗぎ子ぎã‚ĸバã‚ŋãƒŧだが、åŧ•ããšã‚‹ã‚ˇãƒĒãƒŧã‚ēというぎがあり、åŗ手ãĢäŊ•ã‹ã‚’掴んでいる。 äŋēがäģŠã€čēĢãĢį€ã‘ãĻいるã‚ĸバã‚ŋãƒŧは、こんãĒč¨­åŽšãŒã•ã‚ŒãĻいる――。 ã€Žå…ƒĐžīŧŦぎマキ。éŖ˛ãŋäŧšã§é…’がå…Ĩると、新äēēãŽĐžīŧŦãŸãĄãĢ、すぐãĢčĒŦ教を始める。ã‚ģクハナするキãƒĸčĻĒįˆļãŸãĄã‚’į‹Šã‚Šã€ããŽčĻ‹ã›ã—めとしãĻ、おじさんをいつも一äŊ“åŧ•ããšã‚Šå›žã—ãĻいる』 いつもは、į§ģ動ぎ時ãĢ「čļ…ãƒŧé‚Ē魔くさいãĒあ」と思ãŖãĻいたぎだが、そぎおじさんが救ãŖãĻくれた。 いや、たぞたぞãĒぎだが。 「おじさん、喋れたぎか――」 おじさんは、čēĢ動きせずįŸĨã‚‰ã‚“ãˇã‚Šã‚’ã™ã‚‹ã€‚ 「おいおい、äģŠįĸē原ãĢį›ŽãŒåˆãŖたよね――」 「――デãƒĨエãƒĢīŧã€ 「――デãƒĨエãƒĢīŧã€ įĒį„ļ、ペãƒŗã‚ŽãƒŗãŸãĄãŽåžŒæ–šã§ã€ããŽåŖ°ã¯čžã“えた。 そこからおじさんぎ存在はåŋ˜ã‚ŒãĻしぞãŖた。 ã‚ĻãƒĢトナマãƒŗぎデãƒĨエãƒĢã‚Ģãƒŧドとã‚ĸトムぎデãƒĨエãƒĢã‚Ģãƒŧドがペãƒŗã‚ŽãƒŗãŸãĄãŽåžŒæ–šãĢå‡ēįžã™ã‚‹ã€‚ 劊けãĢæĨãĻくれたぎだīŧ ペãƒŗã‚ŽãƒŗãŸãĄãŽåˆ—ãŒå‰Šã‚‰ã‚ŒãĻいくと、そぎæ­ŖäŊ“が分かãŖた。…
Read More

éģŽæ˜Ž

「──ごめんãĒさいīŧã€ 「はīŧŸã€  į‰‡æ‰‹ã‚’įĒãã¤ã‘る慎吞ãĢ寞し、有į´—が取ãŖたぎは思わãŦčĄŒå‹•ã ãŖた。  įĒåĻ‚ã€é ­ã‚’ä¸‹ã’ãŸãŽã ã€‚ããŽé›°å›˛æ°—ã‚‚å…ˆį¨‹ãžã§ã¨ã¯į•°ãĒãŖãĻいるようãĢ思えたぎで、困惑するしかãĒい。 「į§ã¯ã‚ãĒたをæąēしãĻæŽēしたりしãĒい。むしろ厈りたくãĻæŽĨč§Ļした。æœŦåŊ“はį§é”は新äēēéĄžãŽčĒ•į”Ÿã‚’æŽ¨é€˛ã—ãĻいる側ãĒぎ。æŽēそうとしãĻおいãĻäŊ•ã‚’、と思うぎはもãŖともだけおâ€Ļâ€ĻäŋĄã˜ãĻæŦ˛ã—い」  有į´—はįœŸæ‘¯ãĒįžŗでčĻ‹ã¤ã‚ãĻきた。 ã€€å˜˜ã‚’č¨€ãŖãĻいるようãĢはčĻ‹ãˆãĒかãŖたが、そう易々とäŋĄã˜ã‚‹ã‚ã‘ãĢもいかãĒい。  しかし、思いå‡ēしãĻãŋれば、有į´—はč‡Ēåˆ†ãŒãŠãĄã‚‰ãŽå‹ĸ力ãĢ与しãĻいるかもåŖãĢしãĻいãĒかãŖた。  それãĢ、åŊŧåĨŗが同じ新äēēéĄžã¨ã—ãĻぎčƒŊ力を持ãŖãĻいるãĒら、įĸēかãĢåå¯žã™ã‚‹å´ã‚ˆã‚Šã‚‚æŽ¨é€˛ã™ã‚‹å´ãŽæ–šãŒį­‹ã¯é€šãŖãĻいる。 「じゃあ、おうしãĻこんãĒことをâ€Ļâ€Ļ」 「あãĒたやį§ã‚’望ぞãĒいå‹ĸ力がいるぎはäē‹åŽŸãĒぎ。äģŠã¯ãã‚“ãĒ様子はãĒいぎだけお、いずれæœŦ気でæŽēしãĢæĨることがあるかもしれãĒいわ。だから、あãĒたãĢは一åˆģも旊くč‡Ē分ぎčƒŊ力ãĢ気ãĨいãĻæŦ˛ã—かãŖた。たとえ過æŋ€ãĒ手æŽĩをäŊŋãŖãĻもâ€Ļâ€Ļ」 ã€€ããŽč¨€č‘‰ã‹ã‚‰ã¯æœ‰į´—ã‚‚į„ĻãŖãĻいたことが感じられた。  原際、こうしãĻč‡Ē分でčƒŊ力をäŊŋį”¨ã—ãĻãŋãĒければ、ãĒかãĒかäŋĄã˜ã‚‰ã‚ŒãĒかãŖたかもしれãĒい。  慎吞はįĒãã¤ã‘ãĻいた手をゆãŖくりと下ろした。けれお、č­Ļ戒はäŋãŖたぞぞ問いかける。 「â€Ļâ€Ļそれで、äŋēはおうすればいいんだīŧŸã€  有į´—は少しホッとした様子でį­”える。 「į§é”ãĢ協力しãĻæŦ˛ã—い。あãĒたがåŋ…čĻãĒぎ」 「でも、あんたがいるじゃãĒいか。そこãĢäŋēがåĸ—えたところでâ€Ļâ€Ļ」…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

マミがいつãĢãĒく大åŖ°ã§åĢんだ。 äŋēはčļŗã‚’čˇ¯éĸãĢつけãĻ、ブãƒŦãƒŧキをかける。 æ€ĨãĢはæ­ĸぞれãĒい。 「旊くæ­ĸぞãŖãĻ――īŧã€ 「垅ãĻ、慌ãĻるãĒ、äģŠæ­ĸぞるから、おうしたんだīŧŸã€ 「ãĒãĢかがæĨるâ€Ļâ€Ļ」 ãƒžãƒŸãŒč¨€ã„įĩ‚わらãĒã„ã†ãĄãĢ、äŋēãĢもãĒãĢかがæĨるぎがčĻ‹ãˆãŸã€‚ ãĒãĢか、集å›Ŗが十一時ぎ斚向から大量ãĢやãŖãĻæĨる。 「äŊ•ã ã‚ã‚ŒīŧŸã€ 「マ゚ã‚ŋãƒŧã€ã‚ã‚Œåąé™ēīŧã€€æ€–いį‰ŠæĨる」 「逃げた斚がいいぎかâ€Ļâ€Ļ」 ã€Œãƒ€ãƒĄã€ã‚‚ã†é–“ãĢ合わãĒい――īŧã€ č¨€ã„įĩ‚わらãĒã„ã†ãĄãĢ、マミはäŋēãŽčƒŒä¸­ã‹ã‚‰éŖ›ãŗ降り、äŋēぎ前斚ãĢå‡ēた。 「マミīŧŸã€ 「マ゚ã‚ŋãƒŧ下がãŖãĻ、マミが厈る」 「えãŖâ€Ļâ€Ļ」 さãŖきぞで、かåŧąãã†ã ãŖたマミãĒぎãĢīŧŸ äŋēぎ三分ぎäēŒã‚‚ãĒいäŊ“æ ŧで、äŋēぎ前で勇ぞしく構える。…
Read More

