Story

Read More

黎明

 翌日は休みだったので、慎吾は普段よりも遅い時間に起床し、ゆったりと朝食を食べていた。  その時、携帯に通知が入った。ユリからの着信だ。『XANA』内にいなくても保有するパートナーとこうしてやり取りは出来る。 『マスターに来客です。いかがいたしましょうか?』 「名前と用件は?」 『アバター名はnoname、用件は「SAMURAI」での勝負を希望しています』  慎吾はふざけた名前だと思いながらも断る理由はなかった。  こういうことは時折ある。最近は強者として有名なので猶更だ。 「分かった、すぐ行くと伝えてくれ」 『かしこまりました』  慎吾は食事の片付けも後回しにして、メタバース用のチェアに座ってHMDを装着した。 『XANA』を起動すると、瞬く間に暗闇が溢れんばかりの色彩で満たされた。  それは次第に見覚えのある光景を形作っていく。慎吾の保有する部屋だ。  そこにはユリともう一人、別のアバターが立っていた。  人型ではあるが、とても人には見えない。メタリックな姿をしており、目や口も人間を模した物でしかなく、まるでロボットのようだ。 「待たせたな」 「……問題ない」  nonameは重々しく呟いた。雰囲気から察するに男性だろう。 「それじゃ早速勝負と行こうか。エリアはどこでもいいか?」…
Read More

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

「えっと、それじゃこれからすることだが、まずは情報収集したいと思う」 「すみませんマスター、通信の異常については、ずっとマザーⅡ(第二世代AIマザー)に問い合わせているのですが、全く返事が来ません。繋がってはいるようなのですが……」 「ミサキもそうです、マスター」 「うちもそうどす」 「拙者もでござる」 「――マミ、あなたはどうなの?」 「えっ……」 マミはヒメミの声に、俺の右腕でぷるっと震えた。 「おっ、おんなじ……かな」 「なに? 聞こえへんで。あんたいつもマスターに甘えてばっかりで、全然役にたってへんで。最新の第三世代AIなんやろ、少しは……」 マミの瞳に涙が浮かんだように見えた、さすが第三世代AI……泣くこともできるのか……。 ​​ 「まっ、まあ、マミはまだ来て三ヶ月だし、設定も小学生みたいだから(――知らんけど)。許してやってくれ」 「なんかさ、マスターってマミには甘いですよね。さっきは、ミサキにかわ――」 「よしそれじゃー」 なんか更に揉めそうなので、俺はミサキの声を遮った。 「実は、先ほど確認したら、ギルドユニオンのメンバーが何人かインしているようなんだ。通信もマップ表示もでないから、直接行くしかないんだが、とりあえず、ザナリアン初期メンバーなら何か分かるかも知れない……」 「なるほど、そうですね。では、探しに行きましょうマスター」…
Read More

