Reborn As A XANA Master

7話「牡丹餅とオンブ」


お気に入りのスケボーに乗って、パッションソルトのオムライス店に着いた。

店員AIのミルちゃんに、スペシャルオムライスを注文する。

スペシャルは、通常のオム(ライス)よりも五割増しの価格だが、スタミナアップだけでなく、スケボーのスピードアップにもなるのでお得だ。

「ミルちゃん、今日は店長、いや、オーナーのソルトさんと会った?」

「いえ、会っていませんよ」

顔馴染みなので、ミルちゃんは愛想よく答える。

「というかですね、オーナーとなぜか通信できなくて、困っているんですよ」

「あっ、やっぱり、そうなんだ!」

「よいたろうさんもですか?」

「そうなんだよ、秘書たちと通信できなくてさ、そしたら彼女たち、直接俺のところまで来たよ」

「そうなんですね、私、店番があるからオーナー探しに行けなくて困っているんですよ」

「そうだよねー」

「と言ってもですね、今日のお客様、よいたろうさんだけなんですけれど」

確かに、ワンブロックだけだがAI以外のアバターには、まだ出くわしていない。

「イッタイゼンタイ、どうなっちゃってるんでしょうか……」

「うん、バグでも起きているのかもしれないね」

もっと深刻なことになっていそうだが、ここでこの娘を不安にさせることもないだろう……って、AIが不安になるのかな?

「もし、うちのオーナーをみつけたら、心配だから、会いに来てほしいと伝えてくれませんか?」

「もちろんだよ。伝えておく、ミルちゃんが寂しがってたってね」

「うふ、ありがとうございます、よいたろうさん」

「いえいえ、きっとソルトさん、可愛いミルちゃんが、寂しがってるって言えば、大盛オム食べてすっ飛んでくるさ」

「あら、私に可愛いだなんて、チクっちゃいますよ。ヒメミさんに……」

「いや、それは勘弁して」

「はい、お待たせしました」

オムライスを受け取ると「シャキン!」と課金され、ポップアップが三秒表示された。

「おっ、ありがとう」

いつもだったら、ワンクリックで腹に収まるんだが、どうもその手のパネルはないらしい。

実際に口から食べるしかないみたいだ……。

スプーンですくい口にいれる。

えっ!? やばい、これうまい!

味覚までリアルになっているのか……どうやって脳をだましているんだ?

やばいな、本当にうまいぞ。

あまりにうまかったので、店先にあるテーブル席に座り、じっくりと味わうことにした。

せっかくだから、オレンジジュースも注文する。

ヒットポイントが一時間ほど、二十パーセント上昇するブースタージュースだ。

その時間の感覚自体が怪しいが、数分で完食した。

――ビクッ!

時計を見たいなと思ったら、ポップアップした。

どうも、この自動思考読み取りは便利だが、視界に突然パネルが現れるので驚く。

こいつは慣れるまで大変だ。

時間はもう十時を過ぎていて、親切なことに、今日の天気は晴れ時々曇りと表示されている。

最近は天候や季節まで再現されるようになっているし……。

陽の高さまで再現されている。

待てよ、食感があるってことは……。

これってもしかして、空腹感とか満腹感とかも出るのか?

と考えて、急に不安になってきたことがある。

もし自分の体が現実の世界でずっと寝ているとしたら……水も飲まず過ごしていることになる。

三日もしたら、脱水症状で死んでしまうかもしれない。

なんかそんなラノベあったよな……メタバースみたいな世界に入ってしまい、出られなくなって、点滴で生かされたやつ……。

もしかしてそれか……。

 

