Back

Chapters。 Chapter 1

46职位

クリエイターズメタバース

クリエイターズメタバース

Chapter 1
/
Episode 1 1話「理想を求める若きファッションデザイナー・ラビ」
/
by (天神七伎:著)
 【理想郷】という意味がある【XANA】、その名を付けられたメタバースの世界の中にファッションショップ街がある。  そこではアバターと呼ばれるユーザーの分身の衣装や小物など、身に着けるアイテムが販売されていた。  アバター本体は無料で制作できるが、着せ替えアイテムは有料で販売されているショップから買うユーザーが多い。  ファッションショップ街では様々なデザイナー達が、オリジナルの商品を販売している。  その中で、広場に面したアニマルデザインの店には、数多くのアバターが訪れていた。  店内ではウサギ耳にメイド服を着た愛らしい女の子が、せわしなく働いている。 『ありがとうございました! またいらしてくださいね♪』 『ラビさん、ありがとう♪ また来るね!』  購入した猫耳パーカーに着替え終えた女の子のアバターが、喜びの表情を浮かべながら店を出て行く。  店内で販売されているのは、アニマルをテーマにした着せ替えアイテムばかり。  可愛らしいものからセクシーなものまで、若い女性アバターをターゲットにした着せ替えアイテムは大好評で、デザイナー兼店長のラビこと月兎(つきと)弥生(やよい)は現実世界でも笑顔が絶えないほど営業は順調だ。 (専門学校ではわたしのデザインは奇抜過ぎるって言われてたけど、こういう世界なら大ウケすることが分かって良かったぁ。売上と評判が良ければ、XANAの着せ替えアイテム専属デザイナーに雇ってくれるって話だし、頑張らないと!)      元々動物が好きだった弥生は、身に着ける服や小物でも動物をテーマにしたものが多かった。  しかし万人受けするものではないことから、専門学校での評判はあまり良くない。  卒業の時期が迫る中、悩んでいる弥生に進路相談をしていた先生が、メタバースのことを知っているかと尋ねてきた。  友達から話には聞いていたものの実際にはやったことが無かった弥生だったが、その後の先生の話で一転する。…

クリエイターズメタバース

クリエイターズメタバース

Chapter 1
/
Episode 2 2話「理想を具現化したクリエイターズ・カラヴァッジョ」
/
by (天神七伎:著)
(う~ん……。イベント広場っていろんな催し物や公演が多いから、話に聞いたのがどれなんだか……ん?) 『いらっしゃい! いらっしゃい! 幻想的な空間を体感したいのならば、我らカラヴァッジョの作品をご覧あれ! 今なら無料だよ♪』  まるでサーカス団のような建物の前に、これまた3頭身のピエロが軽く踊りながら宣伝をしている。  アバター達が続々建物に入って行く姿を見て、人気があることが分かった。 (お客様が言っていたグループだ。今後のデザインに何か良いヒントを得られるかもしれないわね)  無言で頷いたラビは、他のアバター達と同じく建物に足を踏み入れる。   中は真っ暗になっているものの、すぐにパアッと虹色の光が会場を包み込む。  音楽が鳴りはじまり、リズムに合わせて様々なデザインの3Dイラストの映像が現れては消えていく。 (コレは……スゴイっ!)  立っているだけなのに、映像が音楽と共に流れていくせいか、意識がこの世界に入り込んでいくのだ。  華やかな季節の花々に包まれたかと思いきや、次の瞬間には爽快感がある夏の青空の中を飛んでいる空間になる。 (3Dイラストを映像化して360度に広げれば、確かに幻想的な空間になるっ……! それに音楽に合わせることで、視覚と共に聴覚までも引き込まれる技がスゴイとし言い様がないわね。この発想と展開、普通の人じゃ思い付きもしないかも……。カラヴァッジョって一体、何者なの?)  音楽によって脳がリズムに揺られるたびに、刺激が常に与えられる。  激しいロックからアニソンみたいな曲まで、短く編集されているが繋げ方に違和感が無い。  そして時には歌声も含み、こういった世界に自分の全てが浸っている感覚になるのだ。  あっと言う間に時間は過ぎて、終わりになる。  建物から出たラビは、改めて先程の光景を思い返す。 (時間は5分程度だったけど、十分に満足できる体験だった……。ちょっと話を聞いてみたいな)…

