Back

类别: Chapter 2

13职位

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第2章
/
Episode 12 12話「有志とパッション」
/
by (JIRAIYA:著)
「ぺんちょたん、なんで頭ついてんの?」 「はっ? リアムンちゃん、頭なかったら生きてないぺん――!」 「だってさぁ、XANAに頭おいてきたんだよねー」 「だから――」 そんないつもの会話から始まったのは、ギルドユニオンのオンライン・ゼーム会議だ。 右サイドに参加メンバーが表示されている。 サブギルマスのパッションソルトさん。 運営とのパイプを持つぺんちょさん。 デザイン部のリアムンさん。 制作部のリヨウさん。 警備部のオーブンさん。 宴会部のまこちゃんさん、ユウホさん。 初心者案内部のルドさん、ハマヤンさん。 クリプト部のビットンさん、ベンガさん。 など、その他二十人ほどのギルメンたち。 そしてクイーンギルトのウミユキさんが参加していた。 リアルタイムで通信ができないので、俺はあとからこの会議の様子を録音で聞いた。 だから誰の発言か分からないところもある。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第2章
/
Episode 13 13話「ペットとボート」
/
by (JIRAIYA:著)
新しく設立された地下迷宮オブロは、ビーチからすぐ見える無人島に設置されている。 この島自体が新しく作られたワールドだ。 必要な装備を購入するため海岸通りのショップに立ち寄った。 ヤキスギさんにいただいたJXBカードでパッションソルトさんのオムライス、リアムンさんのアバター、ヤキスギさんのおやきを購入した。 AI秘書たちの武器防具は、既にアイテムを用意してあるが、念のため確認しておくことにした。 アイテムバッグを意識するだけでパネルが表示される。 とてもリアルで持ち運べる量ではないが、それがメタバースのいいところだ。 アイテムの中に点滅しているものが二つある。 あっ――! そうだ、ペットのリビールだ。 リビールとは、購入した時点では中身が開示されないNFTが公開されることだ。 クリックを意識すると、ポン、ポンと飛び出してきた。 一匹目はかなりでかい犬だ。 「あっ、マスター、そのセントバーナード、騎乗スキルあります!」 ヒメミがいち早くステータスを読み取ったようだ。 少し遅れて俺も『ステータス』を意識してポップアップされたデータを確認した。 大型犬、セントバーナードタイプ。 救助スキルを持つ、戦闘時は使用できない。 スキル使用後、全ステータスを全回復する。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第2章
/
Episode 14 14話「裏切者」
/
by (JIRAIYA:著)
桟橋にボートが近づいてくる。 カエデは相変わらず、船首に仁王立ちして腕を振り回している。 操縦席に人影は見えるが、まだ誰かは分からない。 ゆっきーさんが、XANAメタバース内にログインしていることは確かだが、マップを開いても表示されないし、通信もできないので、ゆっきーさんである確証が持てない。 それでも、特定の区域だけのようだが、ログイン状態だけでも確認できるのはせめてもの救いだ。 「マスター、ゆっきーはんどすえ。ユニオンのゆっきーはんどしたで――」 カエデの声が届いた。 やはりゆっきーさんか、でも他の三人は見当たらない? 船が桟橋に着いたので、急いで操縦席に向かった。 「よいたろうさん!」 「ゆっきーさん、よくぞごぶ……」 ゆっきーさんの両足はなかった。 「あははー、大丈夫ですよ、見た目はこんなんですが、痛くもかゆくもないから」 そう言われても、やはりなんか痛々しい。 「そっ、そうみたいですよね……やはりバスターペンギンたちに……」 「そうです、やられました。それで戦力にならないので、俺とこの娘、カナはボートに残ってました」 「なるほど、では、ダブルティムさん、たもつさん、ボタモチさんは、オブロに入ったんですね」 「そうです。あっ、詳しい話は後でします。あと五分ほどで奴らが来ます。早く全員ボートに乗せてください」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第2章
/
Episode 15 15話「地下迷宮オブロ専用AI」
/
by (JIRAIYA:著)