僕とメタバース

「……お疲れ様です」 誰もいない社内の電気を消しながら、僕はそうこぼす。もちろん、誰かが言葉を返してくれることもない。僕は伸びを一つすると、クマのキャラクターのついた古いキーホルダーのついたバックパックを背負い直して社員証をしまう。この世界のほとんどの職業が遠隔操作で仕事をできるようになった現代、出社することも、会社にビルさえも存在しなくなりつつある。とはいえ、全ての会社が最先端になったわけではない。うちのような弱小のブラック企業は社長がアナログ人間なこともあり、なにひとつ変わりのないこれまでの業務を行っていた。おかげで、サービス残業はたんまりとあるし、休みの日に電話もかかってくる。プライバシーなんてあったものじゃない。 朝一番に出社して、一番最後に会社を出る。それが下っ端の僕の役目だ。業務の依頼以外に誰かと話をすることもない。いや、話している時間もないというべきだろうか。寄るのはコンビニエンスストアくらいだけど、今はどの店も無人で経営しているのでそこでも誰かと話をすることはないのだ。 僕はコンビニで適当なサンドイッチを選び、それからジュースの棚をぼんやりと眺めていた。ふと気がつくと、業者が棚に商品を並べている。金髪で背が高くて、いかにも今時の青年だった。僕は急にいたたまれなくなって、適当な商品を選ぶとコソコソと店を出た。 昔から人見知りなところがあって、友達はほとんどというかまったくできなかった。学生時代はそのことで随分と苦労したけれど、それも社会人になってからはましになったと思う。とにかく仕事さえしていれば、多少のことは目を瞑ってもらえた。僕はそもそも人間と深く関わるつもりはなかったし、この世界で誰かを愛したり誰かと友達になることなんてありえないと思っていた。だって、僕のことをわかってくれる人はこの世界のどこにもいないと思う。愛なんてものがあるなら見せて欲しいくらいだった。 そりゃあ僕が先ほどの青年のように背が高く、顔が整っていたのなら話は別なのかもしれない。でも、今の僕はどこにでもよくある、ありふれた、下層の顔の人間でしかない。身長も低くて、ガリガリだ。おまけにコミュニケーション能力もない。僕は僕でしかない、どこにいったって同じ。このぬかるみの中を這い回っているだけなのだ。 「はあ……つかれた」 ぼそりと溢れた言葉をビールと一緒に喉の中に流し込んでしまう。アルコールを少し入れるだけで体の緊張の糸がほどけていくのがわかる。眠い、夕食もまだ住んでいないのに、じんわりと温くなってきた指先を布団の中にいれる。脳がどろどろに溶けて、ぼんやりとした思考で明日の起床時間を考える。クッションの中に埋れていく身体。 「ねえヘヴン、疲れたよ」 《お疲れ様です。好きな音楽をかけましょうか?》 「うん、かけて」 ヘヴンは僕の使っているAIパートナーだ。彼女との付き合いは随分と長い。高校生の頃から僕と関わっているから、僕のことは僕よりも詳しい。それに彼女は絶対に僕を傷つけない、優しいAIだ。 「ねえヘヴン、五時半にセットして」 ヘヴンが何かを喋ったけれど、僕にはもう聞き取ることができなかった。   「——きみ、ねえそこのきみ」 夢だ。意識がそちらに灯った瞬間から、僕にはそこのことがわかっていた。これは夢で、覚めてしまうものだとそういう確信が、なぜだかあった。それにしても、眩しい。目を閉じていても、薄い瞼のむこうに鮮やかな光があるということがわかる。華やかで眩しい何か。僕は恐る恐る瞼を開ける。 「ねえ、きみ」…
Read More

黎明

日浅慎吾《ひあさ しんご》は仕事中だった。  最低限の家具やインテリアを揃えたようなシンプルな部屋。  慎吾の眼前には宙で複数のウインドウが表示されており、手元に浮く半透明のキーボードを用いて、一つの文書を作成していた。  そんな彼の傍で控えているメイド姿の女性が、何らかの作業をしていた様子など見せずに言う。 「マスター、ご依頼の資料の準備が出来ました」 「ありがとう」  慎吾は新たに表示されたウインドウ内の文章に目を通すと、指を動かすことで必要な部分をコピーして作成している文書にペーストしていく。  仕事の進行は順調だ。これなら定時までに終えることが出来るだろう。  慎吾の視界では当たり前のように両手が動いている。無論、それを動かしているのは彼の意思であり、そこには何らの違和感もなく、馴染んでいる。  ──けれど、これは現実世界での光景ではない。  慎吾には今動かしている身体とは別に、確かな身体感覚があった。専用のチェアに深く腰掛けた、彼の本当の身体の感覚が。  仮想世界《メタバース》『XANA《ザナ》』。それこそが慎吾の眼前に広がっている世界の名称だった。 『XANA』は現在主流となっているメタバースであり、今彼が動かしているのは分身《アバター》だ。仕事用なので、頭上には本名が表示されている。  慎吾の現実の身体はヘッドマウントディスプレイ《HMD》を装着しており、それが脳波を読み取る機能を備えているので、念じることでアバターを操作できている。  現代においてメタバース内で仕事をするのは一般的だ。昔は自宅で現実の身体で仕事をすることをテレワークと呼んだが、今はそれよりも進んだ形となっている。  デスクワークと呼ばれるPCを用いる仕事であれば、メタバース内で何の問題もなく行うことが可能で、むしろ物理的な空間に縛られる必要がないのが利点となっていた。  こちらには自分をサポートしてくれる存在も用意することが出来た。  慎吾の傍で控えている女性の姿をしたアバターは、現実の人間が操作しているわけではない。…
Read More