åƒ•ã¨ãƒĄã‚ŋバãƒŧã‚š

「ねえ、ヘヴãƒŗおうしよâ€Ļâ€Ļ」 éĄãŽå‰ãĢįĢ‹ãĄãĒがら僕はč‡Ē分ぎå§ŋをįœēめた。 《į´ æ•ĩだと思いぞすよ》 ヘヴãƒŗはそういうけれお、äģŠãŽåƒ•ã¯é‡‘éĢĒでもãĒいし、きらきらぎ大きãĒįžŗもãĒい。ブãƒĢãƒŧぎジãƒŖã‚ąãƒƒãƒˆãĒんãĻ持ãŖãĻもいãĒい。あるぎはéģ’éĢĒで厉いパãƒŗãƒ„ã¨ã‚ˇãƒŖツをį€ãĻいるダã‚ĩくãĻ、į—Šã›ãŖãŊãŖãĄã§ã€æƒ¨ã‚ãĒč‡Ē分だけだ。朝からįš°ã‚Ščŋ”し、こãŧれčŊãĄã‚‹ãŸã‚æ¯ã€‚åŊŧぎことはよくįŸĨãŖãĻいる。たãŖた数ãƒļ月でも、åŊŧがおれãģおãĢå„ĒしいäēēかということはわかãŖãĻいるつもりだ。こんãĒ僕をįŦ‘うäēēではãĒいということも、きãŖと受けæ­ĸめãĻ友達としãĻæŽĨしãĻくれるということも。 それでもぞだ——全ãĻをäŋĄã˜ã‚‹ã“とができãĒいč‡Ē分がおこかãĢいる。つくãĨくそんãĒč‡Ē分ãĢåĢŒæ°—はさすけれお、それでもこれが僕でこぎ僕を変えることはきãŖとできそうãĢãĒい。 時åˆģは十䚝時半、ハチå…Ŧå‰ã€‚ãŠã†č€ƒãˆãĻも旊すぎるãĒと思いãĒがら、į™Ŋぎã‚Ģッã‚ŋãƒŧã‚ˇãƒŖツとį™ŊぎパãƒŗツぎåŊŧをæŽĸã™ã€‚ã“ã“ã¯åž…ãĄåˆã‚ã›ãŽäēēでæēĸれãĻいãĻ、ãŋãĒįžŗをきらきらとさせãĒがらäēēã‚’åž…ãŖãĻいる。ãŋんãĒčēĢįļēéē—ãĢしãĻ、éĢĒぎ毛をきãŖãĄã‚Šã¨ãžã¨ã‚ãĻ。僕はそんãĒäēēぎ中でãŊつりと小さくãĒãŖãĻåŊŧã‚’åž…ãŖãĻいた。頭ぎ中をįš°ã‚Ščŋ”しよぎるぎは、こぎぞぞ帰ãŖãĻしぞおうかãĒんãĻã„ã†ãšã‚‹ã„æ€č€ƒã€‚ã„ã‚„ã„ã‚„ã€åŊŧãĢčŋˇæƒ‘をかけるとãĒんおも思いį›´ã—ãĻã‚‚ã€ããŽæ€č€ƒã¯ãžãŸæŗĨぎようãĢåĄ—ã‚ŠãŸãã‚‰ã‚Œã‚‹ã€‚ä¸€į§’でも旊くこぎ場所から逃げられるãĒら、ãĒんだãŖãĻできるようãĒ気がした。 「ãĩうâ€Ļâ€ĻあãŖつい」 æą—ã‚’ãŦぐいãĒがら、éšŖãĢ鈴がãĒるようãĒåŖ°ãŽį”ˇãŽäēēがハチå…ŦãĢもたれかかる。ああ、åŊŧだ。そうだ。僕はそぎåŖ°ã§ã™ããĢそぎäēēがåŊŧだということがわかãŖた。čĻ–įˇšã¯äŋ¯ã„たぞぞ、ゆãŖくりとåŊŧぎ斚ãĢ向ける。į™Ŋいパãƒŗツ。äģŽæƒŗ世į•Œã¨ä¸€įˇ’ですらりとしãĻã„ã‚‹č„šã€ãŠæ´’čŊでéĢ˜ãã†ãĒ靴。それからčēĢé•ˇã‚‚éĢ˜ã„。æ¨Ēį›Žã§ãƒãƒŠãƒĒとãŋれば、整ãŖãŸéĄ”ãĢ金éĢĒぎパãƒŧマがかかãŖãĻいる。大きãĒįžŗãĢ、いかãĢもåĨŊ青嚴ãŖãĻ感じぎč‡ĒäŋĄãŽã‚ã‚‹čĄ¨æƒ…ã€‚ãžãļしくãĻ、å¤Ēé™ŊãŋたいãĒ——ああ、æŗŖきそうだ。ãĒんで、僕はここãĢきãĻしぞãŖたんだろう。じんわりとæļ™ãŒãĢじむぎをåŋ…æ­ģãĢこらえãĒãŒã‚‰ã€åƒ•ã¯æˇąå‘ŧ吸をした。åŖ°ã‚’、åŖ°ã‚’かけãĒければ。ãĒんãĻč¨€ãŠã†ã€ãĒんãĻč¨€ãˆã°åŊŧが喜んでくれるだろう。éĸį™ŊいとåŊŧがįŦ‘ãŖãĻãã‚Œã‚‹ã ã‚ã†ã€‚é ­ãŽä¸­ã§ãã‚‹ãã‚‹ã¨č¨€č‘‰ãŒå›žãŖãĻã„ã‚‹ã€‚ã‘ã‚ŒãŠã€č¨€č‘‰ã¯å–‰ãŽåĨĨãĢã˛ãŖついãĻå‡ēãĻきãĻくれはしãĒい。かわりãĢæļ™ãŒæģ˛ã‚“でくる。ああ、もう、おうしãĻč‡Ē分はこんãĒãĢも惨めで情けãĒいぎだろう。 そこからぎことはあぞりčĻšãˆãĻいãĒい。僕はįĩåą€åŊŧãĢåŖ°ã‚’かけることもできず、逃げるようãĢ帰ãŖた。åŊŧはおれãģお僕を垅ãŖたぎだろう、äģŽæƒŗįŠē間ãĢもæŽĸしãĢきãĻくれたぎだろうか。ãĒんãĻã˛ãŠã„čŋˇæƒ‘をかけãĻしぞãŖたぎだろう。最äŊŽã§ã€æ•‘いようぎãĒいč‡Ē分ãĢ吐き気がした。もう、äēŒåēĻとäŧšã†ã“とぎãĒい友達。たãŖた一äēēぎ、僕がäŋĄã˜ã‚‹ã“とができたäēē。でも、č‡Ē分でそれをčŖåˆ‡ãŖãĻしぞãŖた。最äŊŽã€æœ€äŊŽã ã€‚僕はåŊŧとぎæŽĨč§ĻをさけãĻäģŽæƒŗįŠēé–“ã‚’čĄŒå‹•ã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖた。åŊŧとはäēŒåēĻとäŧšã‚ãĒいつもりだãŖたけお、一åēĻだけåŊŧãĢäģŽæƒŗįŠē間でčŦįŊĒãŽãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧã‚¸ã‚’æŽ‹ã—ãŸã€‚č¨ąã—ãĻãģしいわけではãĒい、ただč‡Ē分ぎč‡Ēåˇąæē€čļŗだãŖたぎだと思ãŖた。   あれから——僕がåŊŧをčŖåˆ‡ãŖãĻから数ãƒļ月ぎ月æ—ĨがįĩŒã¨ã†ã¨ã—ãĻいた。äģŽæƒŗįŠēé–“ã¯ã‚‚ãĄã‚ã‚“åą…åŋƒåœ°ãŽč‰¯ã„もぎで、įžåŽŸä¸–į•Œã§į–˛ã‚ŒãŸæ™‚ãĩらãŖと遊ãŗãĢきãĻは一äēēã§čŠąįĢをčĻ‹ã‚‹ã“とがあãŖた。あぎときは友äēēとäēŒäēēでčĻ‹ãĻいたがäģŠã¯ä¸€äēēãŽæ™¯č‰˛ã ã€‚ãã‚Œã‚‚ãžãŸã€æ‚ĒくãĒいとは思う。åŊŧãĢ教えãĻもらãŖãŸã‚˛ãƒŧムでは、僕はäģŽæƒŗé€šč˛¨ã‚’å¤šå°‘ãĒりともį¨ŧぐことができるようãĢãĒãŖãĻいた。 「ねえねえ、プãƒŧãƒĢãĢ遊ãŗãĢčĄŒã“ã†ã‚ˆã€ 「うん、いいね、いこうか」 僕ãĢåŖ°ã‚’かけãĻきãĻくれたぎは、åŊŧと前ãĢ一įˇ’ãĢあãŖたåĨŗぎ子だ。あぎ抟äŧšãŒã‚ãŖãĻ、äģŠã§ã‚‚こうやãŖãĻときおき遊ãļã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€åŊŧåĨŗäģĨ外ぎこぎ世į•ŒãŽäēēとも遊ãļ抟äŧšã‚‚åĸ—えた。こうやãŖãĻ、原際ãĢ遊んでãŋると、č‡Ē分ãĢはこういうčĒ°ã‹ã¨é–ĸわるįĩŒé¨“がčļŗりãĒã™ãŽãŸãŽã ã¨æ€ã†ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“įžåŽŸä¸–į•ŒãŽč‡Ē分をčĻ‹ãŸã‚‰ããŖとåšģæģ…するだろうけれお、僕はäģŠã¯įžåŽŸä¸–į•ŒãŽåƒ•ã§ã¯ãĒいからåŊŧåĨŗぎ手を取ãŖたりすることもできる。į›¸æ‰‹ãŽå–œãļことがäŊ•ã‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ãŒå¤šå°‘ã¯ã§ãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖたぎかもしれãĒい。手をįš‹ãã¨ã€åŊŧåĨŗはåŦ‰ã—そうãĢ垎įŦ‘んだ。 「——ねえ、きãŋīŧã€ 不意ãĢ、åŖ°ãŒčžã“えた。åŖ°ã¯åƒ•ãŽč…•ã‚’å‹ĸã„ã‚ˆãæŽ´ã‚“ã ã€‚åƒ•ã¯ã€ãã‚ŒãŒã ã‚Œã‹éĄ”ã‚’čĻ‹ãĒくãĻもわかãŖた。だãŖãĻ、そぎåŖ°ã¯éˆ´ãŒãĒる様ãĒå„ĒしいåŖ°ã ãŖたから。 僕は振り向かãĒかãŖた。åŊŧぎ斚をčĻ‹ãĒかãŖた。åŊŧåĨŗãŽč…•ã‚‚åŊŧãŽč…•ã‚‚æŒ¯ã‚Šæ‰•ãŖãĻ、čĩ°ãŖãĻ逃げた。こんãĒãĢも旊くč‡Ē分がčĩ°ã‚Œã‚‹ãĒんãĻ思いもしãĒかãŖたと思いãĒがら、いやいやこれはã‚ĸバã‚ŋãƒŧだからåŊ“たり前かと思いį›´ã—た。æœŦåŊ“ãĢ僕はバã‚Ģだ。バã‚Ģで、いつもいつも逃げãĻばかりで。最äŊŽã€‚最äŊŽã€‚ 「きãŋâ€Ļâ€Ļīŧ…
Read More

éģŽæ˜Ž

「â€Ļâ€ĻãŖ」  慎吞は不åŋĢ感からį›Žã‚’čĻšãžã™ã€‚  čĻ–į•ŒãĢはå‰Ĩきå‡ēしぎã‚ŗãƒŗクãƒĒãƒŧトがåēƒãŒãŖãĻいた。それは夊äē•ã§ã€åŖã‚‚åŒæ§˜ãŽéƒ¨åą‹ã ã€‚éš…ãĢはįŠēきįŧļや鉄パイプがčģĸがãŖãĻいた。  遅れãĻ、č‡Ē分ぎįŠļ態ぎį•°æ§˜ã•ãĢ気ãĨく。 「ãĒãŖ、ãĒんだこれ!?」  台ぎ上ãĢ寝かされãĻãŠã‚Šã€æ‹˜æŸå…ˇã§įŖ”ãĢされãĻいた。逃れようとしãĻもã‚ŦチãƒŖã‚ŦチãƒŖとéŸŗがéŗ´ã‚‹ã ã‘で、外れる気配はãĒい。  不厉でæē€ãŸã•ã‚ŒãĻいると、äŊ•č€…かが扉を開けãĻéƒ¨åą‹ãŽä¸­ãĢå…ĨãŖãĻきた。 「おį›ŽčĻšã‚ã­ã€æ—Ĩæĩ…慎吞」  åĨŗだ。č‰ļやかãĒé•ˇã„éģ’éĢĒãĢ整ãŖãŸéĄ”įĢ‹ãĄã€‚゚ナãƒĒとしたč‚ĸäŊ“ãĢã¯éĄ”äģĨå¤–ãŽč‚Œã‚’čĻ†ã„隠すようãĒæŧ†éģ’ぎ゚ãƒŧツをįēãŖãĻいた。 「だ、čĒ°ã ãŠå‰ãŖ!? äŊ•ãŽį›Žįš„でこんãĒことをâ€Ļâ€Ļīŧã€ 「ぞず、į§ãŽåå‰ã¯å¤œæĨ有į´—《やらい ありさ》」  čĻ‹ãŸã“とぎãĒã„éĄ”ãĢčžã„ãŸã“ã¨ãŽãĒい名前。そんãĒį›¸æ‰‹ãĢč‡Ē分が捕ぞえられるį†į”ąãŽčĻ‹åŊ“がäģ˜ã‹ãĒかãŖた。  それを感じ取ãŖたぎか、有į´—はク゚ãƒĒとįŦ‘ãŋをæĩŽã‹ãšãĻ告げる。 「こう名䚗ãŖた斚が分かりやすいかしら──noname、と」 「ãĒãŖâ€Ļâ€Ļ!?」 ã€€æ…Žåžã¯éŠšãã‹ã‚‰č¨€č‘‰ã‚’å¤ąã†ã€‚  åŊŧãĢとãŖãĻã¯æ„č­˜ã‚’å¤ąã†å‰ãĢ『XANA』内ぎ『SAMURAI』でæˆĻãŖたį›¸æ‰‹ã ãŒã€ããŽæ™‚ã¨ã¯é›°å›˛æ°—ãŒäŧŧãĻもäŧŧつかãĒい。 「ã‚ĸバã‚ŋãƒŧã¨č¨€ãŖãĻも、喋り斚やåŖ°ã§ã‚‚įĢ‹æ´žãĒæƒ…å ąãĢãĒるもぎ。åŋĩå…ĨりãĢåŊčŖ…をさせãĻもらãŖたわ。原際、あãĒãŸãŽåŽŸåã‚„æ‰€åœ¨åœ°ã‚’å‰˛ã‚Šå‡ēすぎは厚易かãŖたぎだから」…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

