Reborn As A XANA Master

9話「おじさんと援軍」


声のする方を見た。

俺の手、といってもアバターの手だが、そこに縫い付けられているおじさんと目が合った。

リアムアバターは、XANAメタバース内では知る人ぞ知る大人気アバターだ。

本体は可愛い女の子のアバターだが、引きずるシリーズというのがあり、右手に何かを掴んでいる。

俺が今、身に着けているアバターは、こんな設定がされている――。

『元ОLのマキ。飲み会で酒が入ると、新人のОLたちに、すぐに説教を始める。セクハラするキモ親父たちを狩り、その見せしめとして、おじさんをいつも一体引きずり回している』

いつもは、移動の時に「超ー邪魔くさいなあ」と思っていたのだが、そのおじさんが救ってくれた。

いや、たまたまなのだが。

「おじさん、喋れたのか――」

おじさんは、身動きせず知らんぷりをする。

「おいおい、今確実に目が合ったよね――」

「――デュエル!」

「――デュエル!」

突然、ペンギンたちの後方で、その声は聞こえた。

そこからおじさんの存在は忘れてしまった。

ウルトラマンのデュエルカードとアトムのデュエルカードがペンギンたちの後方に出現する。

助けに来てくれたのだ!

ペンギンたちの列が削られていくと、その正体が分かった。

ヤキスギさんとそのAIだ。

さらに、俺たちの前にニワトリアバターが入ってきた。

「――デュエル!」

ニワトリ大好き、闘鶏師で養鶏場経営のリブさんだ。

ニワトリファイターのデュエルカードを出して、ペンギンたちを前列から削っていく。

前後から削られたペンギンたちは、五分ほどで全滅した。

「大丈夫ですか、よいたろうさん?」

ヤキスギさんも駆け寄ってくる。

「危ないところでしたね、あっ、もう少し早ければ……」

マミの欠けた右足を見て残念そうに言った。

「いや、二人ともありがとう。ほんとどうなるかと思った。助かったよ」

心底ほっとした。

デュエルが終了しても、マミの欠けた足が戻る様子はない。

そもそもデュエルゲームでアバターが欠損することはないのだから、通常のデュエルが発生しているわけではないようだ。

「よいたろうさん、他の秘書たちはどうしました?」

ヤキスギさんが尋ねる。

「ああ、ヤキスギさんを探しに、ヤキスギさんのランドに行かせたんですよ」

「そうでしたか、呼びに行かせましょうか? まあ、やつらマスターを狙ってくるんで、そのままの方がAIたちには安全なんですが……その子の状態じゃ助けが必要ですよね」

「うん、申し訳ないけど、頼みます」

ヤキスギさんは、自分のAI秘書にスケボーを渡して、自分のランドに探しに行くように命じた。

「詳しい話は、ギルドハウスでしますね。他のメンバーもいますから、行きましょう」

俺が色々と聞きたそうなのを察して、ヤキスギさんが言った。

「あのペンギンたちは九十分ごとに襲ってくるんです」

リブさんが、マミを抱えて跪いていた俺に手を差し出して立たせてくれた。

ギルドユニオンの建物前では三体のAIたちが立っていた。

ペンギンたちの襲来に備えているのだろう。

(著作:Jiraiya/ 編集:オーブ)

en_US