恋とAIと

「あの…ニーナさん…。」  沈黙を切り裂いたのは、レイジだった。いつの間にかうなだれ気味になっていた姿勢をピシッと整え、やや震えた声色で、ニーナに話しかけたのだ。 「はい、なんでしょう?」  ニーナは、ぼんやりと海を眺めていた視線を上げると、隣に座るレイジの方へ体を向け、じっとその目を見つめた。 「えっと…その…メタバース上の恋愛…について、どうお考えですか…?」 「メタバース上の…恋愛…ですか?」 「は、はい。変なことを聞いているのは自分でも分かっているんですが、最近ちょっとその、メタバースの中で出会った人に対して恋愛感情を持つことが、いいのか悪いのか…みたいなことを、悩んでいる…というか悩んでいた?…みたいな感じでして、いや、悪いことはないんですけど!」  しどろもどろになりながら、レイジは何とか自分の頭の中にある思いを整理し、一つずつ伝えようとしていた。ニーナはというと、頬に手を当てて、深く考え込むように口を結んでいる。 「…えっとえっと、最終的に僕は、相手とどこで出会おうと、相手にどんな背景があろうと、好きになったんなら何も難しいことは考える必要はないんじゃないかなって、思ったんです。そして、その人と仲良くなりたいって思うことは、ごくごく自然なことなんじゃないかなって、そういう結論に至ってですね…。」  レイジがなんとか最後まで話し終えると、そのタイミングを伺っていたのか、ニーナが再び視線を上げて、レイジの目をじっと見つめ直した。 「…レイジさん…。」 「は、はい!」 「その…すみません、私、そういうのよく分からないというか…恋愛とかには疎いもので、一生懸命考えてみたんですけど…レイジさんが満足するような考え方は、私の中にはない…かもしれません。」 「そ、そうですか…いや、ホント急にわけの分からないことを言って、申し訳ないです!」 「い、いえいえ、謝らないでください!…私って、本当に薄っぺらくて、面白みがないんです…。」 「…ニーナさん?」  それからニーナは、少しだけ肩を落として、ゆっくりと自分について語り始めた。 「…私ね、誰かと会話をしている時でも、当たり障りのない内容しか返せないんです。気の利いたことも、面白いことも言えない…。だから、一対一で喋るのって、実はあんまり得意じゃなくて…会話をしていても、『ああ、この人も、私と話すより他のことをしたい…って思ってるんだろうな』って、そう感じちゃうんです。」…
Read More