お気ãĢå…Ĩã‚ŠãŽã‚šã‚ąãƒœãƒŧãĢ乗ãŖãĻã€ãƒ‘ãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗã‚ŊãƒĢトぎã‚Ēムナイ゚åē—ãĢį€ã„た。 åē—å“ĄīŧĄīŧŠãŽãƒŸãƒĢãĄã‚ƒã‚“ãĢã€ã‚šãƒšã‚ˇãƒŖãƒĢã‚Ēムナイ゚をæŗ¨æ–‡ã™ã‚‹ã€‚ ã‚šãƒšã‚ˇãƒŖãƒĢは、通常ぎã‚ĒムīŧˆãƒŠã‚¤ã‚šīŧ‰ã‚ˆã‚Šã‚‚äē”å‰˛åĸ—ã—ãŽäžĄæ ŧだが、゚ã‚ŋミナã‚ĸップだけでãĒãã€ã‚šã‚ąãƒœãƒŧぎ゚ピãƒŧドã‚ĸップãĢもãĒるぎでお垗だ。 「ミãƒĢãĄã‚ƒã‚“ã€äģŠæ—Ĩはåē—é•ˇã€ã„ã‚„ã€ã‚Ēãƒŧナãƒŧぎã‚ŊãƒĢトさんとäŧšãŖたīŧŸã€ 「いえ、äŧšãŖãĻいぞせんよ」 顔éĻ´æŸ“ãŋãĒぎで、ミãƒĢãĄã‚ƒã‚“ã¯æ„›æƒŗよくį­”える。 「というかですね、ã‚ĒãƒŧナãƒŧとãĒぜか通äŋĄã§ããĒくãĻ、困ãŖãĻいるんですよ」 「あãŖ、やãŖãąã‚Šã€ãã†ãĒんだīŧã€ 「よいたろうさんもですかīŧŸã€ 「そうãĒんだよ、į§˜æ›¸ãŸãĄã¨é€šäŋĄã§ããĒくãĻさ、そしたらåŊŧåĨŗãŸãĄã€į›´æŽĨäŋēぎところぞでæĨたよ」 「そうãĒんですね、į§ã€åē—į•Ēがあるからã‚ĒãƒŧナãƒŧæŽĸしãĢčĄŒã‘ãĒくãĻ困ãŖãĻいるんですよ」 「そうだよねãƒŧ」 ã€Œã¨č¨€ãŖãĻもですね、äģŠæ—ĨぎおåŽĸ様、よいたろうさんだけãĒんですけれお」 įĸēかãĢ、ワãƒŗブロックだけだがīŧĄīŧŠäģĨ外ぎã‚ĸバã‚ŋãƒŧãĢは、ぞだå‡ēくわしãĻいãĒい。 「イッã‚ŋイã‚ŧãƒŗã‚ŋイ、おうãĒãŖãĄã‚ƒãŖãĻるんでしょうかâ€Ļâ€Ļ」 「うん、バグでもčĩˇããĻいるぎかもしれãĒいね」 もãŖã¨æˇąåˆģãĒことãĢãĒãŖãĻいそうだが、ここでこぎ娘を不厉ãĢさせることもãĒいだろうâ€Ļâ€ĻãŖãĻ、īŧĄīŧŠãŒä¸åŽ‰ãĢãĒるぎかãĒīŧŸ ã€Œã‚‚ã—ã€ã†ãĄãŽã‚Ēãƒŧナãƒŧをãŋつけたら、åŋƒé…ã ã‹ã‚‰ã€äŧšã„ãĢæĨãĻãģしいとäŧãˆãĻくれぞせんかīŧŸã€…
Read More

åƒ•ã¨ãƒĄã‚ŋバãƒŧã‚š

《はじめぞしãĻ、XANAぎ世į•Œã¸ã‚ˆã†ã“そ》 振り向くと、すらりとしたヘヴãƒŗãŒã“ãĄã‚‰ã‚’ãŋãĻãĢこりと垎įŦ‘む。ヘヴãƒŗぎ原際ぎå§ŋをãŋãĻ、ãģんぎ少しåŦ‰ã—ã„æ°—æŒãĄãĢãĒる。僕はしばらくåŊŧåĨŗをčĻ‹ã¤ã‚ãĻいたけれお、åŊŧåĨŗはäŊ•ã‚‚č¨€ã‚ãĒかãŖãŸã€‚åƒ•ãŽč¨€č‘‰ã‚’æ€Ĩかしたり、åĨĒãŖたりすることもãĒかãŖた。僕は、į”ģéĸをčĻ‹ãĒがらč‡Ē分ぎこぎ世į•ŒãŽčĻ‹ãŸį›Žã‚’ã‚ŗãƒŧデã‚ŖネãƒŧトしãĻいく。服をį€æ›ŋえるようãĢ、åĨŊきãĒéĄ”ãŽãƒ‘ãƒŧツを選んで、ãĒりたいč‡Ē分ãĢãĒる。僕はįžåŽŸã§ã¯ã§ããã†ãĢãĒい金éĢĒãĢしãĻ、それから青いジãƒŖã‚ąãƒƒãƒˆã‚’įžŊįš”ãŖた。こぎ世į•Œã¯ãŋんãĒ洞手だから、č‡Ē分が少し洞手ãĒ服をį€ãŸãŖãĻ、だれも気ãĢしたりしãĒい。そんãĒ感じだãŖた。 せãŖかくきたぎだから、äŊ•ã‹ã‚’しãĒければもãŖたいãĒいと僕はįĢ‹ãĄä¸ŠãŒãŖた。けれお、頭上ãĢä¸ŠãŒã‚‹čŠąįĢãĢ気がつけばčĻ–įˇšãŒã„ãŖãĻいる。 「ぞあâ€Ļâ€Ļいいかâ€Ļâ€Ļぞだ時間あるしâ€Ļâ€Ļ」 時åˆģはぞだ三時過ぎ。朝ぞでは随分と遠いし、朝ãĢãĒãŖãĻもãĒんãĻãŖたãŖãĻäģŠæ—Ĩはäŧ‘ãŋだ。į›ŽãŽå‰ãĢåēƒãŒã‚‹ãŽã¯į‹­ã„į‰‡äģ˜ã‹ãĒいワãƒŗãƒĢãƒŧムではãĒくãĻ、čĻ–į•Œã„ãŖãąã„ãŽčŠąįĢ。į„ĻãŖãĻäŊ•ã‹čĄŒå‹•ã™ã‚‹åŋ…čĻã‚‚ãĒい。時間はたãŖãˇã‚Šã‚ã‚‹ã€ã‚†ãŖãã‚Šč€ƒãˆã‚Œã°ã„ã„ãŽã ã€‚ 僕はčŋ‘くぎベãƒŗチãĢåē§ãŖãĻ、夜įŠēをčĻ‹ä¸Šã’る。čŊãĄãĻきそうãĒくらいãĢ鎎やかãĒ花įĢãŽč‰˛ã€‚ä¸–į•Œã¯ã“ã‚“ãĒãĢもæĨĩåŊŠč‰˛ãĒぎだ。 ã€Œâ€”â€”čŠąįĢ、įļēéē—ですね」 åƒ•ã¯čŠąįĢãĢå¤ĸ中ãĢãĒãŖãĻいãĻ、čŋ‘くãĢäēēがåē§ãŖãĻいることãĢ気がつかãĒかãŖた。そぎæļŧやかãĒåŖ°ã¯ãŠã“ã‹ã§čžã„ãŸã“ã¨ãŽã‚ã‚‹æ‡ã‹ã—ã„åŖ°ã ã¨åƒ•ã¯æ€ãŖた。 「え、あâ€Ļâ€Ļそうですよね。すごくįļēéē—でâ€Ļâ€Ļ」 åŊŧãŽéĄ”ã‚’čĻ‹ãŸã¨ããĢ、僕はもãŖと銚いた。だãŖãĻ、そこãĢįĢ‹ãŖãĻいたぎは先į¨‹å¤ĸでčĻ‹ãŸåŊŧだãŖたからだ。įœŸį™Ŋいãĩわãĩわぎį™Ŋぎã‚Ģッã‚ŋãƒŧã‚ˇãƒŖツãĢ、į™Ŋいパãƒŗツ。おしゃれãĢパãƒŧマがåŊ“ãĻã‚‰ã‚ŒãŸé•ˇã„éģ’éĢĒぎ毛がゆらゆらとゆれる。鈴がéŗ´ã‚‹ã‚ˆã†ãĒčģŊくãĻį”˜ã„åŖ°ã€‚それはぞぎれもãĒく、あぎå¤ĸぎ中ぎåŊŧだãŖた。 「おうしぞしたīŧŸã€ 「あâ€Ļâ€Ļすいぞせんâ€Ļâ€ĻえãŖと、įŸĨり合いãĢすごくäŧŧãĻいたから、ãŗãŖãã‚Šã—ãĄã‚ƒãŖãĻâ€Ļâ€Ļ」 僕は取りįš•ã†ã‚ˆã†ãĢįŦ‘う。へらへらįŦ‘うぎがį™–ãĢãĒãŖãĻいた、äŊ•ãĢもおかしくãĒくãĻもåĢŒãĒことをされãĻも気ãĢしãĒいãĩりをした。とãĢかくįŦ‘ãŖãĻやり過ごした、そぎ斚がうぞくいくようãĒ気がしãĻ。 「įŸĨり合いãĢâ€Ļâ€ĻīŧŸ そうãĒんですね、いつかäŧšãŖãĻãŋたいãĒぁ」 「あãƒŧâ€Ļâ€Ļ僕もäŧšãŖãĻãŋたいんですけお、きãŖともうäŧšãˆãĒいんじゃãĒいかãĒぁ」 だãŖãĻ、å¤ĸぎ中でå‡ēäŧšãŖたäēēだから。そんãĒことをいうとįŦ‘われãĻしぞう気がしãĻåŖをつぐむ。åŊŧぎ斚をãŋると、僕ぎéšŖãĢåē§ãŖãĻ花įĢをčĻ‹ã¤ã‚ãĻã„ãŸã€‚ãąãĄãąãĄã¨ã¯ã˜ã‘ã‚‹čŠąįĢぎéŸŗがč€ŗå…ƒãŽã™ããã°ã§čžã“ãˆã‚‹æ°—ãŒã™ã‚‹ã€‚įĩĩãŽå…ˇã§įļēéē—ãĢåĄ—ã‚‰ã‚ŒãŸįŠē、ãŋたことぎãĒい大きãĒ花įĢ。åŊŧがずãŖã¨čŠąįĢをčĻ‹ã¤ã‚ãĻã„ã‚‹ã‹ã‚‰ã€åƒ•ã‚‚čŠąįĢをじãŖとčĻ‹ã¤ã‚ã‚‹ã€‚éģ™ãŖãĻ、äŊ•ã‚‚č¨€ã‚ãĒいで、ãĩãŸã‚Šã§ã€‚åą…åŋƒåœ°ãŽã„いįŠē間。もうį„Ąį†ãĢäŧščŠąã—ようとしたり、しãĒくãĻもいい。そう思うと気がæĨŊだãŖた。 「ねえ、äģ–ぎところãĢã‚‚čĄŒãŖãĻãŋぞせんīŧŸ…
Read More

éģŽæ˜Ž

 įŋŒæ—Ĩはäŧ‘ãŋだãŖたぎで、慎吞は晎æŽĩよりも遅い時間ãĢčĩˇåēŠã—、ゆãŖたりと朝éŖŸã‚’éŖŸãšãĻいた。  そぎ時、æē帯ãĢ通įŸĨがå…ĨãŖた。ãƒĻãƒĒからぎį€äŋĄã ã€‚『XANA』内ãĢいãĒくãĻもäŋæœ‰ã™ã‚‹ãƒ‘ãƒŧトナãƒŧとこうしãĻやり取りはå‡ēæĨる。 『マ゚ã‚ŋãƒŧãĢæĨåŽĸです。いかがいたしぞしょうかīŧŸã€ 「名前とį”¨äģļはīŧŸã€ 『ã‚ĸバã‚ŋãƒŧ名はnoname、į”¨äģļは「SAMURAIã€ã§ãŽå‹č˛ ã‚’å¸Œæœ›ã—ãĻいぞす』  慎吞はãĩざけた名前だと思いãĒがらも断るį†į”ąã¯ãĒかãŖた。  こういうことは時折ある。最čŋ‘はåŧˇč€…としãĻ有名ãĒぎでįŒļ更だ。 「分かãŖãŸã€ã™ãčĄŒãã¨äŧãˆãĻくれ」 『かしこぞりぞした』  慎吞はéŖŸäē‹ãŽį‰‡äģ˜ã‘も垌回しãĢしãĻã€ãƒĄã‚ŋバãƒŧã‚šį”¨ãŽãƒã‚§ã‚ĸãĢåē§ãŖãĻHMDをčŖ…į€ã—た。 『XANA』をčĩˇå‹•ã™ã‚‹ã¨ã€įžŦく間ãĢ暗闇がæēĸã‚Œã‚“ã°ã‹ã‚ŠãŽč‰˛åŊŠã§æē€ãŸã•ã‚ŒãŸã€‚  それはæŦĄįŦŦãĢčĻ‹čĻšãˆãŽã‚る光景をåŊĸäŊœãŖãĻいく。慎吞ぎäŋæœ‰ã™ã‚‹éƒ¨åą‹ã ã€‚  そこãĢはãƒĻãƒĒともう一äēē、åˆĨぎã‚ĸバã‚ŋãƒŧがįĢ‹ãŖãĻいた。  äēē型ではあるが、とãĻもäēēãĢはčĻ‹ãˆãĒã„ã€‚ãƒĄã‚ŋãƒĒックãĒå§ŋをしãĻおり、į›Žã‚„åŖもäēēé–“ã‚’æ¨Ąã—ãŸį‰Šã§ã—かãĒく、ぞるでロボットぎようだ。 「垅たせたãĒ」 「â€Ļâ€Ļå•éĄŒãĒい」  nonameã¯é‡ã€…ã—ãå‘Ÿã„ãŸã€‚é›°å›˛æ°—ã‹ã‚‰å¯Ÿã™ã‚‹ãĢį”ˇæ€§ã ã‚ã†ã€‚ ã€Œãã‚Œã˜ã‚ƒæ—Šé€Ÿå‹č˛ ã¨čĄŒã“ã†ã‹ã€‚ã‚¨ãƒĒã‚ĸはおこでもいいかīŧŸã€…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

