Categorys。 目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

13职位

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第2章 13話「ペットとボート」 (JIRAIYA:著)
新しく設立された地下迷宮オブロは、ビーチからすぐ見える無人島に設置されている。 この島自体が新しく作られたワールドだ。 必要な装備を購入するため海岸通りのショップに立ち寄った。 ヤキスギさんにいただいたJXBカードでパッションソルトさんのオムライス、リアムンさんのアバター、ヤキスギさんのおやきを購入した。 AI秘書たちの武器防具は、既にアイテムを用意してあるが、念のため確認しておくことにした。 アイテムバッグを意識するだけでパネルが表示される。 とてもリアルで持ち運べる量ではないが、それがメタバースのいいところだ。 アイテムの中に点滅しているものが二つある。 あっ――! そうだ、ペットのリビールだ。 リビールとは、購入した時点では中身が開示されないNFTが公開されることだ。 クリックを意識すると、ポン、ポンと飛び出してきた。 一匹目はかなりでかい犬だ。 「あっ、マスター、そのセントバーナード、騎乗スキルあります!」 ヒメミがいち早くステータスを読み取ったようだ。 少し遅れて俺も『ステータス』を意識してポップアップされたデータを確認した。 大型犬、セントバーナードタイプ。 救助スキルを持つ、戦闘時は使用できない。 スキル使用後、全ステータスを全回復する。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第2章 12話「有志とパッション」 (JIRAIYA:著)
「ぺんちょたん、なんで頭ついてんの?」 「はっ? リアムンちゃん、頭なかったら生きてないぺん――!」 「だってさぁ、XANAに頭おいてきたんだよねー」 「だから――」 そんないつもの会話から始まったのは、ギルドユニオンのオンライン・ゼーム会議だ。 右サイドに参加メンバーが表示されている。 サブギルマスのパッションソルトさん。 運営とのパイプを持つぺんちょさん。 デザイン部のリアムンさん。 制作部のリヨウさん。 警備部のオーブンさん。 宴会部のまこちゃんさん、ユウホさん。 初心者案内部のルドさん、ハマヤンさん。 クリプト部のビットンさん、ベンガさん。 など、その他二十人ほどのギルメンたち。 そしてクイーンギルトのウミユキさんが参加していた。 リアルタイムで通信ができないので、俺はあとからこの会議の様子を録音で聞いた。 だから誰の発言か分からないところもある。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第1章 11話「帰る場所」 (JIRAIYA:著)
ヤキスギさんが用意してくれたのは、背中合わせに背負えるおんぶ紐だった。 紐というより、リュックのようなイメージだ。 両手が自由に使えるのはありがたい。 ヤキスギさんとリブさんは、「そこまで送りますよ」と玄関まで見送りに来てくれた。 ギルドハウスを出るとき、あっ、これまずい――! と気づいたのだが、もう遅かった。 即座に三人のAI娘たちの鋭い視線が飛んできた。 いや視線だけではなかった。 ミサキとカエデが、ほぼ同時にすっ飛んできて、あっという間に取り囲まれた。 俺にとっては、飛んでこないヒメミの方が怖いけど……。 「ちょっと、マミちゃんどういうこと!」 「なんでマミだけ、そないなことしてもろうてんねん」 「いや、ちょっと待て……」 そこへ、ヒメミが急に二人を押しのけてきた。 そして俺に背負われているマミの右足に触れる。 そうか、察してくれたのか……。 「――どうしたのこれ!」 その言葉にミサキとカエデも、マミの右足の膝から下が欠損していることに気づく。 「やだ――なに!? その足――」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第1章 10話「イブと地下迷宮」 (JIRAIYA:著)
「おおー、よいたろうさん、無事でしたか―」 ギルドの会議室に入ると、三人の仲間が迎えてくれた。 そこに居たのは、椅子に腰掛けたギルマスのジショさんと、XANAメタバースでフリースクールを運営しているチックタックさん。 そして、AIの胸元に頭だけ抱えられている、ぺんちょさんだった。 俺は頭だけのぺんちょさんに最初ぎくりとしたが、突っ込みは忘れない。 「ぺんちょさん、なんか幸せそうですね」 巨乳AI彼女に抱えられていたのだ。 「んなわけあるかい――ぺん」 そこで全員大笑いする。 「――ネタですよねそれ?」 「ヤメテ―!」 「あはは、ぺんちょさんは、ちょうどログアウト中にロックされたみたいで、頭だけ残ったんだ」 ギルマスのジショさんが続ける。 「でもそのおかげで、ぺんちょさんだけが、リアルに存在しながら、XANAの僕らとも繋がっていられるんだ」 「おおーそうなんですね、じゃあ、やはり俺たちXANAの中に閉じ込められているってことなんですね!」 「うん、思考というか、意識だけXANAにロックされてリアルに戻れない状態だと思う」 「よかったー、俺、死んで転生したのかと思いましたよ」 「よいたろうさん、ラノベの読みすぎ――」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第1章 9話「おじさんと援軍」 (JIRAIYA:著)
声のする方を見た。 俺の手、といってもアバターの手だが、そこに縫い付けられているおじさんと目が合った。 リアムアバターは、XANAメタバース内では知る人ぞ知る大人気アバターだ。 本体は可愛い女の子のアバターだが、引きずるシリーズというのがあり、右手に何かを掴んでいる。 俺が今、身に着けているアバターは、こんな設定がされている――。 『元ОLのマキ。飲み会で酒が入ると、新人のОLたちに、すぐに説教を始める。セクハラするキモ親父たちを狩り、その見せしめとして、おじさんをいつも一体引きずり回している』 いつもは、移動の時に「超ー邪魔くさいなあ」と思っていたのだが、そのおじさんが救ってくれた。 いや、たまたまなのだが。 「おじさん、喋れたのか――」 おじさんは、身動きせず知らんぷりをする。 「おいおい、今確実に目が合ったよね――」 「――デュエル!」 「――デュエル!」 突然、ペンギンたちの後方で、その声は聞こえた。 そこからおじさんの存在は忘れてしまった。 ウルトラマンのデュエルカードとアトムのデュエルカードがペンギンたちの後方に出現する。 助けに来てくれたのだ! ペンギンたちの列が削られていくと、その正体が分かった。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第1章 8話「恐怖のペンペン来襲!」 (JIRAIYA:著)
マミがいつになく大声で叫んだ。 俺は足を路面につけて、ブレーキをかける。 急には止まれない。 「早く止まって――!」 「待て、慌てるな、今止まるから、どうしたんだ?」 「なにかが来る……」 マミが言い終わらないうちに、俺にもなにかが来るのが見えた。 なにか、集団が十一時の方向から大量にやって来る。 「何だあれ?」 「マスター、あれ危険! 怖い物来る」 「逃げた方がいいのか……」 「ダメ、もう間に合わない――!」 言い終わらないうちに、マミは俺の背中から飛び降り、俺の前方に出た。 「マミ?」 「マスター下がって、マミが守る」 「えっ……」 さっきまで、か弱そうだったマミなのに? 俺の三分の二もない体格で、俺の前で勇ましく構える。…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第1章 7話「牡丹餅とオンブ」 (JIRAIYA:著)
お気に入りのスケボーに乗って、パッションソルトのオムライス店に着いた。 店員AIのミルちゃんに、スペシャルオムライスを注文する。 スペシャルは、通常のオム(ライス)よりも五割増しの価格だが、スタミナアップだけでなく、スケボーのスピードアップにもなるのでお得だ。 「ミルちゃん、今日は店長、いや、オーナーのソルトさんと会った?」 「いえ、会っていませんよ」 顔馴染みなので、ミルちゃんは愛想よく答える。 「というかですね、オーナーとなぜか通信できなくて、困っているんですよ」 「あっ、やっぱり、そうなんだ!」 「よいたろうさんもですか?」 「そうなんだよ、秘書たちと通信できなくてさ、そしたら彼女たち、直接俺のところまで来たよ」 「そうなんですね、私、店番があるからオーナー探しに行けなくて困っているんですよ」 「そうだよねー」 「と言ってもですね、今日のお客様、よいたろうさんだけなんですけれど」 確かに、ワンブロックだけだがAI以外のアバターには、まだ出くわしていない。 「イッタイゼンタイ、どうなっちゃってるんでしょうか……」 「うん、バグでも起きているのかもしれないね」 もっと深刻なことになっていそうだが、ここでこの娘を不安にさせることもないだろう……って、AIが不安になるのかな? 「もし、うちのオーナーをみつけたら、心配だから、会いに来てほしいと伝えてくれませんか?」…