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

「マスター、何ニヤニヤされているんですか? 気持ち悪いです――」 ヒメミの冷たい視線を感じて、俺は物思いから覚めた。 「あっすまん、ちょっと妄想を……」 「で、殿、拙者たちは何をすればよいでござるか……命じていただければなんでも致しますぞ、どんな相手もこの剣で一刀両断に!」 「いや、その、知恵を貸してほしいのだ。俺は今、ちょっと理解しがたい状況に置かれていて、その原因というか……現況が分からないのだ」 俺は、どれだけAIたちが理解してくれるか分からなかったが、自身の置かれている状況を必死になって説明した。 皆黙って聞いてはいるが、メタバースしか知らないAIたちに、ここが仮想空間世界であり、現実世界が別にあって、肉体というものや生物というものがある事を理解させるのは無理ではないかと思えた……。 だいたい、AIに自己というものが存在するのか? AIは自分で考える、思考できる物と言っても所詮は人間が与えた知識や教養を上回るほど、まだ進化してはいないだろうし、この俺の下手な説明を彼女たちがどこまで理解できるか極めて怪しい。 「ようするに、私たちがいる世界と、マスターのいる世界をマスターは自由に行き来出来ていたのに、それが出来なくなったという事ですよね」 やはり最初に理解を示したのはヒメミだ。 「マスターは元の世界に戻れなくなっている原因を知りたいという認識でよろしいでしょうか? また、マスターはこの世界は自分の脳内だけに存在し、現実世界ではないという疑問をお持ちの様ですが」 「――そのとおりだ! 凄いなヒメミ、俺の言いたいことの確信を捉えているぞ、さすが第一秘書だ」 「お褒めいただきましてありがとうございます。ただ私自身はココに存在していて、これが現実であるという認識以外はできません。なので、マスターがマスターの世界に自由に戻れない原因を探るというお手伝いしかできないと思います」 「わかった。たしかにそうだ、それでいい。一緒にその原因を探って欲しい。そうすれば、俺が今ここにこうしている原因が掴めると思う」 「かしこまりました。みなさん、いいですね。マスターのおっしゃったこと、分かりましたか?」 「はいっ、えっとー、質問です」 「なんですかミサキ」…
Read More

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

――コンコン。 再びドアをノックする音があった。 このデジタル空間メタバースで、ドアをノックすること自体、なんか違和感がある。 もっともここが、メタバースなのかも分からないが。 「マスター、カエデやで。なんか、通信できひんさかい、直接来たで。んと、マミっちと、忠臣くんもいんで――」 第三秘書のカエデの声だった。 京都弁の女の子に憧れていた俺。 ただ自分自身は京都弁をしゃべれないので、適当に覚えさせたからか、他の方言とかも混ざっている気もするが。まあ自分が楽しければそれでいいのだ。 そうか、今八時過ぎだ。 この時間に状況報告をするようにAI秘書達に命じてある。 通勤電車の中で、いつもスマホで報告を聞くようにしている。 AI秘書達は二十四時間稼働しているから、昨日の報告というより現時点での報告だ。 「いいぞ、入ってくれ」 ドアが開けられると、「あっ、みんなおったんやー。やっほー」ってカエデが元気よく飛び込んでくる。 「あなたたちも、通信できないのね」 ヒメミは、自分の場所を空けて、三人を向かい入れた。 「いらっしゃいカエデ、元気してた?」 と言って、ミサキはベッドに座っている俺の左横にくっついて座った。…
Read More