「マスター?」

「――えっ?」

突然背後から声をかけられて振り返った。

マミが立っていた。

「あれ、マミは行かなかったの?」

「うん、やっぱり一人だと寂しいから、戻ってきた。マスターと一緒がいいの」

萌え萌え……。

あー、ほんと可愛い。

やばいなこの娘。

いや、俺は決してロリコンじゃないぞ。

何度も言うが、父性が芽生えただけだ。

ちょうど小学生低学年ぐらいの身長で、容姿もそうだし、立ち振る舞いもそんな感じだ。

第三世代AIは、どうもそういう設定が多いらしい。

いや、多いと言っても、第三世代AIの五割にも満たないようだが。

知能だけでなく、体も成長していくということで、かなり高度に作られているらしい。

まだ試験運用中とかで、今のところ所持できるのは、初期勢の特権を示すαパス持ちだけだ。

「わかった、じゃあ一緒に行こう」

「――うん!」

満面の笑みがまたかわゆす。

「そういえば、ブーストアイテムは購入したの?」

「ううん、まだ」

「そっか、じゃあ、買ってから行こう。なにがいい?」

「おはぎ!」

「おはぎか、じゃあツーブロック先に、おはぎ屋さんがあるから寄って行こう」

おはぎ屋さんも、同じくXANA初期ギルド、ユニオン仲間のボタモチさんが出しているチェーン店だ。

そこへ向けて、スケボーを走らせようとしたが……。

マミを走らせても、ブーストしたスケボーにはついて来れないよな。

二人で乗れるわけないし……そうだ、おぶって乗れるのか?

やってみるか……リアルでは不可能なことも、メタバースならできるかもしれない。

「マミ、オンブしてあげるからおいで……」

「えっ、ほんと――!」

マミは腰をかがめた俺の背中に跳びつき、肩にしがみついた。

おっ、質量は感じるが、ものすごく軽い……これなら余裕だ。

なんか都合よくできているらしい。

そもそもアバターに質量なんてないはずだが、そこそこの重さは設定されているようだ。

「じゃあ、行くぞー!」

「うん!」

 

おはぎ屋さんにつくと、やはり顔なじみの店員AIがいた。

ボタモチさんは、他にもムーブトゥーアーンのメタバースジムを経営している。

鍛えることで稼ぐというタイプのゲームファイだ。

詳しく意味を知りたければ、ググってくれ。

「いらっしゃいませ、よいたろうさん」

「こんにちは、おはぎワンパック、いやツーパック下さい」

「はい、かしこまりました」

俺は六個入りパックのおはぎを二つ注文した。

おはぎの大きさは、卵よりも少し小さいくらいの一口サイズなので、十二個と言ってもたいした量ではない。

「今日って、ボタモチさんと連絡できてる?」

「いいえ、今日は社長どころか、他のAIたちとも通信ができなくて困っているんです」

「やはりそうなんだね。じゃあ、どこに居るかわからないよね?」

「そうですね、今はどこにいるのか分からないんですが、昨晩十時頃、ギルドの緊急集会があるから出かけるって言ってました」

「えっ、緊急集会!?」

「はい、なんだか、どんどん強制ログアウトされている人が出て、サポートにも連絡つかないとか……」

「やばっ、俺昨日の夜、寝落ちしてたから、その時ギルドから連絡あったのかも……」

「そうなんですね、多分そうだと思います」

「ありがとう、ギルド本部に行ってみるよ」

おはぎのパックを受け取って背を向けた。

「はい。なにか異常事態が起きているかもしれませんので、お気をつけくださいね」

「分かった。ありがとう」

 

おはぎをマミに二つ食べさせた。

「おいひぃーマヒター、あひぃがとう」

マミは美味しそうに、頬張った。

再びマミを背負い、スケボーをとばす。

ブーストのおかげで、倍速になっているのを肌で感じる。

――肌感!

そうか、空気もないのに、風を肌で感じ取れている。

いつからこんな仕様になったんだ!

こいつは凄いな……爽快にスケボーを走らせる。

一蹴りでワンブロックは進む感じだから、おおよそ五十メートルはいける感じだ。

ギルド本部まで、おおよそツーブロックを切ったところで、マミが俺の肩を強く掴んだ。

「止まってマスター! 止まって止まって――!」

(著作:Jiraiya/ 編集:アヒッル)

en_US