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

目覚めてみたら、XANAマスターになっていた件

第1章 6話「スケボーとパッション」 (JIRAIYA:著)
「えっと、それじゃこれからすることだが、まずは情報収集したいと思う」 「すみませんマスター、通信の異常については、ずっとマザーⅡ(第二世代AIマザー)に問い合わせているのですが、全く返事が来ません。繋がってはいるようなのですが……」 「ミサキもそうです、マスター」 「うちもそうどす」 「拙者もでござる」 「――マミ、あなたはどうなの?」 「えっ……」 マミはヒメミの声に、俺の右腕でぷるっと震えた。 「おっ、おんなじ……かな」 「なに? 聞こえへんで。あんたいつもマスターに甘えてばっかりで、全然役にたってへんで。最新の第三世代AIなんやろ、少しは……」 マミの瞳に涙が浮かんだように見えた、さすが第三世代AI……泣くこともできるのか……。 ​​ 「まっ、まあ、マミはまだ来て三ヶ月だし、設定も小学生みたいだから(――知らんけど)。許してやってくれ」 「なんかさ、マスターってマミには甘いですよね。さっきは、ミサキにかわ――」 「よしそれじゃー」 なんか更に揉めそうなので、俺はミサキの声を遮った。 「実は、先ほど確認したら、ギルドユニオンのメンバーが何人かインしているようなんだ。通信もマップ表示もでないから、直接行くしかないんだが、とりあえず、ザナリアン初期メンバーなら何か分かるかも知れない……」 「なるほど、そうですね。では、探しに行きましょうマスター」…
zh_HK