綻びの先の光

綻びの先の光

Chapter 1
/
Episode 1 「理想郷」
/
by (根本鈴子:著)
 僕達の住んでいる世界は、平和で、争いらしい争いのない楽しい世界だ。  それが当たり前とされたのは、どうやら僕の生まれる前らしくて。  人々はその世界のことを、XANAメタバース……、理想郷と呼んでいる。    朝起きたら、自分の好きな姿になって、好きなものを食べて、好きに勉強する。  そんな当たり前なことを、幸せと言っている人達の意味が、僕には理解出来なかった。  だって、生まれた時からその幸せの中にいたから、当然のことだったんだ。  でもそれは、第二世代だから、らしい。  第一世代からすると、この世界に来るまで、ネガティブな世界で大変な思いをしたらしい。  地球という世界が、終わりに向かって行くというのを、肌で感じていたのだと第一世代の人達は皆よく口にする。  苦しみから解き放たれるために、理想郷たるXANAメタバースが作られ、またそのポジティブな世界というものに行くためのシミュレーションをされていたのだとか。  今、世界としてはネガティブな世界とXANAメタバースの世界とは分断されているそうだ……。  でもそれを確かめるには、僕には勇気がなかった。  今ある幸せを、何故わざわざ不幸に向かうようにしなければならないのか。  中には、不幸を知ることで幸せを噛みしめるという意味の分からない人もいるけれど……。僕は、そうはなりたくなかったな。    だけど何でだろう。僕は世界を知らなければいけないようになっていた。  そう、世界が決めていたんだ。…

綻びの先の光

綻びの先の光

Chapter 1
/
Episode 2 「綻び」
/
by (根本鈴子:著)
「春花、身体は大丈夫か……? また、メタバース?」  僕はそう言って春花の白くて細い身体を見た。  春花は昔のVR関係のゲームをする時に使うヘッドセットを使って必死に機械を通したその先の世界を楽しんでいた。 「だって、啓。このメタバースなら、この間違いだらけの世界を放って、夢を見ていられるよ? あなたと一緒に、世界を歩いていける」 「でもそれは……」 「この世界に、残らせちゃったの、ごめんね……。私の体がネガティブに捉えられて、行けなくなっちゃって、それに付き合ってくれてるんだもん……。本当なら、あなたはアセンション後の平行世界の住人なのに」 「大丈夫。アセンション後の世界はその世界で独自に住人が作られて、同じように生活していくから」  これはその頃よく言われていたものだった。  何かにつけてすぐアセンション。それが訪れることは確定していたのだから。    ふと、目の奥に映像が見えた。  メタバース内の僕、そしてメタバース内のハルカの姿。  こっちの世界の春花……。  そして理解した。  こっちの春花から、ハルカを取り戻し、アセンション後の世界に連れ戻さなければならないと、アセンション後の世界のハルカが消えてしまうということを。 しかし同時に、僕は僕として、アセンション前の世界とアセンション後の世界の僕の存在が混じり合っていったのだ。  僕は春花とハルカを助け、そしてその全てが終わったら僕自身もそれぞれの世界に戻らなければならない。  だが、どうしたらいいのだろう。…

綻びの先の光

綻びの先の光

Chapter 1
/
Episode 3 「帰還」
/
by (根本鈴子:著)
 僕達が目を覚ますと、いつものXANAメタバースの世界だった。  美しい花々、水面、空……。 「おはようございます。ケイさん。ハルカ様」  僕のAIがそう言って僕達を起こす。  そしてハルカのAIも僕のAIの隣に立っていた。 「おはようございます。ハルカさん。ケイ様」  ここは……タウンか。そう言えば大規模な更新があったような気がしたな。  あとでハルカと回って見てみよう。 「ハルカ、ハルカ……」  僕はハルカを起こす。ハルカはいつものアバターの姿で、とても安心した……。  でも、ハルカは目を覚まさない。  AIに僕は尋ねる。 「ハルカはどうしたの?」  そうすると、AIはにこりと微笑んでこう言うんだ。 「少々、データが壊れているのかもしれません。修理に出しますか?」  壊れたら直せばいい。  それが、この世界での常識……。  AIも似たようなもので、アップデートの度に修理に出してうっかり新型に変わって……ということを期待する人もいる。でもそれはまずありえないため、噂にすらならなかった。…