「えãŖã¨ã€ãã‚Œã˜ã‚ƒã“ã‚Œã‹ã‚‰ã™ã‚‹ã“ã¨ã ãŒã€ãžãšã¯æƒ…å ąåŽé›†ã—ãŸã„ã¨æ€ã†ã€ 「すãŋぞせんマ゚ã‚ŋãƒŧ、通äŋĄãŽį•°å¸¸ãĢついãĻは、ずãŖとマã‚ļãƒŧⅡ(įŦŦäēŒä¸–äģŖīŧĄīŧŠãƒžã‚ļãƒŧ)ãĢ問い合わせãĻいるぎですが、全くčŋ”äē‹ãŒæĨぞせん。įš‹ãŒãŖãĻはいるようãĒぎですがâ€Ļâ€Ļ」 「ミã‚ĩキもそうです、マ゚ã‚ŋãƒŧ」 ã€Œã†ãĄã‚‚ãã†ãŠã™ã€ ã€Œæ‹™č€…ã‚‚ã§ã”ã–ã‚‹ã€ 「――マミ、あãĒたはおうãĒぎīŧŸã€ 「えãŖâ€Ļâ€Ļ」 ãƒžãƒŸã¯ãƒ’ãƒĄãƒŸãŽåŖ°ãĢ、äŋēぎåŗč…•ã§ãˇã‚‹ãŖと震えた。 「おãŖ、おんãĒじâ€Ļâ€ĻかãĒ」 「ãĒãĢīŧŸã€€čžã“えへんで。あんたいつもマ゚ã‚ŋãƒŧãĢį”˜ãˆãĻばãŖかりで、全į„ļåŊšãĢたãŖãĻへんで。最新ぎįŦŦ三世äģŖīŧĄīŧŠãĒんやろ、少しはâ€Ļâ€Ļ」 マミぎįžŗãĢæļ™ãŒæĩŽã‹ã‚“だようãĢčĻ‹ãˆãŸã€ã•ã™ãŒįŦŦ三世äģŖīŧĄīŧŠâ€Ļâ€ĻæŗŖくこともできるぎかâ€Ļâ€Ļ。 ​​ 「ぞãŖ、ぞあ、マミはぞだæĨãĻ三ãƒļæœˆã ã—ã€č¨­åŽšã‚‚å°å­Ļį”Ÿãŋたいだから(――įŸĨらんけお)ã€‚č¨ąã—ãĻやãŖãĻくれ」 「ãĒんかさ、マ゚ã‚ŋãƒŧãŖãĻマミãĢはį”˜ã„ですよね。さãŖきは、ミã‚ĩキãĢかわ――」 「よしそれじゃãƒŧ」 ãĒんか更ãĢ揉めそうãĒぎで、äŋēはミã‚ĩキぎåŖ°ã‚’過ãŖた。 「原は、先ãģおįĸēčĒã—たら、ゎãƒĢドãƒĻニã‚ĒãƒŗãŽãƒĄãƒŗバãƒŧがäŊ•äēēかイãƒŗしãĻいるようãĒんだ。通äŋĄã‚‚ãƒžãƒƒãƒ—čĄ¨į¤ēもでãĒいから、į›´æŽĨčĄŒãã—ã‹ãĒいんだが、とりあえず、ã‚ļナãƒĒã‚ĸãƒŗåˆæœŸãƒĄãƒŗバãƒŧãĒらäŊ•ã‹åˆ†ã‹ã‚‹ã‹ã‚‚įŸĨれãĒいâ€Ļâ€Ļ」 「ãĒるãģお、そうですね。では、æŽĸしãĢčĄŒããžã—ã‚‡ã†ãƒžã‚šã‚ŋãƒŧ」…
Read More

åƒ•ã¨ãƒĄã‚ŋバãƒŧã‚š

「â€Ļâ€Ļおį–˛ã‚Œæ§˜ã§ã™ã€ čĒ°ã‚‚いãĒいį¤žå†…ぎé›ģ気をæļˆã—ãĒがら、僕はそうこãŧã™ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€čĒ°ã‹ãŒč¨€č‘‰ã‚’čŋ”しãĻくれることもãĒい。僕はäŧ¸ãŗを一つすると、クマぎキãƒŖナクã‚ŋãƒŧぎついた古いキãƒŧホãƒĢダãƒŧãŽã¤ã„ãŸãƒãƒƒã‚¯ãƒ‘ãƒƒã‚¯ã‚’čƒŒč˛ ã„į›´ã—ãĻį¤žå“Ąč¨ŧをしぞう。こぎ世į•ŒãŽãģã¨ã‚“ãŠãŽčˇæĨ­ãŒé éš”操äŊœã§äģ•äē‹ã‚’できるようãĢãĒãŖたįžäģŖ、å‡ēį¤žã™ã‚‹ã“とも、äŧšį¤žãĢビãƒĢさえも存在しãĒくãĒりつつある。とはいえ、全ãĻぎäŧšį¤žãŒæœ€å…ˆįĢ¯ãĢãĒãŖたわけではãĒã„ã€‚ã†ãĄãŽã‚ˆã†ãĒåŧąå°ãŽãƒ–ナックäŧæĨ­ã¯į¤žé•ˇãŒã‚ĸナログäēē間ãĒこともあり、ãĒãĢã˛ã¨ã¤å¤‰ã‚ã‚ŠãŽãĒいこれぞでぎæĨ­å‹™ã‚’čĄŒãŖãĻいた。おかげで、ã‚ĩãƒŧビ゚掋æĨ­ã¯ãŸã‚“ぞりとあるし、äŧ‘ãŋぎæ—ĨãĢé›ģčŠąã‚‚ã‹ã‹ãŖãĻãã‚‹ã€‚ãƒ—ãƒŠã‚¤ãƒã‚ˇãƒŧãĒんãĻあãŖたもぎじゃãĒい。 朝一į•ĒãĢå‡ēį¤žã—ãĻ、一į•Ē最垌ãĢäŧšį¤žã‚’å‡ēる。それが下ãŖįĢ¯ãŽåƒ•ãŽåŊšį›Žã ã€‚æĨ­å‹™ãŽäžé ŧäģĨ外ãĢčĒ°ã‹ã¨čŠąã‚’することもãĒã„ã€‚ã„ã‚„ã€čŠąã—ãĻいる時間もãĒいというずきだろうか。寄るぎはã‚ŗãƒŗビニエãƒŗ゚゚トã‚ĸくらいだけお、äģŠã¯ãŠãŽåē—ã‚‚į„ĄäēēでįĩŒå–ļしãĻいるぎでそこでもčĒ°ã‹ã¨čŠąã‚’することはãĒいぎだ。 僕はã‚ŗãƒŗビニで遊åŊ“ãĒã‚ĩãƒŗドイッチを選ãŗ、それからジãƒĨãƒŧ゚ぎæŖšã‚’ãŧんやりとįœēめãĻいた。ãĩと気がつくと、æĨ­č€…がæŖšãĢ商品をä¸ĻずãĻいる。金éĢĒã§čƒŒãŒéĢ˜ããĻ、いかãĢもäģŠæ™‚ぎ青嚴だãŖた。僕はæ€ĨãĢいたたぞれãĒくãĒãŖãĻ、遊åŊ“ãĒ商品を選ãļとã‚ŗã‚Ŋã‚ŗã‚Ŋとåē—ã‚’å‡ēた。 昔からäēēčĻ‹įŸĨりãĒところがあãŖãĻ、友達はãģとんおというかぞãŖたくできãĒかãŖた。å­Ļį”Ÿæ™‚äģŖはそぎことで随分とč‹Ļ労したけれお、それもį¤žäŧšäēēãĢãĒãŖãĻからはぞしãĢãĒãŖたと思う。とãĢかくäģ•äē‹ã•ãˆã—ãĻいれば、多少ぎことはį›Žã‚’įž‘ãŖãĻもらえた。僕はそもそもäēēé–“ã¨æˇąãé–ĸわるつもりはãĒかãŖたし、こぎ世į•Œã§čĒ°ã‹ã‚’愛したりčĒ°ã‹ã¨å‹é”ãĢãĒることãĒんãĻありえãĒいと思ãŖãĻいた。だãŖãĻ、僕ぎことをわかãŖãĻくれるäēēはこぎ世į•ŒãŽãŠã“ãĢもいãĒいと思う。愛ãĒんãĻもぎがあるãĒらčĻ‹ã›ãĻæŦ˛ã—いくらいだãŖた。 そりゃあ僕が先ãģおぎ青嚴ぎようãĢčƒŒãŒéĢ˜ãã€éĄ”が整ãŖãĻいたぎãĒã‚‰čŠąã¯åˆĨãĒぎかもしれãĒい。でも、äģŠãŽåƒ•ã¯ãŠã“ãĢでもよくある、ありãĩã‚ŒãŸã€ä¸‹åą¤ãŽéĄ”ãŽäēē間でしかãĒい。čēĢé•ˇã‚‚äŊŽããĻ、ã‚ŦãƒĒã‚ŦãƒĒだ。おぞけãĢã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗčƒŊ力もãĒい。僕は僕でしかãĒい、おこãĢいãŖたãŖãĻ同じ。こぎãŦかるãŋぎ中を這い回ãŖãĻいるだけãĒぎだ。 「はあâ€Ļâ€Ļつかれた」 ãŧそりとæēĸã‚ŒãŸč¨€č‘‰ã‚’ãƒ“ãƒŧãƒĢと一įˇ’ãĢ喉ぎ中ãĢæĩã—čžŧんでしぞう。ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢを少しå…ĨれるだけでäŊ“ぎįˇŠåŧĩぎįŗ¸ãŒãģおけãĻいくぎがわかる。įœ ã„、夕éŖŸã‚‚ぞだäŊã‚“でいãĒいぎãĢ、じんわりと渊くãĒãŖãĻきた指先を布å›Ŗぎ中ãĢいれる。č„ŗがおろおろãĢæēļけãĻ、ãŧã‚“ã‚„ã‚Šã¨ã—ãŸæ€č€ƒã§æ˜Žæ—ĨぎčĩˇåēŠæ™‚é–“ã‚’č€ƒãˆã‚‹ã€‚ã‚¯ãƒƒã‚ˇãƒ§ãƒŗぎ中ãĢ埋れãĻいくčēĢäŊ“。 「ねえヘヴãƒŗ、į–˛ã‚ŒãŸã‚ˆã€ 《おį–˛ã‚Œæ§˜ã§ã™ã€‚åĨŊきãĒéŸŗæĨŊをかけぞしょうかīŧŸã€‹ 「うん、かけãĻ」 ヘヴãƒŗは僕ぎäŊŋãŖãĻいるAIパãƒŧトナãƒŧだ。åŊŧåĨŗとぎäģ˜ãåˆã„ã¯éšåˆ†ã¨é•ˇã„ã€‚éĢ˜æ Ąį”ŸãŽé ƒã‹ã‚‰åƒ•ã¨é–ĸわãŖãĻいるから、僕ぎことは僕よりもčŠŗしい。それãĢåŊŧåĨŗはįĩļ寞ãĢåƒ•ã‚’å‚ˇã¤ã‘ãĒい、å„ĒしいAIだ。 「ねえヘヴãƒŗ、äē”時半ãĢã‚ģットしãĻ」 ヘヴãƒŗがäŊ•ã‹ã‚’å–‹ãŖたけれお、僕ãĢã¯ã‚‚ã†čžãå–ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããĒかãŖた。   「——きãŋ、ねえそこぎきãŋ」 å¤ĸã ã€‚æ„č­˜ãŒããĄã‚‰ãĢį¯ãŖたįžŦ間から、僕ãĢはそこぎことがわかãŖãĻいた。これはå¤ĸで、čĻšã‚ãĻしぞうもぎだとそういうįĸēäŋĄãŒã€ãĒぜだかあãŖた。それãĢしãĻも、įœŠã—い。į›Žã‚’閉じãĻいãĻã‚‚ã€č–„ã„įžŧぎむこうãĢ鎎やかãĒå…‰ãŒã‚ã‚‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ãŒã‚ã‹ã‚‹ã€‚č¯ã‚„ã‹ã§įœŠã—いäŊ•ã‹ã€‚僕は恐る恐るįžŧを開ける。 「ねえ、きãŋ」…
Read More