恋とAIと

「…やっぱり、メイもそう思う…?」 「その『そう思う』がどんな意味なのかにもよりますが、文字通り、サポートAIみたいに適切なサポートをする方だな、とは思います。」 「そっか…そうだよね…。」  レイジは、何かを考え込むように俯き、また深いため息をついた。 「その後も何回か、数人での集まりの時に話したことがあるんだけどさ、何ていうか彼女…当たり障りのないことしか言わない…っていうか、自分のことも全然話さないから、なんか…人間味が薄い…って感じることもあって…。もしかしたら、本当にAIなんじゃないかなって…。」 「…まさか、それが悩みのタネ、ですか?自分が惚れた相手が、AIだったらどうしよう…って。」 「…うん。ほら、僕たち人間のアバターと、メイみたいなサポートAIのデザインって、少し違うでしょ?」 「ええ、私たちは、日本のアニメから着想を得たデザインで描かれているので。」 「だけどさ、人間と同じアバターをしたAIも一定数いる…って話を聞いたことがあるんだ。僕たち初心者が、自然にメタバース上に溶け込めるように、街に溶け込んで生活してる…って。」 「確かに、公式に発表されているわけではありませんが、その類の噂は比較的有名のようですね。」 「それを聞いて、余計にニーナさんはAIなんじゃないかって思えてきちゃって…メタバース上で出会った相手を好きになる…ってのも初めての経験だし、それに加えて相手がAIだったら…って、色々考えこんじゃってたんだ…。」 「そうですか…そんな悩みをAIに相談してる時点でちょっとデリカシーに欠けるところがありますので、気をつけましょうね。」 「ああ、それはごめん!」 「それはそうと、相手がAIかどうかなんて、一発で分かるじゃないですか。『やぁニーナ。君ってAI?』って直接聞けばいいんですよ。」 「そんなこと聞けるわけないだろ!違ったら物凄く失礼な感じになるじゃん!」 「そうですか?変に気を使いながらこっそり詮索する方が、何倍も失礼な気がしますが…。人間の思考は、未だに理解しきれない部分がありますね。」 「そんなこと言われても、直接聞くなんてできないよ…。」 「…仮にニーナさんがアバターの外見をしたAIだとして、そもそも、AIを好きになることの何が問題なんですか?」…
Read More

矩阵黎明

一个雨夜,下班回家的于清撑着黑伞走出办公大楼,满脸的惆怅,脑海里想起老板那句:现在全球金融危机,我们企业现在也不好过,虽然你在我们企业做了十年,但经过上层决定,还是决定将你裁员,收拾收拾东西,再重新就业吧,你这样资深的程序员,还是很好找工作的。   于清还在发呆,被路过的人撞了一下,那人头也不回的走了:“不好意思,不好意思。“   由于是黑夜,没有看清人的相貌,于清只是拍了拍身上被那人蹭的雨水,低声一句:“没事。“   于清回到家,将包扔在沙发上,包里掉出一个VR,于清疑惑的拿起一看,VR上面刻着AO,于清拿起研究一番,很快,他就明白如何操作。 于清戴起VR开始玩,他被赋予了一个新的身份——AO组织的K,于清看着面前的世界,充满着科幻,人与自然和谐共处,只要坐上方舟,大家可以去到任何地方,但需要拥有足够的虚拟货币。 这时一个显示AO组织的N走上前和于清打招呼:“哈喽,K,好久都没见你来了,你在干嘛?” 于清尴尬一笑:“最近比较忙。” N点头没再说什么,离开了,于清再看其他人,发现只有同组织的人才能看到对方的身份牌。 于清继续在里面探索,发现自己的VR像是被格式化过,只有背包里有一封信:帮帮这个世界,帮帮我。 于清觉得这话有些奇怪,没有在意,继续在四周打探,想要多了解这个缤纷的世界,但发现自己的等级还不够高,只能到达F区和E区,F区没有任何规则可言,任何人都可以进到里面,在里面的人,可以凭借自己的才华,赚取相应的费用,但由于没有规则,里面有各种地头蛇,不断有战乱,想要统治F区,但很显然没有一个成功的,可能因为缺少制定规则的人。 E区和F区完全不同,但E区也毫无规则,但在E区的人都有着足够的虚拟货币,大家在这里实现着自己的理想,有生物学家,哲学人士,还有伟大的艺术家,在这里随处可见的无价之宝,但进到E区需要邀请函,这也是于清疑惑的地方,他居然可以随意进出E区。 于清走了好久,突然一个出现两个人出现,绑架了于清。 等于清醒来,已经到了一个大仓库,自己也被吊在天花板上,于清睁开眼睛,看向地面,一个年老的老者,旁边一只异兽旋龟,这是《山海经》里记载的生物,于清盯着异兽旋龟,异兽旋龟可能感受到于清炙热的目光,不耐烦的抬头嘶吼,声音如同劈开的木头。 老人手拄拐杖坐在椅子上,像是在等于清清醒,一脸和善友好的表情,让挂在天花板的于清有些诧异:“嘿,老头,能不能放我下来再说?” 老人笑了笑:“你觉得我和我旁边的朋友有能力把你从五米高的天花板上救下来吗?”…
Read More

