Back

类别: Chapter 3

13职位

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第3章
/
Episode 25 25話「与えられる自由と奪われる自由」
/
by (JIRAIYA:著)
暗いよ……暗いよ、ママ、ママ。 ママ―どこ、どこー……。 怖いよ、怖いよー、ママ、ママ、ママ……。   ――三年前のあるマンションの一室。 ある男とフィアンセがそこにいた。 その男は天風好一という三十歳代のAIエンジニアだ。 「どうしたんだ美幸?」 看護師の美幸は、その日やけに落ち込んでいた。 「うん……、今日ね、うちの病院に交通事故にあった、六歳の女の子とお母さんが運ばれてきたんだけど……」 そこで言葉に詰まった美幸に、天風が助け舟を出す。 「ひどい事故だったのか?」 「うん、二人とも命は取り留めたんだけど、女の子はほぼ全身が麻痺、おまけに目も喉もやられてて……鼓膜もやられてて」 「そっ、それは酷い……お母さんは?」 「お母さんは意識不明で、おそらく回復は難しいと思う……」 「そうか……」 「その子がね、出ない声を必死に振り絞って、ほとんど声になっていないんだけどね……」 「うん」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第3章
/
Episode 26 26話「活動限界」
/
by (JIRAIYA:著)
怖い……ママ……。 暗い……ママ……どこ? 真っ暗闇だ。 少し意識が飛んでいたようだ。 もさもさの毛の感覚……。 ――そうか、センちゃん。 自分が掴んでいるのが、セントバーナードのセンちゃんだと気づく。 マミは……? みんなは……? 明かり、そうだ、明かりが必要だ。 バードスキルに明かり……そう思考しただけで、トーチというスキルが浮かぶ。 ピカッ――。 くっ、眩しい……。 すぐにスキルが発動した。 「マスター!」 ほぼ、同時に聞こえた声は、ヒメミとミサキだった。 眩しくて目を開けられず、慣れるまでに数十秒かかる。 あたりの様子が確認できるようになると、すぐそばにマミが横たわっているのに気がついた。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第3章
/
Episode 27 27話「膝枕と全滅」
/
by (JIRAIYA:著)
ん? 活動限界ってなんだよ、エバかよ……。 なんだかヤバい、身体が動かない……。 金縛りってやつか――。 「マスター、マスター、どうしたんですか――!」 ああ、ヒメミ、俺、急に身体が動かなくなって……。 「マミ、マスターはどうなったの?」 ヒメミの声がくぐもって聞こえる。 あれ、俺の声が届いてないのか……なんか水中にいるような感覚だ……。 「えっと……えっと……」 「クレリックのスキルで状態異常とか、わかるよね?」 「診断視スキル発動! ……あの、マスターはたぶん寝てるだけ……」 「寝てる?」 「うん、毒とか呪いとかデバフとか、そういうのじゃないよ」 「ほっ、そうなのね。ただの睡眠。よかった」 ヒメミは安心したようだが、ミサキはまだ不安なようだ。 「じゃあ、今朝のように、六時になったら起こせばいいのかな?」 「そうねミサキ、そうしましょう」 あれ、俺リアルではまだ寝てるんだよな……。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第3章
/
Episode 28 28話「初のボス戦と判断ミス」
/
by (JIRAIYA:著)
「マスター、AIパネルとフレンドリストパネルを確認してください」 そうだ! 生き残っていればそれで分かるじゃないか。 意識をAI秘書管理パネルに集中させる。 プン――。 すぐにポップアップが浮かび、ほっとする。 カエデも忠臣君も健在だ。 その証拠は、名前が白くはっきりしているということだ。 消滅したりオブロ内にいなければ、薄いグレーのはずだ。 だが、もちろん通信はできないし、ステータスも表示されない。 フレンドリストパネルをギルトユニオンの絞り込みで意識する。 プン――。 こちらのパネルも、ゆっきーさん、ボタモチさん……あっ! ダブルティムさん、たもつさんもいるじゃんか! どうやらオブロ内にいるようだ。 もちろん場所と状態は分からない。 ボタモチさんのように捕らわれている可能性もある。 「ヒメミ、大丈夫だ、全員オブロで生きていることは確かだ」 「はい、私も確認しています」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第3章
/
Episode 29 29話「全力ハグ」
/
by (JIRAIYA:著)
「マスター、ヒメミちゃんが――!」 決断に迷っていた俺に、マミが叫ぶ。 ヒメミがガーゴイルの右足に盾を掴まれて、三十センチほど持ち上げられていた。 マナがあれば、盾スキルのノックバックで容易に防ぐことができたはずだ……。 「マミ、ミサキにマナポーション! ミサキ、すまないがもう一度一斉射頼む」 「えっ、マスターそれはダメ!」 ヒメミが叫ぶ! 「早くしろマミ、ミサキは俺が守る!」 マミは慌ててミサキにマナポーションを飲ませる。 「リセット、ウォータージェネシス」 ミサキのいる位置にウォータージェネシスをセットし直す。 「撃ちます、マスター!」 「――だめミサキ、マスター!」 「俺を信じろ!」 ビュッ! 既に二メートルほどヒメミを持ち上げていたガーゴイルの背中に、氷結の矢が突き刺さる。 ――グゲェー! ガシャン。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第3章
/
Episode 30 30話「イブに支配される者と屍」
/
by (JIRAIYA:著)
「ふう、危なかったな……」 「マスター……注意してください!」 「ん? なんだヒメミ」 「まだボス部屋をクリアできていないかもしれません」 「えっ!」 確かに入り口も出口も、ドアのロックが解除された音はしていない。 そういえば、階層クリアの情報も全く表示されていない……。 「レベルアップもしていないです」 「まさか、あいつボスじゃなかったのか……」 「わかりません。マミ、何かわかる?」 「うんと……」 ガッガガガー。 全員ビクッとして、音のしたほうを見ると、壁が開き鉄格子のついた部屋が現れた。 「――よいたろうさん!」 「――おお! よいたろうさんだ!」 「えっ!」 たもつさんとダブルティムさんが、その中にいた。 「お二人とも、なんで鉄格子の中にいるんですか?!」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第3章
/
Episode 34 34話「ずっと一緒にいたい」
/
by (JIRAIYA:著)
「ちょっとマミ、バグッテるんじゃないの。自分がAIだって認識すらなくなったの!」 「だって本当だもん。マミ嘘なんて言わないもん」 「えっと、マミ、ごめん。俺、理解できてない」 「マスタぁマミね、ほんとの名前は、ヒカリっていうの、今も病院のベットの上」 「まってまってマミ、あなた、イブをマザーとした第三世代AIでしょ。もしかして人間って設定がされているとか?」 「違う、マミほんとに人間だもん。体が動かないだけで、生きてるもん、人間だもん」 「ヒカリ……」 どこかで聞いたような……名前、どこだ……誰に聞いた……。 俺は記憶の中を探る。 病院、ベッド、体が動かない……はっ! そうだ――ミサ、妹のミサの話に出てきた子じゃないのか?   「お兄ちゃん、見て――」 病室の扉を開けるやいなや、ミサが満面の笑みで言った。 「ん?」 ミサはベッドの上で足をゆっくりバタつかせた。 「えーっ、えええええー!」 「ずごいでしょう、足動くようになったんよ」…
zh_CN