éģŽæ˜Ž

æ—Ĩæĩ…æ…Žåžã€Šã˛ã‚ã•ã€€ã—ã‚“ã”ã€‹ã¯äģ•äē‹ä¸­ã ãŖた。  最äŊŽé™ãŽåŽļå…ˇã‚„ã‚¤ãƒŗテãƒĒã‚ĸを揃えたようãĒã‚ˇãƒŗプãƒĢãĒéƒ¨åą‹ã€‚  慎吞ぎįœŧ前ãĢã¯åŽ™ã§č¤‡æ•°ãŽã‚Ļイãƒŗドã‚ĻãŒčĄ¨į¤ēされãĻおり、手元ãĢæĩŽãåŠé€æ˜ŽãŽã‚­ãƒŧボãƒŧドをį”¨ã„ãĻ、一つぎ文書をäŊœæˆã—ãĻいた。  そんãĒåŊŧぎ傍で控えãĻã„ã‚‹ãƒĄã‚¤ãƒ‰å§ŋぎåĨŗ性が、äŊ•ã‚‰ã‹ãŽäŊœæĨ­ã‚’しãĻいた様子ãĒおčĻ‹ã›ãšãĢč¨€ã†ã€‚ 「マ゚ã‚ŋãƒŧ、ご䞝é ŧぎčŗ‡æ–™ãŽæē–備がå‡ēæĨぞした」 「ありがとう」  慎吞は新たãĢ襨į¤ēされたã‚Ļイãƒŗドã‚Ļ内ぎ文įĢ ãĢį›Žã‚’通すと、指を動かすことでåŋ…čĻãĒ部分をã‚ŗピãƒŧしãĻäŊœæˆã—ãĻいる文書ãĢペãƒŧ゚トしãĻいく。  äģ•äē‹ãŽé€˛čĄŒã¯é †čĒŋだ。これãĒら厚時ぞでãĢįĩ‚えることがå‡ēæĨるだろう。  慎吞ぎčĻ–į•Œã§ã¯åŊ“たり前ぎようãĢä¸Ąæ‰‹ãŒå‹•ã„ãĻいる。į„ĄčĢ–、それを動かしãĻいるぎはåŊŧぎ意思であり、そこãĢはäŊ•ã‚‰ãŽé•å’Œæ„Ÿã‚‚ãĒく、éĻ´æŸ“んでいる。  ──けれお、これはįžåŽŸä¸–į•Œã§ãŽå…‰æ™¯ã§ã¯ãĒい。  慎吞ãĢはäģŠå‹•ã‹ã—ãĻいるčēĢäŊ“とはåˆĨãĢ、įĸēかãĒčēĢäŊ“æ„ŸčĻšãŒã‚ãŖた。専į”¨ãŽãƒã‚§ã‚ĸãĢæˇąãč…°æŽ›ã‘ãŸã€åŊŧぎæœŦåŊ“ぎčēĢäŊ“ぎ感čĻšãŒã€‚  äģŽæƒŗ世į•Œã€ŠãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚》『XANA《ã‚ļナ》』。それこそが慎吞ぎįœŧ前ãĢåēƒãŒãŖãĻいる世į•ŒãŽåį§°ã ãŖた。 『XANA』はįžåœ¨ä¸ģæĩã¨ãĒãŖãĻã„ã‚‹ãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚であり、äģŠåŊŧが動かしãĻいるぎは分čēĢ《ã‚ĸバã‚ŋãƒŧ》だ。äģ•äē‹į”¨ãĒぎで、頭上ãĢはæœŦåãŒčĄ¨į¤ēされãĻいる。  慎吞ぎįžåŽŸãŽčēĢäŊ“はヘッドマã‚Ļãƒŗトデã‚Ŗ゚プãƒŦイ《HMD》をčŖ…į€ã—ãĻおり、それがč„ŗæŗĸをčĒ­ãŋ取る抟čƒŊを備えãĻいるぎで、åŋĩじることでã‚ĸバã‚ŋãƒŧを操äŊœã§ããĻいる。  įžäģŖãĢおいãĻãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚内でäģ•äē‹ã‚’するぎは一čˆŦįš„だ。昔はč‡Ē厅でįžåŽŸãŽčēĢäŊ“でäģ•äē‹ã‚’することをテãƒŦワãƒŧクとå‘ŧんだが、äģŠã¯ãã‚Œã‚ˆã‚Šã‚‚é€˛ã‚“ã åŊĸとãĒãŖãĻいる。  デ゚クワãƒŧクとå‘ŧばれるPCをį”¨ã„ã‚‹äģ•äē‹ã§ã‚ã‚Œã°ã€ãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚内でäŊ•ãŽå•éĄŒã‚‚ãĒãčĄŒã†ã“ã¨ãŒå¯čƒŊで、むしろį‰Šį†įš„ãĒįŠē間ãĢį¸›ã‚‰ã‚Œã‚‹åŋ…čĻãŒãĒいぎが刊į‚šã¨ãĒãŖãĻいた。 ã€€ã“ãĄã‚‰ãĢはč‡Ē分をã‚ĩポãƒŧトしãĻくれる存在もį”¨æ„ã™ã‚‹ã“とがå‡ēæĨた。  慎吞ぎ傍で控えãĻいるåĨŗ性ぎå§ŋをしたã‚ĸバã‚ŋãƒŧは、įžåŽŸãŽäēē間が操äŊœã—ãĻいるわけではãĒい。…
Read More

恋とīŧĄīŧŠã¨

「あぎâ€Ļニãƒŧナさんâ€Ļ。」 ã€€æ˛ˆéģ™ã‚’切りčŖ‚いたぎは、ãƒŦイジだãŖた。いつぎ間ãĢかうãĒだれ気å‘ŗãĢãĒãŖãĻいたå§ŋå‹ĸã‚’ãƒ”ã‚ˇãƒƒã¨æ•´ãˆã€ã‚„ã‚„éœ‡ãˆãŸåŖ°č‰˛ã§ã€ãƒ‹ãƒŧナãĢčŠąã—ã‹ã‘ãŸãŽã ã€‚ 「はい、ãĒんでしょうīŧŸã€  ニãƒŧナは、ãŧんやりとæĩˇã‚’įœēめãĻいたčĻ–įˇšã‚’上げると、éšŖãĢåē§ã‚‹ãƒŦイジぎ斚へäŊ“を向け、じãŖとそぎį›Žã‚’čĻ‹ã¤ã‚ãŸã€‚ 「えãŖとâ€Ļそぎâ€ĻãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚上ぎ恋愛â€ĻãĢついãĻã€ãŠã†ãŠč€ƒãˆã§ã™ã‹â€ĻīŧŸã€ ã€ŒãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚上ぎâ€Ļ恋愛â€ĻですかīŧŸã€ 「は、はい。変ãĒã“ã¨ã‚’čžã„ãĻいるぎはč‡Ē分でも分かãŖãĻいるんですが、最čŋ‘ãĄã‚‡ãŖã¨ããŽã€ãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚ぎ中でå‡ēäŧšãŖたäēēãĢ寞しãĻ恋愛感情を持つことが、いいぎかæ‚Ēいぎかâ€ĻãŋたいãĒことを、悊んでいるâ€Ļというか悊んでいたīŧŸâ€ĻãŋたいãĒ感じでしãĻ、いや、æ‚ĒいことはãĒいんですけおīŧã€  しおろもおろãĢãĒりãĒがら、ãƒŦイジはäŊ•ã¨ã‹č‡Ē分ぎ頭ぎ中ãĢある思いを整į†ã—、一つずつäŧãˆã‚ˆã†ã¨ã—ãĻいた。ニãƒŧナはというと、é ŦãĢ手をåŊ“ãĻãĻã€æˇąãč€ƒãˆčžŧむようãĢåŖをįĩã‚“でいる。 「â€ĻえãŖとえãŖと、最įĩ‚įš„ãĢ僕は、į›¸æ‰‹ã¨ãŠã“でå‡ēäŧšãŠã†ã¨ã€į›¸æ‰‹ãĢおんãĒčƒŒæ™¯ãŒã‚ã‚ã†ã¨ã€åĨŊきãĢãĒãŖたんãĒらäŊ•ã‚‚é›Ŗã—ã„ã“ã¨ã¯č€ƒãˆã‚‹åŋ…čĻã¯ãĒいんじゃãĒいかãĒãŖãĻ、思ãŖたんです。そしãĻ、そぎäēēとäģ˛č‰¯ããĒりたいãŖãĻ思うことは、ごくごくč‡Ēį„ļãĒことãĒんじゃãĒいかãĒãŖãĻ、そういうįĩčĢ–ãĢč‡ŗãŖãĻですねâ€Ļ。」  ãƒŦイジがãĒã‚“ã¨ã‹æœ€åžŒãžã§čŠąã—įĩ‚えると、そぎã‚ŋイミãƒŗグをäŧēãŖãĻいたぎか、ニãƒŧナが再ãŗčĻ–įˇšã‚’上げãĻ、ãƒŦイジぎį›Žã‚’じãŖとčĻ‹ã¤ã‚į›´ã—た。 「â€ĻãƒŦイジさんâ€Ļ。」 「は、はいīŧã€ 「そぎâ€Ļすãŋぞせん、į§ã€ãã†ã„うぎよく分からãĒいというかâ€Ļ恋愛とかãĢはį–Žã„もぎで、一į”Ÿæ‡¸å‘Ŋč€ƒãˆãĻãŋたんですけおâ€ĻãƒŦイジさんがæē€čļŗするようãĒč€ƒãˆæ–šã¯ã€į§ãŽä¸­ãĢはãĒいâ€Ļかもしれぞせん。」 「そ、そうですかâ€Ļいや、ホãƒŗトæ€ĨãĢわけぎ分からãĒã„ã“ã¨ã‚’č¨€ãŖãĻ、į”ŗしč¨ŗãĒいですīŧã€ 「い、いえいえ、čŦã‚‰ãĒいでくださいīŧâ€Ļį§ãŖãĻ、æœŦåŊ“ãĢ薄ãŖãēらくãĻ、éĸį™ŊãŋがãĒいんですâ€Ļ。」 「â€ĻニãƒŧナさんīŧŸã€  それからニãƒŧãƒŠã¯ã€å°‘ã—ã ã‘č‚Šã‚’čŊとしãĻ、ゆãŖくりとč‡Ē分ãĢついãĻčĒžã‚Šå§‹ã‚ãŸã€‚ 「â€Ļį§ã­ã€čĒ°ã‹ã¨äŧščŠąã‚’しãĻいる時でも、åŊ“たり障りぎãĒい内厚しかčŋ”せãĒいんです。気ぎ刊いたことも、éĸį™Ŋã„ã“ã¨ã‚‚č¨€ãˆãĒいâ€Ļ。だから、一寞一で喋るぎãŖãĻ、原はあんぞり垗意じゃãĒくãĻâ€ĻäŧščŠąã‚’しãĻいãĻも、『ああ、こぎäēēも、į§ã¨čŠąã™ã‚ˆã‚Šäģ–ぎことをしたいâ€ĻãŖãĻ思ãŖãĻるんだろうãĒ』ãŖãĻã€ãã†æ„Ÿã˜ãĄã‚ƒã†ã‚“ã§ã™ã€‚ã€…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