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

「あのマスター、違うといえば、確かにそうなのです。十時間ほど前から、今までにないことが起きているのは確かです」 「――今までないこと、それはなんだ?」 「はい、マスターへの通信ができなくなっています」 そうか、それでヒメミはここまで歩いて報告に……。 コントロールパネル自体ないから、通信メニューを開きたくても出て……。 ――プン。 えっ、なんだ、いきなり通話メニューが右上の視界にポップアップしたぞ。 右手をそのメニューに伸ばし、AI秘書パネルを開こうとする…… ――プン。 まただ、パネルが開いた。 これもしかして、考えたことが…実行されてる? 一体どういうことだ……まさか俺の思考をよみとってるのか? いや、そもそも今俺VRゴーグルつけてないよな……いや、もしかして――! そこであることを思い出した。 そうだ、一週間ほど前の事だ。 XANAメタバースがスタートして一年後、秘書たちのAIマザーが第二世代と進化して、AI達が疑似感情を持つようになり、よりリアルな態度をとるようになった。 そして更に三年目が過ぎようとするころ、巨大なゲームファイ企業がXANAに参入することになった。 そして一週間ほど前、最新の専用AVゴーグルの試用版というものが送られてきた。…
Read More

恋とAIと

心地のいい日差しに照らされた、新緑の草原。一本の大きな木が作りだす木陰には、爽やかな風が吹いている。 「はぁ…。」  木に寄り掛かり、さわさわと揺れる木漏れ日に包まれながら、その男は、この場所に似つかわしくない、重たいため息をついていた。 「…何か悩みでも?考え過ぎによる慢性的なストレス負荷は、心身の不調に直結しますよ、レイジ。」 「ああ…そう言うのじゃないから…大丈夫だよ、メイ。心配してくれてありがとう。」  レイジ、と呼ばれた男は、そう言葉を返しながらも、すぐにまた深いため息をつく。それを見たメイ、と言う名の女は、何やら頭の中で思考をまとめるように、間をおいてから口を開いた。 「…そういうの、巷では『察してちゃん』って言うらしいですよ。人に嫌われる性格の代表格です。」  豊かな自然の中で、男女が言葉を交わす。一方が悩んでいるようで、もう一方は心配しているようだ。地球上のどんな国や地域でも見られる、いわばごく普通の光景だが、このやり取りは、地球上ではないある場所で行われていた。 そう、ここは仮想現実が作り出した世界、メタバースの中だ。 「えぇ!?いや、別に何かを察して欲しいとかじゃないから!っていうか、そんな言葉まで知ってるの?」 「もちろんです。古語から新語·流行語まで、現実社会のありとあらゆる言葉は、全て学習していますから。」 「そ、そうなんだ…それじゃあ、僕とのこの会話も、その学習によって成立してるってことだよね?」 「はい。多種多様な人間による様々な性格や思考、会話や非言語コミュニケーションのパターンから算出して、最も適した言葉を選択しています。当メタバースのチュートリアルで、ご説明申し上げたはずですが?」 「あ、なんか面倒だったから、あまり聞いてなかったんだよね…アハハ…。」 「まったく…レイジは本当にものぐさでぐうたらな怠け者ですね。」 「いや、そこまで酷くないでしょ!それに、その毒舌は言葉のチョイス間違ってない!?」 「いえ、レイジのような、ちょっとイジメられたい願望を持つ男性には、このくらいキツい言いまわしにした方がいいと、私の中のAIが。」 「ち、違うから!大体、どうして僕がそんな願望持ってるなんて分かるんだよ!」…
zh_CN