伝書鳩に、ゆっきーさんと合流し共にオブロに突入をする旨と、ぺんちょさんに個人的な頼み事を一緒に録音した。 帰路指示のパネルを意識でクリックすると、伝書鳩ポッポルは飛び立った。 こちらから新たに通信ペットを送るためには、この見えない境界線の所まで戻ってくる必要がある。 一度オブロ突入してしまったらギルドとの連絡は困難になるだろう。 桟橋にボートを止めて上陸すると、五十メートルほど歩いたところに洋館が建っていた。 地下迷宮オブロの表示が浮かぶ。 「マミはオブロのマニュアル持ってるよね。私たちに共有してちょうだい」 ヒメミの指示で、マミはなにやら始めた。 第三世代秘書は、イブをマザーとしてオブロ専用に作られたらしいから、データは持っているのだろう。 マミを意識すると、データの共有画面が出てくる。 ヒメミ、ミサキ、カエデにオブロの情報を送信しているようだ。 「えっと、ゆっきーさんの第三世代秘書は……」 俺は聞くのを躊躇っていたのだが、必要だったので言葉を濁しながら聞いた。 「プラティは、ボタモチさんたちと一緒に行かせました。俺といるより役立つと思ったので」 生きているのか、よかった――! 「そうでしたか、じゃあマミ、カナちゃんにもそれ共有して」 「はい、マスター」 「ありがとう。カナ、データ受け取って」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第2章
/
Episode 16 16話「戦闘隊形」
/
by (JIRAIYA:著)
ふと、リアムアバターが右手に引きずっている、セクハラ上司おじさんと目が合った。 「おじさん、さっきは助かったよ、ありがとう」 おじさんが頬を赤らめてもじもじする。 ――げっ、照れてるんかい! 「きもっ――!」 全員が俺の方に注目する。 「ゴメン、なんでもない……。俺、アバター着替えるよ」 そう言ってアイテムボックスから、海岸通りのショップで購入したリアムアバターを取り出す。 『交通事故で天国に行って、天使に輪廻転生を勧められたが、丈夫な体が欲しかったマロンは、地獄に行ってアンドロイドの体にしてもらった。そのとき捕まえた悪魔に首輪を付けて引きずり回している』 セクハラ上司よりは強そうだと思って買った。 このバグった世界で、設定が具現化しているとすれば、アンドロイドも悪魔も強そうだと思ったからだ。 「俺も着替えようかな……」 ゆっきーさんは、同じくリアムアバターの引きずるシリーズを着ていた。 ただし、引きずっているのはサンマだ。 そういえば、みんなアバターを着ていても、誰だか分かるのが不思議だ。 今までは、頭上にネームが出ていたが、バグってからは出ていない。 意識すればステータスを見ることができるが、どうやら『誰』という認識は自動的に頭に入ってきているようだ。 「――キャー!」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第2章
/
Episode 17 17話「ジェネシスカード」
/
by (JIRAIYA:著)
両開きの扉を軋ませながら扉を開く。 先の見えない緩やかな下り坂がずっと続いている。 ここからは一本道にしか見えないが、幅はかなり広く、天井もかなり高い。 幅は五人ぐらいが横に並んでも余裕のある広さで、高さも十メートル以上はありそうだ。 隊列は、一列目左から、ヒメミ、カナ。 二列目左から、忠臣君、カエデ、ダチョウに乗ったゆっきーさん。 三列目左から、ミサキ、センちゃんに乗ったマミ、俺だ。 これでパーティ制限の十人になってしまったので、他のペットは出せない。 「あの、マスター」 「ん? なんだマミ」 「ここって、モンスターだけじゃなくて、罠もあるから危ないよ」 ズドン――! 「うわーっ」 右の端っこを歩いていた俺は、さっそく罠にかかった。 壁に刻まれた文様に気を取られていて、下をまったく見ていなかった。 明らかに仕掛けがあると分かる。 その床だけ正方形の切れ込みがあったのだ。 幸い、穴の深さは一メートルもなく、ダメージはまったく無かった。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第2章
/
Episode 18 18話「うちが、魔導士やってきます」
/
by (JIRAIYA:著)
「えっ? 魔導士やってくるって、カエデどういうこと?」 「マスター、まあ見ててください! いいですよね?」 「いいけど、あまり危険なことはしないでくれよな」 「マスターにそんなん言われたら、キュンキュンしてまうわ」 「別に特別な意味じゃないぞ、みんな大事だからな」 ヒメミの背中がびくりと反応したので咄嗟にフォローを入れる。 「戻ってきたら、ギューしとくれやっしゃ!」 「そっ、それは……」 背中からでも、ヒメミの額に青筋が立ったのが想像できる。 「マスター、カエデだけなんてずるいです。次は私ですからね!」 「ミサキも頑張ってるから、分かってるから……」 「ほな行ってくるなぁ。忍法、隠密」 カエデの身体が薄くなった。 おそらくこれがステルススキルで、敵からは全く見えないのだろう。 うわっ、壁走れたのかよ――! カエデは壁を走り登って、そのまま前線を越えてゴブリンたちの背後に消えた。 「ギャッ――!!」 どうやらステルス状態でゴブリン魔導士を攻撃しているようだ。…
zh_CN