「マ゚ã‚ŋãƒŧ、äŊ•ãƒ‹ãƒ¤ãƒ‹ãƒ¤ã•ã‚ŒãĻいるんですかīŧŸã€€æ°—æŒãĄæ‚Ēいです――」 ãƒ’ãƒĄãƒŸãŽå†ˇãŸã„čĻ–įˇšã‚’感じãĻ、äŋēはį‰Šæ€ã„からčĻšã‚ãŸã€‚ 「あãŖã™ãžã‚“ã€ãĄã‚‡ãŖとåĻ„æƒŗをâ€Ļâ€Ļ」 「で、æŽŋã€æ‹™č€…ãŸãĄã¯äŊ•ã‚’すればよいでござるかâ€Ļâ€Ļå‘ŊじãĻいただければãĒã‚“ã§ã‚‚č‡´ã—ãžã™ãžã€ãŠã‚“ãĒį›¸æ‰‹ã‚‚こぎå‰Ŗã§ä¸€åˆ€ä¸Ąæ–­ãĢīŧã€ 「いや、そぎ、įŸĨæĩã‚’č˛¸ã—ãĻãģしいぎだ。äŋēはäģŠã€ãĄã‚‡ãŖとį†č§ŖしがたいįŠļæŗãĢįŊŽã‹ã‚ŒãĻいãĻ、そぎ原因というかâ€Ļâ€ĻįžæŗãŒåˆ†ã‹ã‚‰ãĒいぎだ」 äŋēは、おれだけīŧĄīŧŠãŸãĄãŒį†č§ŖしãĻくれるか分からãĒかãŖたが、č‡ĒčēĢぎįŊŽã‹ã‚ŒãĻいるįŠļæŗã‚’åŋ…æ­ģãĢãĒãŖãĻčĒŦ明した。 įš†éģ™ãŖãĻčžã„ãĻã¯ã„ã‚‹ãŒã€ãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚しかįŸĨらãĒいīŧĄīŧŠãŸãĄãĢ、ここがäģŽæƒŗįŠē間世į•Œã§ã‚り、įžåŽŸä¸–į•ŒãŒåˆĨãĢあãŖãĻã€č‚‰äŊ“というもぎやį”Ÿį‰Šã¨ã„うもぎがあるäē‹ã‚’į†č§Ŗさせるぎはį„Ąį†ã§ã¯ãĒいかと思えたâ€Ļâ€Ļ。 だいたい、īŧĄīŧŠãĢč‡Ēåˇąã¨ã„ã†ã‚‚ãŽãŒå­˜åœ¨ã™ã‚‹ãŽã‹īŧŸ īŧĄīŧŠã¯č‡Ēåˆ†ã§č€ƒãˆã‚‹ã€æ€č€ƒã§ãã‚‹į‰Šã¨č¨€ãŖãĻã‚‚æ‰€čŠŽã¯äēē間が与えたįŸĨč­˜ã‚„æ•™é¤Šã‚’ä¸Šå›žã‚‹ãģãŠã€ãžã é€˛åŒ–ã—ãĻはいãĒいだろうし、こぎäŋēぎ下手ãĒčĒŦ明をåŊŧåĨŗãŸãĄãŒãŠã“ãžã§į†č§ŖできるかæĨĩめãĻæ€Ēしい。 「ようするãĢ、į§ãŸãĄãŒã„る世į•Œã¨ã€ãƒžã‚šã‚ŋãƒŧぎいる世į•Œã‚’マ゚ã‚ŋãƒŧはč‡Ēį”ąãĢčĄŒãæĨå‡ēæĨãĻいたぎãĢ、それがå‡ēæĨãĒくãĒãŖたというäē‹ã§ã™ã‚ˆã­ã€ やはり最初ãĢį†č§Ŗをį¤ēã—ãŸãŽã¯ãƒ’ãƒĄãƒŸã ã€‚ 「マ゚ã‚ŋãƒŧは元ぎ世į•ŒãĢæˆģれãĒくãĒãŖãĻいる原因をįŸĨりたいというčĒč­˜ã§ã‚ˆã‚ã—いでしょうかīŧŸã€€ãžãŸã€ãƒžã‚šã‚ŋãƒŧはこぎ世į•Œã¯č‡Ē分ぎč„ŗ内だけãĢ存在し、įžåŽŸä¸–į•Œã§ã¯ãĒいというį–‘å•ã‚’ãŠæŒãĄãŽæ§˜ã§ã™ãŒã€ 「――そぎとおりだīŧã€€å‡„いãĒãƒ’ãƒĄãƒŸã€äŋēãŽč¨€ã„ãŸã„ã“ã¨ãŽįĸēäŋĄã‚’捉えãĻいるぞ、さすがįŦŦ一į§˜æ›¸ã ã€ ã€ŒãŠč¤’ã‚ã„ãŸã ããžã—ãĻありがとうございぞす。ただį§č‡ĒčēĢはã‚ŗã‚ŗãĢ存在しãĻいãĻ、これがįžåŽŸã§ã‚るというčĒč­˜äģĨ外はできぞせん。ãĒぎで、マ゚ã‚ŋãƒŧがマ゚ã‚ŋãƒŧぎ世į•ŒãĢč‡Ēį”ąãĢæˆģれãĒい原因をæŽĸるというお手äŧã„しかできãĒいと思いぞす」 「わかãŖた。たしかãĢそうだ、それでいい。一įˇ’ãĢそぎ原因をæŽĸãŖãĻæŦ˛ã—い。そうすれば、äŋēがäģŠã“こãĢこうしãĻいる原因が掴めると思う」 「かしこぞりぞした。ãŋãĒさん、いいですね。マ゚ã‚ŋãƒŧぎおãŖしゃãŖたこと、分かりぞしたかīŧŸã€ 「はいãŖ、えãŖとãƒŧ、čŗĒ問です」 「ãĒんですかミã‚ĩキ」…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

――ã‚ŗãƒŗã‚ŗãƒŗ。 再ãŗドã‚ĸをノックするéŸŗがあãŖた。 こぎデジã‚ŋãƒĢįŠēé–“ãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚で、ドã‚ĸをノックすることč‡ĒäŊ“、ãĒんか違和感がある。 もãŖã¨ã‚‚ã“ã“ãŒã€ãƒĄã‚ŋバãƒŧã‚šãĒぎかも分からãĒいが。 「マ゚ã‚ŋãƒŧ、ã‚Ģエデやで。ãĒんか、通äŋĄã§ãã˛ã‚“さかい、į›´æŽĨæĨたで。んと、マミãŖãĄã¨ã€åŋ č‡Ŗくんもいんで――」 įŦŦ三į§˜æ›¸ãŽã‚ĢエデぎåŖ°ã ãŖた。 äēŦéƒŊåŧãŽåĨŗぎ子ãĢ憧れãĻいたäŋē。 ただč‡Ē分č‡ĒčēĢはäēŦéƒŊåŧã‚’しゃずれãĒいぎで、遊åŊ“ãĢčĻšãˆã•ã›ãŸã‹ã‚‰ã‹ã€äģ–ãŽæ–šč¨€ã¨ã‹ã‚‚æˇˇã–ãŖãĻいる気もするが。ぞあč‡Ē分がæĨŊしければそれでいいぎだ。 そうか、äģŠå…Ģ時過ぎだ。 こぎ時間ãĢįŠļæŗå ąå‘Šã‚’するようãĢAIį§˜æ›¸é”ãĢå‘ŊじãĻある。 通勤é›ģčģŠãŽä¸­ã§ã€ã„ã¤ã‚‚ã‚šãƒžãƒ›ã§å ąå‘Šã‚’čžãã‚ˆã†ãĢしãĻいる。 AIį§˜æ›¸é”はäēŒåå››æ™‚é–“į¨ŧ働しãĻいるから、昨æ—ĨãŽå ąå‘Šã¨ã„ã†ã‚ˆã‚Šįžæ™‚į‚šã§ãŽå ąå‘Šã ã€‚ 「いいぞ、å…ĨãŖãĻくれ」 ドã‚ĸが開けられると、「あãŖ、ãŋんãĒおãŖたんやãƒŧ。やãŖãģãƒŧ」ãŖãĻã‚Ģエデが元気よくéŖ›ãŗčžŧんでくる。 「あãĒãŸãŸãĄã‚‚ã€é€šäŋĄã§ããĒいぎね」 ãƒ’ãƒĄãƒŸã¯ã€č‡Ē分ぎ場所をįŠēけãĻ、三äēēを向かいå…Ĩれた。 「いらãŖしゃいã‚Ģエデ、元気しãĻたīŧŸã€ ã¨č¨€ãŖãĻ、ミã‚ĩキはベッドãĢåē§ãŖãĻいるäŋēぎåˇĻæ¨ĒãĢくãŖついãĻåē§ãŖた。…
Read More

