XANA-Universal-header

鍵機能を使ってみよう

  • URLをコピーしました!

DoorKey機能を使ってオブジェクトに鍵をかけてみよう。

Table of contents

鍵機能とは?

「鍵のかかったドアを入手したキーを使い開ける」という機能を設定することができます。

鍵を入手すると頭の上に「鍵マーク」と現在入手している鍵の数が表示されます。

ドアに対応した鍵を入手した場合

入手した鍵に対応したドアに近づくと、鍵が開けられオブジェクトの表示が消えます。

 

鍵のかかったドアと違う鍵を入手した場合

入手した鍵と対応していないドアに近づくと、保有している鍵に✖️が表示されます。

 

DoorKeyの設定方法

Keyの設定方法

  1. オブジェクトを選択し、赤丸の場所をクリックします。するとコンポーネント一覧が表示されます。

 

2. 「DoorKey」をクリックします。

3. 「Key」を選択します。

4. 鍵とドアの対応するペアを認識するための値を「Key Value」に入力します。

5. 「Key Value」を追加するために「+」をクリックします。

6. 「Key Value」のプルダウンの中に先ほど入力したKey Valueが追加されます。

7. 先ほど追加したKey Valueの値を選択します。

8. Key側の設定は以上です。

 

Doorの設定方法

  1. オブジェクトを選択し、赤丸の場所をクリックします。するとコンポーネント一覧が表示されます。

 

2. 「Door Key」をクリックします。

3. 「Door」を選択します。

4. ペアになるKeyのKey Valueの値をプルダウン内より選択します。

5. Door側の設定は以上です。

Please share if you like!
  • URLをコピーしました!
Table of contents
XANA-Footer