Reborn As A XANA Master

3話 「フレンド通信」


「あのマスター、違うといえば、確かにそうなのです。十時間ほど前から、今までにないことが起きているのは確かです」

「――今までないこと、それはなんだ?」

「はい、マスターへの通信ができなくなっています」

そうか、それでヒメミはここまで歩いて報告に……。

コントロールパネル自体ないから、通信メニューを開きたくても出て……。

――プン。

えっ、なんだ、いきなり通話メニューが右上の視界にポップアップしたぞ。

右手をそのメニューに伸ばし、AI秘書パネルを開こうとする……

――プン。

まただ、パネルが開いた。

これもしかして、考えたことが…実行されてる?

一体どういうことだ……まさか俺の思考をよみとってるのか?

いや、そもそも今俺VRゴーグルつけてないよな……いや、もしかして――!

そこであることを思い出した。

そうだ、一週間ほど前の事だ。

XANAメタバースがスタートして一年後、秘書たちのAIマザーが第二世代と進化して、AI達が疑似感情を持つようになり、よりリアルな態度をとるようになった。

そして更に三年目が過ぎようとするころ、巨大なゲームファイ企業がXANAに参入することになった。

そして一週間ほど前、最新の専用AVゴーグルの試用版というものが送られてきた。

XANA立ち上げ時から参加しているαパスというNFTを持つ初期勢に試してもらいたいと、突然送られてきたものだ。

そういえば、それをつけてから、なぜかAI秘書たちの反応が良くなった気がしていた。

そんな思考を始めながら、俺は改めてAI秘書パネルを見た。

第一秘書のヒメミ、第二秘書のミサキ、第三秘書のカエデ、そして三週間ほど前に入手した第三世AI搭載の第四秘書のマミが表示されている。

しかし通信パネルがどれもOFFになっている。

なるほど、確かに通信機能が使えなくなっているようだ。

「それと、マスター、よろしいでしょうか?」

考え事をしている俺に、ヒメミが遮るのをためらうようかのに言った。

これも、人の感情を読み取ってのことだと思うと恐ろしいぐらいだ。

「それと?何か他にもあるのか?」

「はい、今日のデュエルですが、AI戦リーグ以外参加者がいないようで、どこも行われていないようなのです」

「AI以外のリーグ……それは、ログインしている人が殆どいないってことか……」

「はい、おそらくそうだと思います」

「あっ、そうですマスター、さっきミサキもアトムにデュエルとニワトリファイターのデュエルリーグみてきたんですけれどぉ、AI達しか見かけませんでしたよ」

「……いない」

どういうことだ?ログインしている者が殆どい居ない……。

いや、そもそも俺だってログインしているのか?

これまさか夢とかじゃないよな……どんなにリアルな夢でも、夢という存在を認識していれば、夢を見ているという感覚は沸くはず……だよな。

そうすると、もしかしてライトノベルでよくある、あの転生とかいうやつか?

それだと……俺死んたってこただよな?

もしかして、寝ているうちに死んでしまって、転生したとかかよ――。

ここはXANAメタバースてなく、それと似た異世界ってことか?

いやいやいやいやいやい……そんなのライトノベルの世界ぐらいだろ……

だいたい俺は、ラノベ主人公みたいにあっさりそんなもの受け入れられないぞ――。

 

そうだ、フレンド通信……

――プン。

やはりだ、思った瞬間に必要なメニューが立ち上がり、手を伸ばさなくても反応する。

あれ、フレンド登録は百人近くあったはずだが、三十名ほどしかリストがない。

どういうことだ……

その中でオンラインマークが付いているのは十人ほどだ。

そこで俺はある名前を見つけてちょっとほっとする。

ヤキスギさんだ。

同期のころから参加しているXANAリアンで、メタバース立ち上げ前から、コミにティーにいつもいるお方だ。

メタバースが稼働してからでも、XANAに住んでいると言われる伝説があるほどお方だ。

彼がいるだけでなんだか少し安心した気分になる。

だが、問題は通信が使えない、ということは、マップ表示も……やはりだけだ、マップはでるが居場所はでない。

彼が自分のランドにいればいいのだが……。

世話好きの彼だ、果たしておとなしく、自分のランドにいるかどうかが問題だ。

だが、今は、とりあえず、現状確認には、他のザナリアンに会いに行くのが正しい選択肢だと思える。

 

 

(JIRAIYA:著/オーブ:編)

en_US