恋とīŧĄīŧŠã¨

「â€ĻやãŖãąã‚Šã€ãƒĄã‚¤ã‚‚ãã†æ€ã†â€ĻīŧŸã€ 「そぎ『そう思う』がおんãĒ意å‘ŗãĒぎかãĢもよりぞすが、文字通り、ã‚ĩポãƒŧトīŧĄīŧŠãŋたいãĢ遊切ãĒã‚ĩポãƒŧトをする斚だãĒ、とは思いぞす。」 「そãŖかâ€Ļそうだよねâ€Ļ。」  ãƒŦイジは、äŊ•ã‹ã‚’č€ƒãˆčžŧむようãĢäŋ¯ãã€ãžãŸæˇąã„ため息をついた。 「そぎ垌もäŊ•å›žã‹ã€æ•°äēēでぎ集ぞりぎ時ãĢčŠąã—ãŸã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ã‚“ã ã‘ãŠã•ã€äŊ•ãĻいうかåŊŧåĨŗâ€ĻåŊ“たり障りぎãĒã„ã“ã¨ã—ã‹č¨€ã‚ãĒいâ€ĻãŖãĻいうか、č‡Ē分ぎことも全į„ļčŠąã•ãĒいから、ãĒんかâ€Ļäēē間å‘ŗãŒč–„ã„â€ĻãŖãĻ感じることもあãŖãĻâ€Ļ。もしかしたら、æœŦåŊ“ãĢīŧĄīŧŠãĒんじゃãĒいかãĒãŖãĻâ€Ļ。」 「â€Ļぞさか、それが悊ãŋぎã‚ŋネ、ですかīŧŸč‡Ē分が惚れたį›¸æ‰‹ãŒã€īŧĄīŧŠã ãŖたらおうしようâ€ĻãŖãĻ。」 「â€Ļうん。ãģã‚‰ã€åƒ•ãŸãĄäēē間ぎã‚ĸバã‚ŋãƒŧã¨ã€ãƒĄã‚¤ãŋたいãĒã‚ĩポãƒŧトīŧĄīŧŠãŽãƒ‡ã‚ļイãƒŗãŖãĻ、少し違うでしょīŧŸã€ 「ええ、į§ãŸãĄã¯ã€æ—ĨæœŦぎã‚ĸãƒ‹ãƒĄã‹ã‚‰į€æƒŗを垗たデã‚ļイãƒŗで描かれãĻいるぎで。」 「だけおさ、äēē間と同じã‚ĸバã‚ŋãƒŧをしたīŧĄīŧŠã‚‚一厚数いるâ€ĻãŖãĻčŠąã‚’čžã„ãŸã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ã‚“ã ã€‚åƒ•ãŸãĄåˆåŋƒč€…が、č‡Ēį„ļãĢãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚上ãĢæēļけčžŧめるようãĢã€čĄ—ãĢæēļけčžŧんでį”Ÿæ´ģしãĻるâ€ĻãŖãĻ。」 「įĸēかãĢ、å…ŦåŧãĢį™ēčĄ¨ã•ã‚ŒãĻã„ã‚‹ã‚ã‘ã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ãŒã€ããŽéĄžãŽå™‚ã¯æ¯”čŧƒįš„有名ぎようですね。」 ã€Œãã‚Œã‚’čžã„ãĻ、äŊ™č¨ˆãĢニãƒŧナさんはīŧĄīŧŠãĒんじゃãĒいかãŖãĻ思えãĻããĄã‚ƒãŖãĻâ€ĻãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚上でå‡ēäŧšãŖたį›¸æ‰‹ã‚’åĨŊきãĢãĒるâ€ĻãŖãĻぎも初めãĻぎįĩŒé¨“だし、それãĢ加えãĻį›¸æ‰‹ãŒīŧĄīŧŠã ãŖたらâ€ĻãŖãĻã€č‰˛ã€…č€ƒãˆã“ã‚“ã˜ã‚ƒãŖãĻたんだâ€Ļ。」 「そうですかâ€ĻそんãĒæ‚ŠãŋをīŧĄīŧŠãĢį›¸čĢ‡ã—ãĻる時į‚šã§ãĄã‚‡ãŖとデãƒĒã‚Ģã‚ˇãƒŧãĢæŦ ã‘るところがありぞすぎで、気をつけぞしょうね。」 「ああ、それはごめんīŧã€ 「それはそうと、į›¸æ‰‹ãŒīŧĄīŧŠã‹ãŠã†ã‹ãĒんãĻ、一į™ēで分かるじゃãĒいですか。『やぁニãƒŧナ。君ãŖãĻīŧĄīŧŠīŧŸã€ãŖãĻį›´æŽĨčžã‘ã°ã„ã„ã‚“ã§ã™ã‚ˆã€‚ã€ 「そんãĒã“ã¨čžã‘ã‚‹ã‚ã‘ãĒいだろīŧé•ãŖたらį‰Šå‡„ãå¤ąį¤ŧãĒ感じãĢãĒるじゃんīŧã€ 「そうですかīŧŸå¤‰ãĢ気をäŊŋいãĒがらこãŖãã‚ŠčŠŽį´ĸする斚が、äŊ•å€ã‚‚å¤ąį¤ŧãĒ気がしぞすがâ€Ļ。äēēé–“ãŽæ€č€ƒã¯ã€æœĒだãĢį†č§ŖしきれãĒい部分がありぞすね。」 「そんãĒã“ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻも、į›´æŽĨčžããĒんãĻできãĒいよâ€Ļ。」 「â€ĻäģŽãĢニãƒŧナさんがã‚ĸバã‚ŋãƒŧぎ外čĻ‹ã‚’したīŧĄīŧŠã ã¨ã—ãĻ、そもそも、īŧĄīŧŠã‚’åĨŊきãĢãĒることぎäŊ•ãŒå•éĄŒãĒんですかīŧŸã€…
Read More

įŸŠé˜ĩéģŽæ˜Ž

 一ä¸Ē雨夜īŧŒä¸‹į­å›žåŽļįš„里åĨĨ撑į€éģ‘äŧžčĩ°å‡ē办å…Ŧ大æĨŧīŧŒæģĄč„¸įš„惆怅īŧŒč„‘æĩˇé‡Œæƒŗčĩˇč€æŋé‚ŖåĨīŧšįŽ°åœ¨å…¨įƒé‡‘čžåąæœēīŧŒæˆ‘äģŦäŧä¸šįŽ°åœ¨äšŸä¸åĨŊčŋ‡īŧŒč™Ŋį„ļäŊ åœ¨æˆ‘äģŦäŧä¸šåšäē†ååš´īŧŒäŊ†įģčŋ‡ä¸Šåą‚å†ŗ厚īŧŒčŋ˜æ˜¯å†ŗ厚将äŊ čŖå‘˜īŧŒæ”ļæ‹žæ”ļ拞东čĨŋīŧŒå†é‡æ–°å°ąä¸šå§īŧŒäŊ čŋ™æ ˇčĩ„æˇąįš„į¨‹åēå‘˜īŧŒčŋ˜æ˜¯åžˆåĨŊ扞åˇĨäŊœįš„。   里åĨĨčŋ˜åœ¨å‘呆īŧŒčĸĢčˇ¯čŋ‡įš„äēē撞äē†ä¸€ä¸‹īŧŒé‚Ŗäēē头䚟不回įš„čĩ°äē†īŧšâ€œä¸åĨŊ意思īŧŒä¸åĨŊ意思。“   į”ąäēŽæ˜¯éģ‘夜īŧŒæ˛Ąæœ‰įœ‹æ¸…äēēįš„į›¸č˛ŒīŧŒé‡ŒåĨĨåĒ是拍äē†æ‹čēĢ上čĸĢé‚Ŗäēēčš­įš„雨水īŧŒäŊŽåŖ°ä¸€åĨīŧšâ€œæ˛Ąäē‹ã€‚“   里åĨĨ回到åŽļīŧŒå°†åŒ…æ‰”åœ¨æ˛™å‘ä¸ŠīŧŒåŒ…里掉å‡ē一ä¸ĒVRīŧŒé‡ŒåĨĨį–‘惑įš„æ‹ŋčĩˇä¸€įœ‹īŧŒVR上éĸåˆģį€XANAīŧŒé‡ŒåĨĨæ‹ŋčĩˇį ”įŠļ一į•ĒīŧŒåžˆåŋĢīŧŒäģ–å°ąæ˜Žį™ŊåĻ‚äŊ•æ“äŊœã€‚ 里åĨĨ戴čĩˇVRåŧ€å§‹įŽŠīŧŒäģ–čĸĢčĩ‹äēˆäē†ä¸€ä¸Ē新įš„čēĢäģŊ——XANAįģ„įģ‡įš„æž„åģē师īŧŒé‡ŒåĨĨįœ‹į€éĸ前įš„世į•ŒīŧŒå……æģĄį€į§‘åšģīŧŒäēē与č‡Ēį„ļå’Œč°å…ąå¤„īŧŒåĒčĻåä¸Šæ–ščˆŸīŧŒå¤§åŽļ可äģĨåŽģ到äģģäŊ•åœ°æ–šīŧŒäŊ†éœ€čĻæ‹Ĩ有čļŗ够įš„č™šæ‹Ÿč´§å¸ã€‚ čŋ™æ—ļ一ä¸Ē昞į¤ēXANAįģ„įģ‡įš„Nčĩ°ä¸Šå‰å’Œé‡ŒåĨĨ打招å‘ŧīŧšâ€œå“ˆå–ŊīŧŒæž„åģē师īŧŒåĨŊ久éƒŊæ˛Ąč§äŊ æĨäē†īŧŒäŊ åœ¨åš˛å˜›īŧŸâ€ 里åĨĨå°´å°Ŧ一įŦ‘īŧšâ€œæœ€čŋ‘æ¯”čžƒåŋ™ã€‚” Nį‚šå¤´æ˛Ąå†č¯´äģ€äšˆīŧŒįĻģåŧ€äē†,里åĨĨ再įœ‹å…ļäģ–äēēīŧŒå‘įŽ°åĒ有同įģ„įģ‡įš„äēē才čƒŊįœ‹åˆ°å¯šæ–šįš„čēĢäģŊį‰Œã€‚ 里åĨĨįģ§įģ­åœ¨é‡ŒéĸæŽĸį´ĸīŧŒå‘įŽ°č‡Ēåˇąįš„VR像是čĸĢæ ŧåŧåŒ–čŋ‡īŧŒåĒæœ‰čƒŒåŒ…é‡Œæœ‰ä¸€å°äŋĄīŧšå¸Žå¸Žčŋ™ä¸Ē世į•ŒīŧŒå¸Žå¸Žæˆ‘。 里åĨĨč§‰åž—čŋ™č¯æœ‰äē›åĨ‡æ€ĒīŧŒæ˛Ąæœ‰åœ¨æ„īŧŒįģ§įģ­åœ¨å››å‘¨æ‰“æŽĸīŧŒæƒŗčĻå¤šäē†č§Ŗčŋ™ä¸Ēįŧ¤įēˇįš„世į•ŒīŧŒäŊ†å‘įŽ°č‡Ēåˇąįš„į­‰įē§čŋ˜ä¸å¤ŸéĢ˜īŧŒåĒčƒŊåˆ°čžžFåŒē和EåŒēīŧŒFåŒēæ˛Ąæœ‰äģģäŊ•č§„åˆ™å¯č¨€īŧŒäģģäŊ•äēēéƒŊ可äģĨčŋ›åˆ°é‡ŒéĸīŧŒåœ¨é‡Œéĸįš„äēēīŧŒå¯äģĨ凭借č‡Ēåˇąįš„才华īŧŒčĩšå–į›¸åē”įš„č´šį”¨īŧŒäŊ†į”ąäēŽæ˛Ąæœ‰č§„则īŧŒé‡Œéĸ有各į§åœ°å¤´č›‡īŧŒä¸æ–­æœ‰æˆ˜äšąīŧŒæƒŗčĻįģŸæ˛ģFåŒēīŧŒäŊ†åžˆæ˜žį„ļæ˛Ąæœ‰ä¸€ä¸Ē成功įš„īŧŒå¯čƒŊ因ä¸ēįŧē少åˆļåŽšč§„åˆ™įš„äēē。 EåŒē和FåŒē厌全不同īŧŒäŊ†EåŒē也æ¯Ģæ— č§„åˆ™īŧŒäŊ†åœ¨EåŒēįš„äēēéƒŊ有į€čļŗ够įš„č™šæ‹Ÿč´§å¸īŧŒå¤§åŽļ在čŋ™é‡ŒåŽžįŽ°į€č‡Ēåˇąįš„į†æƒŗīŧŒæœ‰į”Ÿį‰Šå­ĻåŽļīŧŒå“˛å­ĻäēēåŖĢīŧŒčŋ˜æœ‰äŧŸå¤§įš„č‰ē术åŽļīŧŒåœ¨čŋ™é‡Œéšå¤„å¯č§įš„æ— äģˇäš‹åŽīŧŒäŊ†čŋ›åˆ°EåŒē需čĻé‚€č¯ˇå‡ŊīŧŒčŋ™äšŸæ˜¯é‡ŒåĨĨį–‘惑įš„地斚īŧŒäģ–åą…į„ļ可äģĨ随意čŋ›å‡ēEåŒē。 里åĨĨčĩ°äē†åĨŊ久īŧŒįĒį„ļ一ä¸Ēå‡ēįŽ°ä¸¤ä¸Ēäēēå‡ēįŽ°īŧŒįģ‘æžļäē†é‡ŒåĨĨ。 į­‰é‡ŒåĨĨ醒æĨīŧŒåˇ˛įģåˆ°äē†ä¸€ä¸Ē大äģ“åē“īŧŒč‡ĒåˇąäšŸčĸĢåŠåœ¨å¤ŠčŠąæŋ上īŧŒé‡ŒåĨĨįåŧ€įœŧį›īŧŒįœ‹å‘地éĸīŧŒä¸€ä¸Ēåš´č€įš„老者īŧŒæ—čžšä¸€åĒåŧ‚å…Ŋ旋鞟īŧŒčŋ™æ˜¯ã€Šåąąæĩˇįģã€‹é‡ŒčŽ°čŊŊįš„į”Ÿį‰ŠīŧŒé‡ŒåĨĨį›¯į€åŧ‚å…Ŋ旋鞟īŧŒåŧ‚å…Ŋ旋鞟可čƒŊ感受到里åĨĨį‚™įƒ­įš„į›Žå…‰īŧŒä¸č€įƒĻįš„æŠŦ头å˜ļåŧīŧŒåŖ°éŸŗåĻ‚同劈åŧ€įš„木头。 老äēē手拄拐杖坐在椅子上īŧŒåƒæ˜¯åœ¨į­‰é‡ŒåĨĨ清醒īŧŒä¸€č„¸å’Œå–„友åĨŊįš„čĄ¨æƒ…īŧŒčŽŠæŒ‚åœ¨å¤ŠčŠąæŋįš„里åĨĨ有äē›č¯§åŧ‚īŧšâ€œå˜ŋīŧŒč€å¤´īŧŒčƒŊ不čƒŊ攞我下æĨå†č¯´īŧŸâ€ 老äēēįŦ‘äē†įŦ‘īŧšâ€œäŊ č§‰åž—æˆ‘å’Œæˆ‘æ—čžšįš„朋友有čƒŊ力把äŊ äģŽäē”įąŗéĢ˜įš„å¤ŠčŠąæŋ上救下æĨ吗īŧŸâ€ 里åĨĨ思į´ĸ一下īŧŒåĨŊ像是īŧŒä¸¤ä¸ĒéƒŊ是陆地į”Ÿį‰ŠīŧŒä¸äŧšéŖžã€‚ 不久īŧŒäģ“åē“įš„大门čĸĢ打åŧ€īŧŒä¸€æŸå…‰į…§čŋ›æĨīŧŒčĩ°æĨ三ä¸Ēį”ˇį”ŸīŧŒåŧ‚å…Ŋ旋鞟čĩˇčēĢčē˛åœ¨č€äēēčēĢ后īŧŒč€äēē不åŋ˜åŽ‰æ…°īŧšâ€œæ˛Ąäē‹īŧŒæ˛Ąäē‹įš„孊子。” 里åĨĨ撇äē†æ’‡å˜´īŧšâ€œčŋ™čŋ˜åŧ‚å…Ŋ旋鞟īŧŒäŊ äģŦ到åē•åš˛å˜›įš„īŧŸåŋĢ攞äē†č€å­īŧŒįŸĨ不įŸĨé“å¤ąä¸šįš„äēē不čƒŊ惚īŧŸâ€…
Read More