綻びの先の光

綻びの先の光

Chapter 1
/
Episode 4 「訪れる日々」
/
by (根本鈴子:著)
「ケイ、この後どこに行こう。第二世代のアバターに新しいアイテムが出たみたいなんだけれど……」  ハルカがそう言うものだから、僕は頷いてこう言う。 「ハルカが行きたいところに行こうか」  大好きな人が行きたいと言うのだから、アセンション前のネガティブな世界はお断りだけれど、そういう世界ではないのであれば大体付き合うよ。  だって僕達、付き合っているからね。  AIでさえも認めざるを得ないくらい、僕達は素晴らしい恋人関係なんだものね。    結局その日は、いろいろなところを回っていたものの、ピンとくるところがなかったのか、ぐるぐると似たようなところを回っていた。  でも、それでも収穫があった。ハルカの好みというものに触れることが出来たのだ。  やはり好みに合ったところでなければ行きたいなどとは思わないだろうから、似たようなところに行くのはハルカの好みを知ることに繋がったのだ。 「ハルカ、素敵な趣味をしているね」 「……もう少し、私の趣味は違うんだけれどもなぁ。細かいところが違う」  少しばかり、文句もあったけれど、それでも嬉しい日だった。  ハルカは壊れていなかったし、またたくさん、一緒の時間を過ごせるのだから。    そしてその日以降、世界の綻びなどという噂は一切聞かなくなった。  世界はどうやら完全なものになったようだ。  …

矩阵黎明

矩阵黎明

Chapter 1
/
Episode 1 一話「被赋予使命」
/
by XANA China
 一个雨夜,下班回家的于清撑着黑伞走出办公大楼,满脸的惆怅,脑海里想起老板那句:现在全球金融危机,我们企业现在也不好过,虽然你在我们企业做了十年,但经过上层决定,还是决定将你裁员,收拾收拾东西,再重新就业吧,你这样资深的程序员,还是很好找工作的。   于清还在发呆,被路过的人撞了一下,那人头也不回的走了:“不好意思,不好意思。“   由于是黑夜,没有看清人的相貌,于清只是拍了拍身上被那人蹭的雨水,低声一句:“没事。“   于清回到家,将包扔在沙发上,包里掉出一个VR,于清疑惑的拿起一看,VR上面刻着XANA,于清拿起研究一番,很快,他就明白如何操作。 于清戴起VR开始玩,他被赋予了一个新的身份——XANA组织的构建师,于清看着面前的世界,充满着科幻,人与自然和谐共处,只要坐上方舟,大家可以去到任何地方,但需要拥有足够的虚拟货币。 这时一个显示XANA组织的N走上前和于清打招呼:“哈喽,构建师,好久都没见你来了,你在干嘛?” 于清尴尬一笑:“最近比较忙。” N点头没再说什么,离开了,于清再看其他人,发现只有同组织的人才能看到对方的身份牌。 于清继续在里面探索,发现自己的VR像是被格式化过,只有背包里有一封信:帮帮这个世界,帮帮我。 于清觉得这话有些奇怪,没有在意,继续在四周打探,想要多了解这个缤纷的世界,但发现自己的等级还不够高,只能到达F区和E区,F区没有任何规则可言,任何人都可以进到里面,在里面的人,可以凭借自己的才华,赚取相应的费用,但由于没有规则,里面有各种地头蛇,不断有战乱,想要统治F区,但很显然没有一个成功的,可能因为缺少制定规则的人。 E区和F区完全不同,但E区也毫无规则,但在E区的人都有着足够的虚拟货币,大家在这里实现着自己的理想,有生物学家,哲学人士,还有伟大的艺术家,在这里随处可见的无价之宝,但进到E区需要邀请函,这也是于清疑惑的地方,他居然可以随意进出E区。 于清走了好久,突然一个出现两个人出现,绑架了于清。 等于清醒来,已经到了一个大仓库,自己也被吊在天花板上,于清睁开眼睛,看向地面,一个年老的老者,旁边一只异兽旋龟,这是《山海经》里记载的生物,于清盯着异兽旋龟,异兽旋龟可能感受到于清炙热的目光,不耐烦的抬头嘶吼,声音如同劈开的木头。 老人手拄拐杖坐在椅子上,像是在等于清清醒,一脸和善友好的表情,让挂在天花板的于清有些诧异:“嘿,老头,能不能放我下来再说?” 老人笑了笑:“你觉得我和我旁边的朋友有能力把你从五米高的天花板上救下来吗?” 于清思索一下,好像是,两个都是陆地生物,不会飞。…
zh_HK