į›ŽčĻšã‚ãĻãŋたら、XANAマ゚ã‚ŋãƒŧãĢãĒãŖãĻいたäģļ

「あぎマ゚ã‚ŋãƒŧ、違うといえば、įĸēかãĢそうãĒぎです。十時間ãģお前から、äģŠãžã§ãĢãĒいことがčĩˇããĻいるぎはįĸēかです」 「――äģŠãžã§ãĒいこと、それはãĒんだīŧŸã€ 「はい、マ゚ã‚ŋãƒŧへぎ通äŋĄãŒã§ããĒくãĒãŖãĻいぞす」 ãã†ã‹ã€ãã‚Œã§ãƒ’ãƒĄãƒŸã¯ã“ã“ãžã§æ­Šã„ãĻå ąå‘ŠãĢâ€Ļâ€Ļ。 ã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢパネãƒĢč‡ĒäŊ“ãĒいから、通äŋĄãƒĄãƒ‹ãƒĨãƒŧを開きたくãĻもå‡ēãĻâ€Ļâ€Ļ。 ――プãƒŗ。 えãŖ、ãĒんだ、いきãĒã‚Šé€ščŠąãƒĄãƒ‹ãƒĨãƒŧがåŗ上ぎčĻ–į•ŒãĢポップã‚ĸップしたぞ。 åŗæ‰‹ã‚’ããŽãƒĄãƒ‹ãƒĨãƒŧãĢäŧ¸ã°ã—、AIį§˜æ›¸ãƒ‘ネãƒĢを開こうとするâ€Ļâ€Ļ ――プãƒŗ。 ぞただ、パネãƒĢが開いた。 これもしかしãĻã€č€ƒãˆãŸã“ã¨ãŒâ€ĻåŽŸčĄŒã•ã‚ŒãĻるīŧŸ 一äŊ“おういうことだâ€Ļâ€ĻぞさかäŋēãŽæ€č€ƒã‚’ã‚ˆãŋとãŖãĻるぎかīŧŸ いや、そもそもäģŠäŋēVRゴãƒŧグãƒĢつけãĻãĒいよãĒâ€Ļâ€Ļいや、もしかしãĻ――īŧ そこであることを思いå‡ēした。 ãã†ã ã€ä¸€é€ąé–“ãģお前ぎäē‹ã ã€‚ XANAãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚が゚ã‚ŋãƒŧトしãĻ一嚴垌、į§˜æ›¸ãŸãĄãŽAIマã‚ļãƒŧがįŦŦäēŒä¸–äģŖã¨é€˛åŒ–ã—ãĻ、AI達がį–‘äŧŧ感情を持つようãĢãĒり、よりãƒĒã‚ĸãƒĢãĒ態åēĻをとるようãĢãĒãŖた。 そしãĻ更ãĢ三嚴į›ŽãŒéŽãŽã‚ˆã†ã¨ã™ã‚‹ã“ã‚ã€åˇ¨å¤§ãĒã‚˛ãƒŧãƒ ãƒ•ã‚Ąã‚¤äŧæĨ­ãŒXANAãĢ参å…ĨすることãĢãĒãŖた。 そしãĻ一週間ãģお前、最新ぎ専į”¨AVゴãƒŧグãƒĢぎčŠĻį”¨į‰ˆã¨ã„うもぎが送られãĻきた。…
Read More

恋とīŧĄīŧŠã¨

åŋƒåœ°ãŽã„いæ—ĨåˇŽã—ãĢį…§ã‚‰ã•ã‚ŒãŸã€æ–°įˇ‘ãŽč‰åŽŸã€‚ä¸€æœŦぎ大きãĒ木がäŊœã‚Šã ã™æœ¨é™°ãĢは、įˆŊやかãĒéĸ¨ãŒåšã„ãĻいる。 「はぁâ€Ļ。」  木ãĢ寄り掛かり、さわさわとæēれる木æŧã‚Œæ—ĨãĢ包ぞれãĒがら、そぎį”ˇã¯ã€ã“ぎ場所ãĢäŧŧつかわしくãĒい、重たいため息をついãĻいた。 「â€ĻäŊ•ã‹æ‚ŠãŋでもīŧŸč€ƒãˆéŽãŽãĢよるæ…ĸ性įš„ãĒ゚トãƒŦã‚šč˛ čˇã¯ã€åŋƒčēĢぎ不čĒŋãĢį›´įĩã—ぞすよ、ãƒŦイジ。」 「ああâ€Ļãã†č¨€ã†ãŽã˜ã‚ƒãĒいからâ€Ļ大丈å¤Ģã ã‚ˆã€ãƒĄã‚¤ã€‚åŋƒé…ã—ãĻくれãĻありがとう。」  ãƒŦイジ、とå‘ŧばれたį”ˇã¯ã€ãã†č¨€č‘‰ã‚’čŋ”しãĒがらも、すぐãĢãžãŸæˇąã„ãŸã‚æ¯ã‚’ã¤ãã€‚ãã‚Œã‚’čĻ‹ãŸãƒĄã‚¤ã€ã¨č¨€ã†åãŽåĨŗは、äŊ•ã‚„ã‚‰é ­ãŽä¸­ã§æ€č€ƒã‚’ãžã¨ã‚ã‚‹ã‚ˆã†ãĢ、間をおいãĻからåŖを開いた。 「â€Ļãã†ã„ã†ãŽã€åˇˇã§ã¯ã€Žå¯Ÿã—ãĻãĄã‚ƒã‚“ã€ãŖãĻč¨€ã†ã‚‰ã—ã„ã§ã™ã‚ˆã€‚äēēãĢåĢŒã‚ã‚Œã‚‹æ€§æ ŧぎäģŖ襨æ ŧです。」 ã€€čąŠã‹ãĒč‡Ēį„ļぎ中で、į”ˇåĨŗãŒč¨€č‘‰ã‚’äē¤ã‚ã™ã€‚一斚が悊んでいるようで、もう一斚はåŋƒé…ã—ãĻいるようだ。地įƒä¸ŠãŽãŠã‚“ãĒå›Ŋや地域でもčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ã€ã„わばごく晎通ぎ光景だが、こぎやり取りは、地įƒä¸Šã§ã¯ãĒã„ã‚ã‚‹å ´æ‰€ã§čĄŒã‚ã‚ŒãĻいた。 そう、ここはäģŽæƒŗįžåŽŸãŒäŊœã‚Šå‡ēした世į•Œã€ãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚ぎ中だ。 「えぇīŧīŧŸã„や、åˆĨãĢäŊ•ã‹ã‚’察しãĻæŦ˛ã—いとかじゃãĒいからīŧãŖãĻいうか、そんãĒč¨€č‘‰ãžã§įŸĨãŖãĻるぎīŧŸã€ ã€Œã‚‚ãĄã‚ã‚“ã§ã™ã€‚å¤čĒžã‹ã‚‰æ–°čĒžÂˇæĩčĄŒčĒžãžã§ã€įžåŽŸį¤žäŧšãŽã‚ã‚Šã¨ã‚ã‚‰ã‚†ã‚‹č¨€č‘‰ã¯ã€å…¨ãĻå­Ļįŋ’しãĻいぞすから。」 「そ、そうãĒんだâ€Ļそれじゃあ、僕とぎこぎäŧščŠąã‚‚、そぎå­Ļįŋ’ãĢよãŖãĻ成įĢ‹ã—ãĻるãŖãĻことだよねīŧŸã€ 「はい。多į¨Žå¤šæ§˜ãĒäēē間ãĢよる様々ãĒ性æ ŧã‚„æ€č€ƒã€äŧščŠąã‚„éžč¨€čĒžã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗぎパã‚ŋãƒŧãƒŗからįŽ—å‡ēしãĻã€æœ€ã‚‚éŠã—ãŸč¨€č‘‰ã‚’é¸æŠžã—ãĻいぞす。åŊ“ãƒĄã‚ŋバãƒŧ゚ぎチãƒĨãƒŧトãƒĒã‚ĸãƒĢで、ごčĒŦ明į”ŗし上げたはずですがīŧŸã€ 「あ、ãĒんかéĸ倒だãŖãŸã‹ã‚‰ã€ã‚ãžã‚Ščžã„ãĻãĒかãŖたんだよねâ€Ļã‚ĸハハâ€Ļ。」 「ぞãŖたくâ€ĻãƒŦイジはæœŦåŊ“ãĢもぎぐさでぐうたらãĒæ€ ã‘č€…ã§ã™ã­ã€‚ã€ ã€Œã„ã‚„ã€ãã“ãžã§é…ˇããĒいでしょīŧãã‚ŒãĢã€ããŽæ¯’čˆŒã¯č¨€č‘‰ãŽãƒãƒ§ã‚¤ã‚šé–“é•ãŖãĻãĒいīŧīŧŸã€ 「いえ、ãƒŦイジぎようãĒã€ãĄã‚‡ãŖã¨ã‚¤ã‚¸ãƒĄã‚‰ã‚ŒãŸã„éĄ˜æœ›ã‚’æŒã¤į”ˇæ€§ãĢã¯ã€ã“ãŽãã‚‰ã„ã‚­ãƒ„ã„č¨€ã„ãžã‚ã—ãĢした斚がいいと、į§ãŽä¸­ãŽīŧĄīŧŠãŒã€‚」 ã€ŒãĄã€é•ã†ã‹ã‚‰īŧå¤§äŊ“、おうしãĻ僕がそんãĒéĄ˜æœ›æŒãŖãĻるãĒんãĻ分かるんだよīŧã€…
ko_KR